淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

ストレス発散できるのか

 昨日、お昼休みにランチに向かう中、下りエレベーターに乗っていた。お昼休みが始まった直後だったため、エレベーターは混雑していた。
同乗者の中にマスヲが好きではないプロパーの男性社員も乗っていた。彼は先日、マスヲに横柄だと言った人物だ。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 彼は混雑したエレベーターの中で同乗していた外注の女性エンジニアに今夜飲みに行かないかと誘いだした。
 彼女は彼に飲み会の趣旨を尋ねた。ストレス発散のため、と彼は答えた。さらにもう1人のプロパー社員も参加することを説明していた。その社員は彼よりはマスヲは好感を少し持っている。
 彼女はほぼ即答で飲みに行くことに同意した。金曜日だし、よくある光景かもしれないがマスヲの中ではいくつかのことが気になった。

 まず、誘った彼のことだ。マスヲから見ればいけ好かない奴だがどうやら結婚しているらしい。そんな既婚者がどういう趣旨で彼女を誘ったのかわからなかった。
 失礼を承知で書くがストライクゾーンの広いマスヲでも彼女にはバットを振らないだろう。投げた瞬間に確信を持ってボールだと見送るだろう。
 また、彼はマスヲだけではなく他の外注にも横柄に対応しているし、仕事に関しても自分の会社が請け負った仕事なのに他の社員や外注に面倒なことなどはほぼ丸投げしている。そんな仕事の進め方をしているのに、どうしたらストレスが溜まるのだろうか。

 誘われた彼女のことも気になった。金曜日当日に急に誘われると言うことは彼が彼女のことを軽く見ていると感じないのだろうか。
 実際に彼女は金曜日の夜だというのに予定が無い。恋人どころか仲の良い友人も少ないのだろうか。
 また、即答できたのは普段からあまり予定が無いのかもしれない。
 仮に予定が無いからといってプロパー社員と飲みに行って彼女にどんなメリットがあるのだろうか。ひょっとしたらもう1人のプロパー社員が彼女の好みなのだろうか。

 プロパー社員と外注では仕事上で利害が一致しないことの方が多いだろう。
 そんな立場の人間同士が同じ目線で愚痴を言い合うのは難しいはずだ。彼らが果たして一緒に飲んでストレス発散になるのだろうか。どんな話題を選んだら彼らの気が晴れるのだろうか。
 一緒に働いているメンバーのことを肴にお酒を飲むのが無難なところだと思う。
 ひょっとしてマスヲが共通の悪口対象となっているのかもしれないが、無関心でいられるよりはマシかもしれない。