淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

2017-2018シーズンの雪遊びを振り返って

 おそらく、5月6日のチャオ御岳でのスキーが今シーズン最後の雪遊びになったと思う。
 ゲレンデに行くたびにこのblogの記事にしてきたが、データとしてまとめたので、そのデータを中心に今シーズンの雪遊びを振り返ってみたい。

f:id:mobemobe617:20180508225858p:plain
スキー場別の滑走日数。
 昨シーズンまでは詳細なデータを取っていなかったので、詳細な比較はできないのが残念だが、自分の記憶に残っていることは比較してみたい。
 まずは雪遊びのシーズン期間だ。ここ数年、初滑りは11月になることが多いのだが、今年は12月にずれ込んだ。
 また、シーズンアウトも5月の中旬くらいなのだが、今年は5月6日にシーズンを終えた。そのために、例年に比べると雪遊びを楽しんだ期間が短くなっている。
 気温や降雪は環境に左右されてしまうのだが、シーズンインだけは、もう少し早めたかったのが、本音だ。来シーズンのシーズンインは今シーズンよりも、是非早めたい。

 雪遊びの回数は26回。今シーズンの目標を30回としていいたが、少し届かなかった。
 月別では12月が5回、1月が11回、2月が3回、3月が4回、4月が1回、5月が2回となっている。ここ数年11月にシーズンインしていたので、11月の滑走がなかったことと、4月が1回だったので、その両月の回数を増やせば30回に届いたかもしれない。

f:id:mobemobe617:20180508230419p:plain
訪れた日付とゲレンデと同行したメンバーなどの詳細データ。
 ちなみに今シーズン、泊りがけでのスキーは2回。1月12日から13日と1月29日から31日。どちらの旅程もハイシーズンの時期だったので雪質も良かったために、より思い出深い。
 1泊だったが1月12日にモンデウス飛騨位山で滑走後、高山のホテルで泊まって夜に呑み歩いたのが印象に残っている。

 ここ数年、すっかり自分はボッチスキーヤーが板についてきたと思っていたが、今年は違った。
 8回も同行者が居たのだ。3回に1回は他の人と滑ったことになる。しかも、そのうちの4回は頼まれて他人にスキーを教えたことも、今までにはなかったことだろう。
 だが、今年は自分の娘と一緒に雪遊びができなかったのが悔しい。先日、娘とハイキングした時も2人でのその話になったほどだ。来シーズンこそは娘とまた一緒にスキーを楽しみたい。

 ゲレンデ別で訪れた回数はホームである野麦峠が最多の12回、次は鷲ヶ岳の6回となっている。これは自分が今シーズンからスノーボートをはじめた影響もあるだろう。
 スキーと違い、スノーボードの自分のレベルが拙いために横にワイドなゲレンデの方が練習しやすいからだ。
 また、今回のblogのタイトルに『雪遊び』という単語を使ったのもスキーだけでなくスノーボートをはじめたことを意識しているためだ。
 スノーボードについてはせめて、転んだ時にスムーズに立ち上がることが出来るくらいには、来シーズン中に成長したいと考えている。

 最後に、今シーズンにおいて特記しておきたいのが、SAJのバッジテストで2級に合格したことだ。
 そのことについては、以下のようにblogにしているが、自分が今まで書いた中でも最長の文章になっている。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 せっかく、2級に合格したのだから来シーズン中にとりあえずは1級の記念受験を目指したい。