淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

カツオとマスヲ

 今の仕事先で右隣に座っている男、『串勝男』。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 彼の契約が今月末までらしい。本人がそのことを知ったときにはいい気分はしなかったらしく、ぼやいていた。俺って要らない子だからさぁ、と。
 マスヲだったら、契約が今日までだと言われたら喜んでしまうし、実際に間に入っている会社の営業にもなるべく早く今の現場を切り上げたいと伝えてある。彼とは対照的だ。

 勝男が所属している会社の規模はしらないが、社内ではそれなりのポジションらしい。来月から働くことになるプロジェクトの情報を知ったころは、次の現場もどうやら酷そうだと話していた。
 だが、今朝から少し彼の行動が変わってきた。

 今の会社がマネージメントするプロジェクトでは長く従事する外注は少ないようだ。それは自分だってよくわかる。マスヲより遅く参加して、もうすでに去っていたエンジニアもいるほどだし、先月から参加したあるエンジニアも今月末までらしい。
 どうやら今月末までのエンジニアが他にも何人もいるようだ。

 その状況で勝男は暗躍しだした。今月末までのエンジニアで彼のいいなりになってくれそうなエンジニアのスキルを聞いて、次の現場に誘っているのが耳に入ってきた。営業も兼ねているといえば聞こえはいいが、要は手配師だ。

 彼の目は次の仕事に目が向いてしまったようで、すっかり今の仕事への情熱は覚めてしまったようだ。とにかく、愚痴や文句が多い。ほとんどが的を得ているのだが、今さらながらと横で聞いていて思ってしまう。
 最初からおかしいと感じたことは直接でも間接でも訴えればよかったのにと。自分みたいに。

 ところで、何故勝男は自分を誘ってくれなかったのだろう? 彼の言いなりになるタイプではないし、自分も彼のことが特別好きではないのだがあることに気がついたからだ。
 2人はある意味いいコンビになれそうな気がするからだ。彼は技術力はあるが洞察力や交渉力に乏しい。マスヲは技術力や専門知識は足りないが洞察力は彼に勝っているし、交渉力もそれなりに備えていると自分では思っている。
 また、2人とも対してモテそうもないが女性好きということも共通している。

 もし、2人がある程度呼吸を合わせて仕事をすることができれば、かなりの成果を上げることができるのではないかと考える今日このごろだ。
 だが、その可能性も残りの日数を考えるとほとんどないだろう。