淡白マスヲのたんぱく宣言

淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

酒また酒

 普段、飲酒はしない。自宅で晩酌をすることは稀で、友人が来たときか料理にお酒があいそうなときくらいだ。
 マスヲの外見から酒と煙草をこよなく愛していそうなイメージを持たれることがままあるが、煙草は吸わない。
 その外見で得することもたまにはある。現場で仕事が嫌になっときに、喫煙室でさぼっていても誰かに咎められたことは一度もない。
 父親と同居していた祖父が喫煙していたせいか、ある程度のタバコの匂いと煙は我慢できる。働くことが嫌になったときには煙草で空気が汚れた部屋に閉じこもっている方がましだ。

 話がそれたが、年末年始はどうしてもお酒を口にする機会が増える。昨夜もスキー場から帰宅したあとに近所の焼き鳥屋から3軒の店を飲み歩いて日付が変わってから帰宅した。
 寝室の出入口の脇に置いてある電子体重計。毎朝、起床時に乗ることにしているが、今朝も耳障りな警告音を鳴らした。飲酒時にはつまみをかなり食べるほうだろう。おかげで飲酒した翌日の体重計測にはげんなりすることが多い。

 今日は母の弟、叔父が毎年主催してくれる新年会だった。14時からと遅めの開始だったので、その前に近所のスーパー銭湯で汗を流してから参加した。
 叔父は飲酒をしないので、新年会の会場まで毎年送迎してくれている。
 叔父の家は自宅から徒歩で5分ほど。今日の午後は風も弱く穏やかで暖かかった。途中に国道にかかる歩道橋を渡らなければならないが、食事前には気持ちのよい散歩になった。

 叔父宅の玄関先で日向ぼっこをしながら時間を過ごしていた。しばらくすると母と弟が現れたので、叔父宅のインターフォンを押した。
 叔父の家族が出てきたが、今年は一人少ない。叔父には2男がいる。自分から見たら歳の離れた2人の従弟になるのだが、長男は参加できなかったようだ。
 彼は今年度から介護職に就職したために、今日は勤務日だったからだ。

 促されて叔父の車に乗り込む。次男は自分の車で向かうことになったために、車内は昨年よりも広かった。叔母も次男の車に同乗したこともある。
 彼は今年成人式だ。早生まれなのでまだ二十歳にはなっていないが、明日式に出席するために新年会のあとに美容院に行く予定だと聞いた。

 お店はちょっとした小料理屋だが、毎年普段食べられないものを出してくれる。今日もまだこの時期では手に入れることも難しいと思われる、こごみや新たけのこも出してくれた。
 刺盛りには皮が湯引きされた鯛から中トロなど数種が並んでいる。松葉カニのほぐし焼きからひとり鍋にはフグが入っていた。
 当然のように酒が進む。途中から弟がお酒にすることを提案されたので叔父に話をするとヒレ酒を勧めてくれた。久しぶりに飲むヒレ酒のせいでさらに酒が進む。
 最後のご飯ものは七草粥。美味しさだけでなく、今日が7日ということも実感させてくれた。
 明日も体重計に注意を受けそうだ。