淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

落差

 数日前に先方の都合で今日は副業先で出勤となった。明日と来週末も両日出勤になるのである意味ボーナスタイムに突入である。24日から来月の19日まで、正副業の両方が完全に休みになるために25日間連続で働き続けなくてはならない。
 一応、現場先には自社規定で夏季休暇を2日取得できることが定められているので、1日に夏季休暇の取得を申し込んだが今のところ旗色は悪そうだ。よって1日は諦めて出勤する心づもりでいる。

 今月初めから23日までは正業はお休みを頂いていたが、やはり当初会社と約束していた通りに1か月間休むべきだったと痛感している。人は休める時には休むべきだということに。いつまわりに巻き込まれて仕事に追い立てられることになるかわからないからだ。

 先週の日曜日以来のラーメン屋はそれなりに忙しかったが先週よりはるかに楽に感じた。実は昨晩久しぶりに3時間ほどしか眠れなかったので体調を心配していたが杞憂に終わった。
 それよりも働いていてまったく暑くなく、働き初めてから2時間以上も水分を飲む気が起きなかったほどだ。先週のマスヲは「暑い!」を連呼しながら水ばかり飲んでいた。
 社員とパートの女性ひとりはマスヲの変わりに「暑い!」を連呼していたし、暑さのせいかイライラしたり、集中力を欠いていたように見えた。その2人はマスヲよりは間違いなく仕事をしているのだが、それは先週のマスヲと比べても変わらないはずだ。

 途中でマスヲは気がついた。たった1週間のトレーニングで暑さに対する耐性が自分の体に着いていることに。今の現場はコンクリートのうちっぱなしの駐車場のビルの中の上位フロアにあるために暑い。事務所内にエアコンはあるのだが、そんな環境のためにサーモスタットが作動してエアコンがフル稼働しているとすぐに寒くなり、エアコンが切れるとすぐに暑くなる。また、廊下、トイレ、エレベータや階段も異常に暑い。今までに誰もビル内で熱射病になっていないのだろうか。

 体を動かしている仕事であれば暑さ寒さはしんどさは感じるがある程度気はまぎれるが、座って考えながらする仕事での暑さ寒さは時には仕事が手につかなくなるし、仕事の効率性が悪くなる。
 そんな環境で5日間働いたことで、マスヲの体には暑さに対する感覚がマヒしているのだろう。現に今この原稿を15時過ぎに自宅で書いているがエアコンを点けていないし、多少汗ばんではいるが我慢できないほどでもない。