淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

ラーメン屋にティッシュペーパー

 久しぶりに美味しいつけ麺を食べた。昨日のランチに。
 今、自分が働いている現場近くには、お昼時間に食事を済ませて戻ってこられるような距離に、自分好みのつけ麺を食べさせてくれる店がない。
 そのことに気がついた日から、つけ麺が食べたい日が続いていた。

 ラーメンは呑んだ後であれば、夜に食べることも考えられるが、つけ麺は昼食にするのが似合う。自分勝手な思い込みかもしれないが。
 最近の週末の日中は、ほぼラーメン屋でアルバイトの自分。昼食に賄いでラーメンを無料で食べることはできるが、残念ながらメニューにつけ麺はない。

 昨日は、神経内科への通院日。しかも、診察を受けることになった、右手のしびれもほぼ回復した。これでひとつ、通院先が減るだろう。
 11時30分に診察予約をしてあったが、予約時間よりは遅れて主治医から診察室に呼ばれたが、いつもよりは待ち時間は短かった。
 会計を済ませると13時過ぎ。14時を過ぎたことも今までに何度かあったが、しばらくはそんな目に会うことも無くなる。

 待合で診察を待つ間、スマホであることを調べていた。自分が食べたいと思えるつけ麺を提供する店の定休日と営業時間を。
 一番、訪れたかった店は、高校の同窓生が店主の店。その店は、地域のラーメン雑誌が発行される度に、必ずといっていいほど取り上げられる有名店。
 久しぶりに同じ歳の大将の顔も見たかったが、水曜日は定休日だったので、断念した。

 代わりの候補は二つ。どちらに行くか迷ったが、お腹が空いていることもあり、病院から近い方の店に向かった。
 13時をとっくに過ぎていたが、駐車場は満車に近かった。
 だが、店内はそれほど混雑していなかった。平日の昼は1人での来店客が多いからだろう。自分も1人での来店なので、券売機で食券を買ってカウンターに座った。食券はこの店が売りにしている、激辛つけ麺を買った。

 つけ麺は多加水の太麺なので、小加水の細麺のラーメンに比べるとオーダーしてから提供されるまで、どうしても時間がかかってしまう。
 腹が空いていたこともあり、つけ麺が提供されるまでが待ち遠しくて仕方がなかった。

 自分の前に商品が出されると、つけ汁をレンゲにすくって口に含んだ。辛い、自分が思っていたよりも。だが、それ以上に旨味も感じた。
 そうなると、空腹感と戦っていた分だけ、箸を動かすスピードが少しずつ早くなった。
 気がつくと顔から汗が噴き出していた。最初にもらった使い捨てのおしぼりでは拭ききれないほどに。
 ティッシュペーパーやペーパーナプキンがカウンターに見当たらないので、店員に話しかけた。ティッシュペーパーはないかと。店員は店に用意がないと答えてくれた。
 代わりに手洗い場に置いてあるような、ペーパータオルの束とおしぼりを自分に手渡した。

 正直言って、この店のメニューの価格はそれほど低くない。ラーメンやつけ麺などの主要メニューで全部乗せをオーダーすると、1,000円を超してしまう。
 そんな店にティッシュペーパーが無いのは如何なものだろう。今時のラーメン屋で、若い女性もターゲットにしているならば、ティッシュの常備は必然な気がするが、どうだろう?