淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

優しい人?

 昨日は歯科医へ通院したあとに午後から出勤した。3連休の初日のわりにプロパーと外注エンジニアも含めて出勤していたのは1/3くらいだったので少し驚いた。
 マスヲが出勤して仕事をしたところでダメなプロジェクトの進捗状態が劇的に変化するわけではないが、自分にできることだけはするつもりで21時まで仕事をした。

 昨日行った作業内容は本当に酷く、テスト仕様書の内容も30分に1回はレビュワーに確認しにいかなければ作業が勧められなかったが、その度にマスヲは耳を疑った。
 本当に酷い仕様書で腹が立ちますね、とレビュワーは言ったのだ。同情して頂けるだけで助かります、とマスヲはプロパー社員におべんちゃらを言っておいたが心の中では毒づいていた。お前がレビュー*1したんだろう? もっとしっかり仕事をしろよ、と。

 そんな状態でも21時まで仕事を続けることが出来たのは自分で自分の前に人参をぶら下げていたからだ。
 休日出勤の自分へのご褒美に、久しぶりに夜景が気に入っているガールズバーに遊びに行くことに決めていたからだ。先日友人とフリーで同じ系列に店に遊びに行った時に新しく気になる女性ができた。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 昨日は彼女がその店に出勤することもわかっていた。

 22時過ぎにお店に着くと雨ということもわり、店内はのんびりとしていた。夜景が見やすい一番窓側のカウンターの隅は別のお客が座っていたために座れなかったのが残念だったが、彼と少し離れて座っても何とか雨の街の景色を見ることができた。

 指名を聞かれたがお客に対して少し女性スタッフが足りなかったこともあり、指名はしなかった。
 だが、偶然に彼女がマスヲについてくれた。彼女はマスヲの印象を優しそうな人だと言ってくれた。するとマスヲのお気に入りの席に座っていた彼が優しい人って言われても…とマスヲの気持ちを代弁してくれた。
 彼もマスヲと同じブサイク村の出身のためか、共感してくれたのだろう。話しに割って入ってこられたが全く不快ではなかった。

 今日も仕事や同人誌の例会などの予定が詰まっているためにワンセットで帰ろうとして、チェックをしてお金を払って席を出ようとしたら、彼に手を掴まれた。まだ帰ったらだめだよ、と言われて。
 実はマスヲも昨日はまだ帰りたくなかったのだ。彼の言葉を口実にして、あとワンセット延長してそのタイミングで彼女をさり気なく指名した。おかげでそれ以降の時間をより気分よく過ごせた。彼もやっぱり優しい人だ…。

*1:仕様書やコードなどの成果物を調査チェックして開発者に差し戻す工程のこと。またその作業を担当する人のことをレビュワーと呼ぶ