淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

寒い暑い面倒くさいと言っていたら遊ぶことさえできない

 梅雨明けしてから、一日をワイドに使っている。
 今日は、朝5時過ぎに起床。着替えてすぐに庭の草抜きに励んだ。先週からの雨のおかげで、草も手の力だけで気持ちよく抜けていく。鎌なども必要ない。
 それでも力を使っているせいか、すぐに全身汗だくになった。まだ、早朝にも関わらず。
 陽が昇りきっていないために日陰も多い。陽の当らない場所でアウトドア用の小椅子に腰かけて休憩しながら、草抜きを続けた。

 休憩しながらでも7時を過ぎると汗で全身がズクズクになったので、草抜きを切り上げた。
 シャワーを浴びて着替え、朝食を作って食べた。味噌汁などの朝食を作っている最中はともかく、温かい朝食を食べているだけでも、また汗が噴き出してくる。シャワーを浴びて着替えたことが無意味なほどに。

 その後はコーヒーを飲みながら読書をし、9時過ぎになったら会社からのメールを確認して返信をしたら、眠くなってきたので仮眠を取った。
 昼前に起きてネットサーフフィンをしながら今日の午後の予定を練った。
 天気予報では14時からは曇が多くなるとのことだったが、その気配は全くない。

 正午を過ぎると乾麺のうどんを茹でて、ザルうどんにして食べた。ネギと生姜とミョウガを薬味にした。ミョウガの涼味がたまらなかった。
 ミョウガが料理の引き立て役にぴったりの時期になったのだ。本格的な夏の到来を感じる。

 食事の後片付けを済ませると車を南に走らせた。雲は少なく、車中も暑かったが久しぶりにある海浜公園へ向かった。
 何かを楽しもうと思い立ったら、寒い暑いなどを理由にしていたら、結局何も楽しめずに時だけが過ぎていってしまうからだ。

 向かった先は、亀崎海浜緑地。この時期のハゼ釣りのメッカだ。
 途中の釣具屋で餌を買ったときに、状況を聞いたら今年は例年よりも魚影が濃いと言われた。まだ、サイズが小さいことも。

f:id:mobemobe617:20180710220537j:plain
亀崎海浜緑地から見た海。昨年は来ていないので、一昨年ぶり。
 公園の駐車場に車を停めて、車外に出た。釣具屋の駐車場と違って海風があるせいか、思っていたほど暑さを感じない。
 道具を持ってポイントの砂浜に向かうと、釣り人はほとんどいなかった。しかも、竿を出している人間が時折上げる竿を見ても、釣果は芳しくなさそうだ。

 ポイントに到着すると水が濁っていた。しかも、海水も生臭い。ひょっとしたら、赤潮が出ていたかもしれない。
 15時過ぎから釣りはじめた。今日の満潮時間が16時30分くらいであることを計算していたので、午後に家を出たのだ。ハゼは潮が満ちてくる時が釣りやすいからだ。

 振り出し竿で脈釣りの仕掛けで、ポイントを探ったがアタリがない。歩きながら、少しずつ仕掛けを入れるポイントを変えていくと、小気味よいアタリがあった。ただ、それだけで自分のテンションが高まっていく。
 まわりがあまり釣れていないなか、2時間ほどで20匹以上は釣った。小さいものは何匹かリリースした。母親と一緒に遊びに来ていた幼児の男の子にも遊びながら手伝ってもらったりもして。男の子も声を上げてはしゃいでくれた。
 2018年の自分のハゼ釣りも幕を上げた。