淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

公私混同は当たり前?

 昨日、副業先に出勤すると一緒にいつも働いているパートの女性と社員が困ったことになったと愚痴り出した。
 店の責任者であるマコちゃんがお気に入りの女性を本格的にシフトに入れると言い出したらしいのだ。1人前の戦力として。
 彼は彼女にメロメロなのは先日のイベントで自分でもわかったほどだ。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 彼女は中国出身で日本語も覚束ないために注文もろくに取れないし、数字にも弱くお釣りの計算もよく間違えるらしい。だが、彼女はマコちゃんの男心に付け込んで、最近では態度が大きくなっていると皆が口々に言っている。他のパートやバイトの注意や忠告に耳を貸さなくなっているようだ。
 彼女をそのようにさせている原因を作った店の責任者に皆が困っているようで、彼の公私混同をいないところであげつらえているようだ。

 今日の昼食後、大須のアーケード街である2人組とすれ違った。今仕事のお手伝いさせている会社の社長と女性部長だ。社長はベストを着て、部長はブルーの膝より短いスカートを履いている。彼女は短めのスカートを履いていることが多いのではがに股なことに最近気がついた。
 そのせいか人ごみの中でもはっきりとわかった。2人はこちらには気がついていないようだった。先日、彼らの親密さをblogに書いたが、今日はそれ以上に2人で歩いていることが自然に感じた。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 おそらくは全社員公認の仲ではないだろうか。確かに彼女の仕事ぶりには眉を顰めることが多い。ここ何日か彼女の作成した資料を使って仕事をしているが、1から順番のナンバーリングさえまともにされていない。
 数十人の会社なので社長が最後に全て責任を取りきれるなら、外注の1人がとやかく言うことではないだろう。

 副業先の片思いの男女と正業での現場のいい雰囲気の2人。どちらを見ても公私混同だと他人から言われても仕方が無いとは思う。自分もどちらかと言うと職場恋愛には良い印象を抱けない。自分がモテるタイプではないヒガミも入っていると思う。
 だが、公私混同については大らかだと思う。人間は世間が求めるほどに理性的に行動できないと捉えているからだ。
 自分も若い時は理性的であることに憧れて、常にそうでありたいと思っていた。だが、あるときに感情がある限り自分のような人間には無理だという考えに至った。自分が理性的でいられないことを肯定したら、他人にも常に理性的であることを求められるはずはない。筋が通らないからだ。
 自分が経験した世間の組織では多かれ少なかれ、公私混同する人間はいた。そんな彼らを我慢できないのであれば、彼らより上の立場につくかまともに取り合わないかの二つの選択しかないと思うが、自分なら後者を選ぶ。