淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

七夕

 今日も朝から暑い。だが、雲がないので今年は綺麗に天の川が見えるかもしれない。
今のところ雨が降る予報も出ていないので天の川が溢れることはないだろう。織女と牽牛の1年に1度のデートが、今年は流れずに済みそうだ。

 それにしても、織女と牽牛の伝説を子供のころに聞いたときには素直だったせいか何も疑問に思わなかったが、今では気になることがある。
 どんなに仲の良いカップルだってやがて飽きがくるので、ずっとひたすらイチャイチャするのにも限界があるだろう。
 織女の父親である天帝をはじめまわりの大人たちも自分の経験上、それくらいわかるはずではないのだろうか。
 ちょっと大人になって気長に待ってやるくらいの配慮があっても良かったような気がするのはマスヲだけだろうか。
 天帝だって妻と知り合ってすぐのころは、仕事に支障が出るくらいに恋愛にのめりこんでいたかもしれないのに、だ。もちろん、織女と牽牛ほどひどくは無かったかもしれないが。神様も自分のことは棚に上げて他人には厳しいのかもしれない。

 さて、マスヲの場合は魅力的な女性の前だとどうしても恰好をつけてしまう。仕事上で魅力的な女性から依頼を受けるとどうしてもなかなか断れない。しかもおだてられるのにも弱いのだ。

 あるプロジェクトに参加していた時だった。その日の自分の予定の仕事量は終わっていたのでマスヲは帰ろうとしていた。すると進捗を管理している女性から、声をかけられたのだった
 何故かその日から進捗を管理している担当が20代前半のメガネが似合う小柄なチャーミングな女性になっていた。
 進捗が全体的に遅れているので他の部分を手伝ってもらえないかという依頼だった。
 当然、マスヲは断らなかった。すぐに取り掛かり、作業を終えて彼女に報告した。すると彼女はマスヲを煽てながら次の仕事の依頼をしてきた。そしてマスヲは断らずに受けた。そんなことを数回繰り替えした日があったことが懐かしい。
 そんな彼女も同じプロジェクトに参加していた好青年と結婚したのだ。
そして数年前に子供ができたことも好青年だった彼から聞いた。
 今夜あたり、彼女たち家族は皆で天の川を眺めるつもりなのだろうか。

 さて、実はマスヲも今夜は娘に会いにいくつもりだ。