淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを書きたいと思っています。

オーバーペース?

 先週の土日は両方とも副業先で出勤したので、今日で13連勤だ。そのせいだけでは無いと思うが、最近疲れがたまってきている。

 今日突然、社長と面談することになったのだが何も心当たりがなかったので心配していたら、逆に社長がマスヲの体調のことを気にしてくれていたのが突然の面談が行われた趣旨だった。
 目を見ただけで疲れているのがわかる、と言われてしまった。
 もう少し元気がありそうだったら、お酒を飲むことも考えていたそうだが、今日のマスヲはあまりにも疲れているようだったので、次回にラウンジに連れて行ってくれるそうだ。
 また、来月からの仕事の予定を少し考慮することを考えてくれそうな雰囲気だったので、少しほっとしている。

 マスヲは23歳までフリーターだったが、その当時は月に29日以上働いていたことなんてざらだった。
 最高で3つのバイト先を掛け持ちしたことがあったので、
半日休みがあるだけでも当時は嬉しかったし充分にリフレッシュできていたと思う。

 では何故そんなに働いていたかと言うと、断れない男だったからだ。
 実際、いくつものバイト先で誰かが突然休んだ時もピンチヒッターでの依頼をよく受けたし、3つ目のバイトを掛け持ちするときもそうだった。
 マスヲは当時マクドナルドでバイトしていたのだが、仲が良かったとこちらが思っていた社員が別の飲食チェーン店に転職したあとに連絡してきた。
 店を新規にオープンすることになったが人手が足りないので手伝って欲しい、と。

 そのお店はマスヲの家からは車で30分以上かかる距離だったので断ろうとすると同じマクドナルドで働いていた友人から、俺も手伝うから一緒に手伝ってよろうと強く促されたので、結局手伝う羽目になった。

 友人はフリーターではなく大学生だったことと、マスヲより自宅から遠かったこと、それから当時は彼に彼女がいたことなどが原因だと思うが、手伝った時間はマスヲのほうが期間と労働時間は数倍になった。
 変な話だが、手伝ったマクドナルドの社員と手伝うことを促した友人とは15年以上は会っていないし、そのうちのひとりは音信普通だ。
 彼のことを思うと少しさびしい。