淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

五月の風に吹かれて

 今朝は気持ちの良い朝だった。通勤のために、最寄りの駅に向かう中、五月の風に吹かれていた。くっきりとした輪郭のあるような、爽やかな風に。
 昨夜、飲酒していた自分。目覚ましにそんな風を欲していたかもしれない。

 昨夜は錦にあるラウンジでお酒を呑んでいた。接待や会社関係ではなくプライベートで。
 自分の意志でラウンジに行くのは初めてだった。しかも、同行者も意外な人。20代の女性だ。いくつもの偶然が重なったからだと思う。

 あるラウンジのママがお店を辞めることを聞いていた。彼女に出会ったのは数年前。自分が友人と初めて遊びに行ったガールズバーで働いていた。しかも、そのガールズバーでもママをしていたのだ。
 彼女は経営者ではないが、お店を立ち上げて、地域でも評判の店にしたのは彼女によるところが大きいと、自分は考えている。

 その後、同じ経営者が錦でラウンジをオープンさせることになったので、その店でもママを務めることになった。
 彼女は今、アラサー。その年齢で業態の違う二店舗のオープンに立ち会い、それぞれのお店を軌道に乗せることは、なかなか他人に出来ることではないだろう。

 少なくとも彼女がガールズバーの立ち上げに失敗していたら、自分が小説を再び書きはじめるのが、もっと遅くなっただろうし、ひょっとしたらその機会さえなかったかもしれない。
 ガールズバーからラウンジに移るときも、挨拶に行った。その時はまだ自分が小説はおろか、このblogさえ書きはじめる前だった。
 その後、自分が書き上げた小説の中で、彼女が立ち上げたお店を作品中の大事なシーンのモデルとして書かせてもらうことになるとは、全く想像できなかった。

 自称、おひとりさま有段者の自分。キャバレー花園やフィリピンパブには1人で行ったことがあるが、ラウンジはさすがに厳しい。
 ママが店を去るまえに、なんとなく思い出話をしたかった。お礼なんて言える立場ではないし、照れくさかったから。
 お客だったあるオッサンに、次のように言われても意味もわからないし、ウザいと思われる可能性だって否定できない。あなたのおかげで小説を書くことができました、と。

 先日、ガールズバーのカウンターで飲んでいるときに、思わぬ話を持ちかけられた。
 今まで一度も指名したこともない、スタッフからラウンジのママに一緒に挨拶しに行きませんかと。少し驚いたが、有難く了承した。

 昨夜、ママと再会して話をしたら驚いたことがいくつかあった。そのうちのひとつを紹介すると、自分通っていた高校と彼女が卒業した高校が同じ市内で、最寄りだったのには驚いた。少なからずの縁を感じた。
 ママはラウンジの立ち上げの際には、今まで以上にまわりに助けられた、と話してくれたことが印象に残っている。
 これからも頑張って下さい、と彼女に言えるような立場ではない自分。元気でいて下さい、と代わりの言葉を口にしたと思っている。自分の記憶がお酒でおかしくなっていなければ。