淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

不健康診断

 昨日、帰宅すると大判の封筒がポストに投函されていた。開封してみると、先日受診した会社の健康診断の報告書だった。
 真っ先に、確認したのはオプションで申し込んだが腫瘍マーカーの欄だ。父と父方の祖父母は癌で亡くなったから、どうしても気になってしまう。
 生前、父がある医者に癌の家系だと言われて憤慨していた。癌の発病リスクに遺伝性があるのかは、医者でも学者でもないので、自分にはわからない。
 ただ、3人の家族の死因が癌だったので、自分もナイーブになっている。

 今回の健診で良いこともあった。それは身長が昨年よりも伸びていたことだ。昨年は178.9㎝だったのが、今年は179.9㎝に計測された。ちょうど1㎝成長したことになる。
 肩こり症が原因で整骨院に通院しているうちに、普段の姿勢や歩き方にも気を配るようになったし、朝晩に下半身を伸ばすストレッチをしていることが、原因ではないかと自己分析しているが、どうだろう。

 また、肝機能の数値も問題なかった。たまにしか、お酒を嗜まないのだが、自立神経の異常のために1年以上服薬していることが気になっていたが、肝臓への影響はなかったようでほっとしている。

f:id:mobemobe617:20180615193547j:plain
一番気にしていた肝機能の数値
 まわりから、遊び人と思われているせいか、毎日飲酒していないと言っても疑っている知人友人も多いようだ。
 ちなみに、朝晩はほぼ自炊して昼食はコンビニで買ったものを食べないように、食事には気をつけている。
 40歳過ぎのオッサンが仕事帰りにスーパーのビニル姿をぶら下げている姿は哀愁が漂っているかもしれないが、健康には代えられない。外食はどうしても飽きるし、自分で作れば好みの味にもできるので一石二鳥だ。

 歳のせいか、やはり問題のある検査結果もあった。
 ひとつは胃。バリウム検査で今年も多数のホリープが確認された。昨年、胃カメラの検査をしたが、今年も同じ辛い検査を受けなくてはならない。
 もうひとつは心電図だ。左心室に問題があるようだ。今までに何回か注意を受けている。
 実は自分が若いころにジョギングやハーフマラソンをしていたことを辞めた原因のひとつは、心電図の問題だ。
 心臓のことも近いうちに受診するつもりでいる。

 あと数日で自分も46歳になる。もう、アラフィフだ。
 むかしと違って人生50年とは言われていないが、身体のあちこちに異変が見つかってもおかしくない年齢に、自分も差し掛かっている。
 できるだけ、無意味な仕事やストレスを避けて日常を楽しみたいものだ。