淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

負け惜しみ

 今日は副業先に朝から出勤した。昨日の残業のせいで眠るのが遅くなってしまったが、朝から洗濯と最低限の部屋の片づけをしてから出勤した。いつも以上にギリギリになってしまったがお店でタイムカードを押したらかなり時間に余裕があった。

 副業先の夜シフトに常に入っている30歳過ぎの男性フリーターがいる。彼はよく遅刻して出勤するので、その際はタイムカードを打刻するときに機械の時間をずらして打刻しているのをマスヲは知っている。そしてその後に彼が時間を戻すのだが戻し方が遅すぎたのだろう。逆に戻す時間が早すぎることもあるので、そういう時は少しびっくりする。複数店舗を持っているチェーン店でこんなアナログな方法で従業員の勤怠管理を行っているところも珍しいだろう。

 ちなみにマスヲは10年近くこの店で働いているが、彼はマスヲより職場では先輩にあたる。その間に正業では、良くも悪くもいくつかの職場を渡り歩き、歩かされて様々な経験をした。
 その間彼はバイトが終わるとテレビゲームに熱中して疲れたら眠り、起きたら職場に出勤するという毎日をずっと続けているようだ。
 人によると彼は、今の生活で満足しているとのことだ。
 ちなみに副業先では社員を除くとマスヲより古い従業員は彼とデブばあさんだけだ。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 今日、お店で新しい従業員がデビューした。年齢はマスヲと同じで地元の名門私立大学卒である。普段は保険の代理店業をしているそうだ。その前は長浜ラーメンでは地元で有名なチェーン店でバイトしていたらしい。将来ラーメン屋などを起業したいのかと彼に質問すると、そんなつもりはないとのことだった。だが、社員がもやしを湯がく作業などを真剣な様子で見ていたのが印象に残っている。

 来る者があれば、去る者もいたが仕事が終わった後に、辞めたアネゴがばったりデブばあさんと会ったらしい。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 アネゴはデブばあさんに次のように語っていたそうだ。他の従業員のフォローに疲れたと。ある年上のパートの方が実名であるかのように動きが悪かったとアネゴが言っていたように伝わったらしく、憤慨していた。 その女性はマスヲより体が切れているのでそんなことはないと考えているし、アネゴも本当はそう思っていないと思う。
 アネゴとデブばあさんは昔から仲が悪かったので、思わずそれらしい言葉を発したのだろう。その言葉を拾ったデブばあさんがその言葉に尾ひれを着けて伝わったのだと、マスヲは推測している。