淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

給料の遅配

 今日は25日。自分が所属している会社の給料日。今月は、シルバーウイークに旅行したこともあって財布が薄く、25日を待ちかねていた。
 毎月、午前中には自分の銀行口座に振り込まれるので、仕事をしながらスマホで口座をときおりチェックしていた。ネットバンクはセキュリティの問題はあるものの、こういう際は本当に便利だ。

 結局、午前中に給料は入金されなかった。午後からの仕事は気がそぞろになっていた。
 対価が受け取れないのであれば、仕事をする意味もない。働くことが馬鹿馬鹿しくなってきた。
 別の現場で働く同僚にメールをしたところ、同僚の口座にも給料が入金されていないことがわかった。

 自分が勤めている会社は、吹けば飛ぶような零細企業。ある日、突然何があってもおかしくはない。その何かが今日である可能性だってもちろんある。

 自分はあることを迷っていた。明日、出勤するべきかを。今日中に会社がそれなりの対応をしなければ、こちらがそれなりのリスクを負うことになる。
 会社によくないことが起きていれば、明日の労働対価どころか、交通費だって受け取れなくなる可能性だってあるからだ。

 再度同僚にメールした。明日、出勤するかを。すぐに同僚は返信してきた。『明日は出勤です。』と。
 自分の質問の意図が伝わっていないようなので、こちらからまた文面を変えてメールした。次のような文面で、『給料をもらっていないのに?』。
 同僚からはその後、返信はなかった。

 明日は通院のため、元々午後出勤の予定だった。通院のために休むことも考えたが、現場のプロパー社員から明日中に対応してもらいたい作業を以前から依頼されていたので、出勤することにしたのだ。作業内容が割と重要だったこともある。
 意外と真面目なところもある自分が、こういう時は少し嫌になる。給料の遅配を口実にして、明日休むかどうかを帰宅中も考えていた。

 帰宅すると、ポストに封筒が一通投函されていた。中を確認すると会社からの給料明細書だった。いつも以上に、丁寧に明細書を確認すると、支払日は25日になっている。何度見ても。

 会社に確認するために、メールを送付することにした。自宅のパソコンのメーラーを起動すると、会社から以下のようなメールが届いていた。

 お疲れ様です。
 ??です。

 本日25日、給与の振込日となっていました。
 その振込処理を先週21日金曜日に、パソコンにて振込処理を完了していましたが、確認したところ、システムの不具合だったのか、原因不明なのですが、正常処理がなされていなかった様です。
 大変申し訳ないですが、明日の朝一番で、対応しますので、ご了承下さい。

 宜しくお願い致します。

 メールに目を通した後には、複雑な気持ちになった。
 ほっとした部分もあったが、なかなか味わえない経験をつむことができなくなったことが、寂しくもあった。仕事を休む口実も失ってしまったことも。
 だが、ひょっとしてひょっとするような可能性は、まだゼロではないかもしれない。