淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

ABSは壊れたままだが

 金曜日に愛車が車検から戻ってきた。今回で9回目の車検だ。ここ数回は、自宅近くの修理工場でお願いしている。すっかり顔なじみなので平日は車に乗らないので時間はかけてもらっても構わないことを話してあったが、金曜日まで戻らなかったので、だんだんと心配にはなっていた。

 新車で19年前に買ったので、170,000㎞以上走行しているので、何か不具合があってもおかしくないくらいに使い込んでいるからだ。最近では、今年の春先にクーラントが故障して修理をしたくらいだ。

 車を購入したのは20代だったので、様々な思い出が詰まっている。東北一周を初め何回かの1人旅から、友人や妻との旅行で国内の至る所を訪れている。
 また助手席には、結婚前には何人かの女性を助手席に乗せてドライブしたこともあるが、その女性たちのほとんどとはその思い出話をすることはできないが、自分の中では良い思い出になっている。
 車検が通らなかったら、違う車に乗り換えることを考えだすとそれらのことを思い返すことが増えてきた。

 できれば予算的にも今回だけは車検を通したかった。今回の車検を通せば次の車検期限までには家の購入ローンの支払いが終わる。
 次の車も新車で購入したいと考えているので、ローンが終わっているタイミングの方が金銭的な負担も楽になると考えていたからだ。

 車検や整備だけでなく、綺麗に洗車されて戻ってきた愛車を見た時にはほっとした。昨日、車検費用を支払いにいくと担当者が車の状態を話してくれた。
 ABSを制御する部品が壊れていて、その部品を取り換えたかったようだが、部品が今では生産されていなくて手に入れられなかったようだ。20年前の部品が手に入らないのは当然だろう。
 時間がかかったのはおそらく、おそらく他のルートでの部品の取得や代用品なども検討してくれたのではないかと考えている。

 もし、次の車検も通すことになると、そのころには元号も変わっている可能性も充分にある。走行距離はどれくらいになっているのだろうか。
 特段丁寧に運転していないし細目にメンテナンスをしている訳でもないが、本当にいい車に当たったと思っている。
 購入したときにはこんなに長く乗り続けることなんて想像していなかったが、欲しくて買った車種だったので今でも納得して乗れているのかもしれない。
 ABSは修理出来なかったがまだしばらくは乗り続けることが出来そうだし、乗り続けたいと考えている。