淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

名古屋で2番目に美味しいレバニラ?

 ここ1か月ほど、ストレスのせいか朝と昼は食欲がない。よって、昼は麺類だけで済ませることがほとんどだ。

 

 最近新たに処方してもらった睡眠薬のお蔭か、時々目が覚めるのだがそれでも、服用前よりは睡眠時間が長くとれるようになった。

 お蔭で朝と昼の食欲も多少回復してきたので、久しぶりにお昼に定食を食べることにした。

 

 メニューはある店のレバニラ炒め定食。注文すると石焼鍋の中にある程度火を通した厚切りのレバーと生野菜が入っており、客が自分で別のツボに入った味付けようのタレをかけ、テーブルに置いてある使い放題の生卵を割って混ぜて自分で仕上げるのだ。

 

 店の人気メニューであることを強調していたわりには、最初に食べたときはそれほどでもないと思ったのだが、再び同店に足を運んだ時に卵を2個にすると味がまろやかになり、さらに卵が少しレアなやわらかい状態に仕上がるのではないかとひらめいた。

 実際、そのような仕上げをして食べると、初めて食べたときとは全く別物の味だった。

 

 お昼のランチには他にいくつかのメニューがあり、店としては日替わりも毎回案内するので、そちらにも力を入れているのだろうが、マスヲが同店を訪ねるときはほぼレバニラだ。

 

 最近のマスヲのランチはほとんどひとり。カウンターの席に促されるといつものようにレバニラの定食を注文していると、そのすぐ後に女性の客が左隣に座り、その女性もレバニラをオーダーした。

 マスヲはいつもの手順でレバニラを仕上げたので食べ始めようとした。

f:id:mobemobe617:20170512214853j:plain

[アツアツの石鍋に厚切りの微妙に火が入ったレバーと生野菜が入っている]

f:id:mobemobe617:20170512220456j:image

[生卵をふたつ割っていれる]

f:id:mobemobe617:20170512214855j:plain

[タレをかける]
f:id:mobemobe617:20170512215702j:image

[よくかき混ぜればできあがり!]

 すると 隣の女性にもレバニラが運ばれてきた。

 どのような手順で仕上げるのか見ていると、石鍋にいきなりタレをかけた。そこまでは関心して見ていた。最初にタレをかければ、レバーにも野菜にも味がしっかり入り、なおかつ石鍋の温度が下がるために卵もひとつしか使わなくてもいい具合にレアになるはずだと。

 

 すると女性は卵を割るとご飯に乗せて、卵かけご飯にした。マスヲはあっけにとられてしまった。

 大げさに言うと、同じメニューの食べ方が人それぞれ違うのも文化なのだろう。