淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを書きたいと思っています。

金曜日の夜に飲みに行く?

 マスヲは金曜日の夜はよほどな理由か特別なメンバーでないかぎり、飲みには出かけない。
 最近、連続で仕事がらみで別の方2人に誘わたのだが、ひとりは久しぶりに集まるメンバーだったのだが、丁重にお断りし、もうひとりは違う曜日に変えてもらった。

 金曜日の夜に飲みたくない理由はたくさんあるので全ては列挙しないがいくつかを以下にあげてみる。

  1. 週末を大事にしたいので金曜日は早く帰りたいこと
  2. 明日が休みだと思って深酒をするメンバーがいること
  3. 居酒屋難民になりやすく、店に入れたとしてもサービスの質が悪いこと

 理由を書きだすときりが無いのでこれくらいにしておくが、それでも、年に何回かは金曜日の夜や祝日の前に仕事関係の人間と飲みにいくこともある。
 今年のまだ寒い時期のある金曜日の夜だったが、明日が休みだということもあってその日も終宴が遅くなり、終電の1本前の電車になってしまった。

 マスヲの駅までは終電の終着駅なのだが、路線の終着駅までいく電車は1本前の電車だ。
 そのために1本前の電車の方が混雑することが多いのだが、偶然席が空いていたので座った。
 右隣は自分よりは少し若い男性のサラリーマンで青白い顔をして居眠りしていた。

 電車がいくつかの駅を過ぎていき、大きなターミナル駅に到着するとその駅からも多くの客が乗り込んできて、さらに車内は混雑してきた。
 そしてしばらくすると、マスヲの右隣の人間が目を覚ました。というより、目を白黒させて口に手を当てだした。吐物を戻しはじめたのだ。
 酔っぱらいがリバースする光景は見慣れているが、乗り物酔いで子供などが戻すのとは訳が違う。初めは目を疑った。
 彼の吐物はマスヲよりは右側に座っている客の方に多くかかっていたが、こちらのコートにもかかっている。
「すいません」と小声で彼は言ったまま放心状態になっていたが、次の駅で彼は逃げるように降りていく。
 そのあと、目の前の吊革にぶら下がっていた女性がマスヲにウエットティッシュを差し出してくれた優しさが今でも忘れられない。
 だが、やはりこのようなことは平日に遭遇したことがないので金曜日の夜の飲み会はできる限り避けたいと考えている。