淡白マスヲのたんぱく宣言

淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

妄想が滑走する

 まだ、火曜日だというのに週末が待ち遠しい。先週土曜日の初滑走の気分が良すぎて仕方がなかったからだ。
 今週末からはオープンするゲレンデが増えてくるのが嬉しい悩みだ。また、今日と明日は山間部では降雪が望めるような状況も気持ちを高めてくれる。週末に遊びに出かける候補として考えているゲレンデがいくつかある。

 自分が購入したスキー場のシーズン券はマックアースのグループに入っている。マックアースグループに入っているスキー場のシーズン券を購入するとグループに所属している他のスキー場の1日券を2000円の割引価格で購入することが出来るメリットがある。そのためにマックアースグループに所属しているゲレンデから選択するつもりだ。

 まずは、エコバレースキー場。このゲレンデは滑走したことがないが、ある男性スキーヤーに勧められたことが印象に残っている。
 シーズン券を今年も購入しているゲレンデでペアリフトに乗り合わせたスキーヤーに話し掛けられた。話は弾み、シーズン序盤は毎年何処に出かけるかが話題になった。
 その際にエコバレースキー場を彼が強く推してきた。ホームページで調べるとゲレンデ構成は中級者コース以上の比率が高い。この時期にはどうしても誰もが滑ることができる緩斜面を優先してコースメイキングすることが多いので、興味がある。
 だが、自宅からの距離が遠いし、高速の走行距離が長いために交通費が高くついてしまうのが気になっている。

 次に考えているのがチャオ御岳スノーリゾートだ。先週からオープンはしていたが、ゴンドラ営業が今週末から始まる。ゴンドラを利用したクルージングが楽しめる。
 コースはやや単調なのだが、標高が高いことと御岳山の北側になるのでどの時期に出かけても他のゲレンデよりもコンディションが良いことがメリットだ。
 出かけようと思っている理由がもうひとつある。先週、鷲ヶ岳スキー場でリフトに乗り合わせた人から、チャオが経営的に厳しい状況にあるという噂を聞いたからだ。

 その情報を教えてくれた人と2人で、もしあのゲレンデが営業を辞めてしまったらと話し込んでしまった。春スキーを楽しめる期間が短くなってしまうという意見で一致した。
 自分1人で遊びに行く経済効果なんて僅かだが、春スキーを長く楽しめる貴重なゲレンデのために多少は力になりたいという気持ちもある。

 最後に考えているのはおんたけ2240だ。このスキー場が候補の中では一番自宅から近いし、行った回数も多いので道中の運手も慣れている。ただ、今週末からのオープンなこともあって滑走できるコースが一番限定されている可能性が高い。

 週末にどこに遊びに行くかを週初めから悩むなんて贅沢な悩みだと思うし、幸せなことだとも思う。今日、帰宅するやいなや週末に備えてマイカーにガソリンを入れに行った。
 明日が週末でも大丈夫なくらいスキーに行く準備は出来ている。