淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

ブラマスヲ ~大須③~

 週末は曇りがちだったが、今日は朝から暑かった。明日から8月なのでいよいよ夏本番だ。そんな暑い日だったのにも関わらず、無性に訪れたいお店があったのでお昼休みに大須商店街を横断してしまった。
 そんな訳もあって今日のblogはブラマスヲの大須編③です。

f:id:mobemobe617:20170731221811j:plain
 マスヲが働いている現場のオフィスは大須商店街の中でも東端だ。大須マップの一部を切り取ったが、右上の欄外当たりになる。
 ここから大須観音の南側に向った。往路は万松寺通を西に向かった。1週間大須で働いて外国人を結構見かけるとは思っていたが、アーケード街を歩いていると裏門前町通と交わるあたりまでは、観光客だらけだった。

f:id:mobemobe617:20170731222304j:plain

 だが、そこを抜けると急に通行人が少なくなってくる。コメ兵の本社の前まで来た。そのせいか、新しくなったスタイリッシュのコメ兵がなんだか場違いに見える。

f:id:mobemobe617:20170731203313j:plain

 コメ兵の前まで来るとここで万松寺通は終わりとなる。信号交差点になっていて、大須本通や門前町通と呼ばれている車も通る通りと交わっている。

f:id:mobemobe617:20170731203337j:plain

 この通りを北に向かえばそのまま本町通になるので、栄の錦のど真ん中にでるのだが、知らない人が夜に歩いていったらその落差にびっくりするだろう。
 ちょっとしたクランクのような感じで次のアーケードに入るとここからは大須観音通りと呼ばれている。ここまで来ると人もまばらで最寄りの地下鉄の駅も上前津よりも大須観音の方が近いだろう。
 人も少なくなっているせいか、歩く速さが上がっているせいかあっという間にアーケードの終わりから大須観音が見えてくる。

f:id:mobemobe617:20170731203357j:plain

 観光者ならばここで山門をくぐりお参りするところだが、マスヲはお昼を食べにきたので先を急いだ。左に折れて南に向かう。仁王門通も越えて裏路地をうろついた。たしかこの当たりと思っていた場所にマスヲが行くつもりだった店がない。スマフォで調べるとあるサイトでは現在存在が確認できないとの報告があったので、残念ながら目的の店は諦めた。
 何を食べるか迷っていたが、仁王門通りの入口に餃子の王将があったので覗いてみるとすぐに座れそうだったので、入店した。中華飯と餃子をランチにした。本当はパスタを食べるつもりだったのだが、仕方がない。
 だが、代わりにちょっとした情報を仕入れた。大皿料理5品と120分の餃子食べ放題と飲み放題が2500の告知を見つけた。2500円ならニハチ屋や鳥貴族で飲むよりずっといいと思った。

f:id:mobemobe617:20170731222748j:plain

 店を出てアーケードに入った。復路は仁王門通で帰ることにした。
マスヲが中学生くらいのころから、北側の万松寺通よりもこちらのほうが人通りは少なかったが、今日歩いてもそう思った。もちろん久しぶりにこのあたりを歩いたので、店も変わっているので雰囲気もかなり変わっている。

f:id:mobemobe617:20170731223020j:plain

 アーケードの中にファミリーマートがあったのにはびっくりした。スギ薬局はアーケード街に溶け込んで見えたが、コンビニは馴染んでいるようには見えなかった。
 それでもコンビニはコンビニなので、午後からの仕事のためにコーヒーとペットボトルのお茶を買った。
 仁王門通を半ばまで歩いて来ると面白そうな店がある。世界のビールが飲めるビールバーのようだ。マスヲがむかしトルコ旅行で飲んだエフェスまで置いてある。
 近いうちに夜に訪れてこの店でエフェスを飲みたいと思った。

f:id:mobemobe617:20170731205524j:plain

 仁王門通は人通りが少ないが通り沿いには活気のある店も少ないせいので冷房のおこぼれが少ない。おかげで万松寺通よりも暑い。お昼時間の終わりも気になってくるので、足を速めた。すると仁王門通の果てにあるモニュメントが見えてくる。

f:id:mobemobe617:20170731205554j:plain

 ここまで来ると事務所はもうすぐだ。少しのんびりしながら左に折れて見慣れた道を事務所へと戻って行った。
 献血センターの前で高校生たちが献血呼びかけのボランティアをしていた。暑い中でやっているせいか、ある女子高生の顔が強張っていた。

 事務所に戻って午後から仕事をしている最中に頭が少し痛くなってきた。暑い中、地下鉄1駅分を往復したのだから軽い熱射病になっていたのかもしれない。
 だが、仕事中にボランティアをしていた女子高生の表情が時折気になった。今日は月末なので自社に帰るエンジニアも多いので、定時帰りしやすい雰囲気になる。
 仕事の進捗は芳しくなかったが定時で上がって、献血センターに向かった。向かう途中もまだ少し頭が痛かったが、それでも献血をしようと思ったのは彼女の眼差しのせいだろう。人生で18回目の献血を。
 彼女が何を思っていたのかは本当にわからない。だが、少なくともマスヲが今日献血する気になったのは彼女と出会ったせいだということを、彼女に伝えたいのだが…。
f:id:mobemobe617:20170731221009j:plain