淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

串 勝男の生態

 今の現場の右隣に座っている男にあだ名をつけた。そのあだ名は『串 勝男』。名づけの由来は、毎日夕方の16時を過ぎるころになるとパックに入った数本の串カツをどこかで調達してくるからだ。
 彼は買ってきたその串カツを席に着くなりおもむろに食べだすのだ。マスヲや他の人が仕事をしている最中に。彼にとって串カツの量が少しだけ多いらしく、たまにまわりの人に1本食べないかと声をかけているが、誰も彼の愛に応えようとしない。
 マスヲは彼に聞かれたこともないので彼の気持ちに応えようもないのが少し寂しい。

 彼とマスヲの年齢が同じだということが1か月ほど前に偶然わかった。マスヲの性格からいうと何か同じものがあるだけで、多少はシンパシーを感じることが多いのだが彼には全く感じない。
 しかも彼の住まいがマスヲの住んでいる近隣の市だということもわかったのだが、それでも駄目だ。

 システムエンジニアの仕事をする前までの慣習で、どうしても仕事中に物を食べるのには慣れない。最近でこそ残業時間になったら軽食くらいは取りながら仕事をすることを自分でも許せるようになったが、定時時間内に食事をするようなことはどうしても受け付けない。
 とてつもない美女が見とれてしまうほどの行儀作法で食事をしていれば許せるのかもしれないが、そんなことに今までに遭遇したこともない。

 今日、勝男は体調不良を理由にして午後に出社してくると連絡があった。彼のデスクを見ると隅にコーミソースが置いてある。彼が串カツを食べ始めたころはプレーンで串カツを食べていたのだが、ソースが欲しくなったのだろう。いつごろ用意したのか知らないが気がついた時には彼の机の片隅にソースが置かれるようになった。

 体調が悪いのなら休んでくれたほうがマスヲにとっては嬉しかったが、彼は仕事が好きなようで宣言通りに出社してきた。そして作業をしながら、ラップに包んである小さなお握りを食べながら仕事をはじめた。こんな男でも奥さんに作ってもらったのだろうか。

 以前、マスヲが体調不良で休んだときにどうして休んだのかを何回も彼は詰問してきた。相手先のプロパーではなく同じ外注のエンジニアなのに。マスヲはただ体調が悪かったからとしか答えなかった。
 そんなやり取りがあったので彼は意地を張って無理に今日は出社したのかもしれない。

 先週のある日、彼は唐突に言い出した。「ソースってすごいと思わない」、と。まるで世界の小沢*1ばりに自分の世界に入っているようだった。だが、その言葉に対して誰も何も答えることは出来なかった。