淡白マスヲのたんぱく宣言

淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

KOK-2017

 クリスマスも過ぎて今年も残り1週間を切った。そろそろ今年の総括をしてもいいころだろう。
 総括の第1弾として今年マスヲが新たに出会った人物の中で、1番のクズを考えて発表したいと思う。

 ちなみに『KOK』とはキングオブクズの略。このblogを書きはじめたころまで、副業先で一緒に働いていた年上のパート女性に教えてもらった言葉だ。彼女はもう副業先にはいない。自分に新しい語彙を教授して去っていった。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 彼女を通じて定めることが出来たクズの定義を上記の記事から引用すると以下のようになる。
   少しでも直接的に得るものがない人間、反面的にしか得ることができない人間をクズであると。

 人間嫌なことはすぐ忘れたいし、忘れがちである。嫌いな人間に出会うことも同様だろう。
 だから、嫌な現実から目を背けないためにも自分の書いたblogから記憶を呼び起こして、書き残しておきたい。

 今年巡り会った人間全てをblogに書いている訳ではないので、blogに取り上げなかった人間を選ぶことになったらどうしようかと心配しながら選考を進めたが、受賞者は複数回登場した人物になった。自分が文章を書くときに取りあげるべき人物をきちんと書き残していることを*1褒めたいくらいだ

 登場回数だとこのblogの読者が推測するのは串勝男ではないだろうか。彼の名誉のために書いておく。彼のことをクズと定義してしまったら、まず自分がクズになってしまう。
 彼には長所がいくつかある。少なくとも自分よりは仕事ができるし、仕事の進め方も周りに彼なりの配慮が感じられた。ただ、その配慮がルール化して独善化していた点は否めないが。

 次に登場回数とキャラから連想するのはマコちゃんかもしれない。ほしいほしいのだ。彼はふたつの理由から選ばなかった。ひとつは少なくとも誰もが認める長所がある。その長所とは字が綺麗なことだ。
 先週、営業前の仕込中に店に居たメンバー同士の雑談の中で駄目な人間ではあるが、クズとは言えないと意見の一致をみたばかりだ。

 では、マスヲが選ぶ今年の『KOK』を発表したい。それは今の現場先の会社の女性部長だ。
 仕事が出来ないばかりか、管理職に就いているのにマネージメントができていないのでプロジェクトの生産性が異常に低くなっている。そのためにお客、自社社員、自分を含めた外注に迷惑をかけている。
 彼女は自分が書いたメールなどを相手がすぐに読んでいないことを他人に咎めるくせに、それ以上に他人のメールなどを彼女は読んでいない。
 エンジニアなのに非理論的。挨拶できない。社長と夫婦なので社内恋愛している? 容姿も悪いなどなど、半年近くしか彼女を見ていないのに、これだけの欠点が浮き上がってくる。
 そんな自分が選んだ『KOK』と一緒に仕事が出来るのもあと数日だ。

*1:誰も褒めてくれないので?