淡白マスヲのたんぱく宣言

淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

次はねえよ 【『高嶺の花』8話の感想】

 最近は、書きたいネタが多すぎて『高嶺の花』の感想が遅くなってしまった。今夜の22時に9話の放送があるのに、その直前に8話の感想を書くことになってしまった。

 8話の感想についてのタイトルをつけるのに迷った。他の候補はいくつかあったが、最終的な候補はもうひとつ。その採用しなかったタイトルは、全ての女性は芸術家。
 今回採用したタイトルも採用しなかったタイトルも含めて、8話は名台詞に溢れていた。しかも、ほとんどが風間直人役の峯田和伸のものだった。
 また、香里奈峯田和伸の掛け合いも自然で、見ていて微笑ましかった。

 今回一番気になった点は、石原さとみがバラを湯船にうかべていた入浴シーン。セレブ感を強調した設定だとしても、バラのお風呂は流石にやり過ぎだろう。笑ってしまった。
 あとは、毎度おなじみの小日向文世の演技。今話も台詞の抑揚の付け方などが、わざとらしく感じて仕方がなかった。
 そのせいか、普段は気になる千葉雄大の演技が、今話ではそれほど気にならなかったほどだ。彼の演技にそれほど期待しなくなったからかも、しれないが。
 そのせいか、きょんちゃんこと芳根京子の演技は相変わらず素晴らしく思えた。

 今日のblogのタイトルにしたのは、峯田和伸が今話で口にしたものだ。
 神宮兵馬を演じる大貫勇輔に、ヒロインである石原さとみを抱き抱えながら、捨て台詞のように言い放った。そのシーンは2回見ても格好よかった。

 話は少し脱線するが、自分は30歳のころにバックパッカーをしていた。
 その際に何人もの思い出深い人物に出会ったが、その中の1人のことを思い出した。
 その1人とは歴史を大学で専攻する男子学生。彼は将来、教壇で歴史を教えることを目指していた。
 教壇に立ったときのために、少しでも多く歴史の舞台になった場所を訪れることを目的に、世界を旅していると話してくれた。

 そんな彼とはマレーシアのクアラルンプールで出会ったのだが、世界3大仏教遺跡について語り合った。中でもボロブドゥールとアンコールワットについて、熱く話し合ったことが思い出深い。

 彼は歴史を語る時と同じように、熱く語ることがあった。女子高生のことだ。彼は女子高生が大好きだった。それもあってか、彼には口癖があった。その口癖とは、『女子高生は芸術品』。
 今話で風間直人が口にした台詞、『全ての女性は芸術家』を聞いて彼のこと、また当時旅したことを思い出した。

 話を元に戻そう。今日放送される、9話も含めてあと2回で最終回。物語はどんな終わりを迎えるのか。
 それまでに自分は何度失笑させられ、何度心を動かされるのだろう? 石原さとみ芳根京子のどちらに、より魅力を覚えるのだろう? あと、2回が楽しみだ。