淡白マスヲのたんぱく宣言

淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

2019年仕事初め

 今日が自分の仕事初めとなった。平日ではなく土曜日だったのには訳がある。週末働いている副業先のラーメン屋の営業が、今日からだったからだ。
 本業であるシステムエンジニアとしての仕事は、月曜日の7日からだ。

 昨日、自分の娘を含めた子供4人と大人2人にお節介を焼きながらのスキーを、朝の10時からリフトが停まるまでの16時まで続けたので、流石に朝から身体は重かった。
 毎朝恒例になっている、体重測定をすると自分の予想通り前日比、0.1㎏増。

 スキー、スノーボードなどのウインタースポーツはバランススポーツなので、上手くなるほど無駄な力とエネルギーを使わないことはよく言われていること。痩せないことはわかっていたが、それでも、今朝は少し期待していた。
 1日でこれだけ、エネルギッシュにゲレンデを駆け回ったのは久しぶりだったからだ。自分の滑りたいように滑っているわけではなかったので、それなりにカロリーは消費しているはずだと、思っていた。
 だが、身体の節々に感じる筋肉痛とは裏腹に、体重という結果には結びつかなかった。

 副業先で働く時は、出勤途中に野菜ジュースを買うことが多い。賄いのラーメンを食べる時に一緒に飲むために。
 今日は身体の動きがいつもよりもキレがないこととコンビニのレジに人が多かったので、ジュースを買うのを諦めた。
 ラーメンの具材が栄養のバランスを欠いていることへの配慮だが、別の理由もある。それは食べ合わせダイエット。
 昔見たテレビ番組での情報だが、ラーメンを食べる前に野菜ジュースを飲むと太りにくいと伝えていたことを、今でも自分は実行しているのだ。どれほどの効果があるのかは、突き詰めていないのでわからないが。

 仕込みで今日自分が担当した仕事は、新年最初の営業日らしい内容だった。年末にカウンターに置いてあるものの中身をすべて空にしてから洗ったので、きれいになっている。それらの容器に入っていたそれぞれのものを再度詰めなければならない。
 ラーメン屋らしい、餃子のタレ、ラー油、胡椒や割り箸などなど。不器用な自分が一番苦戦したのは、爪楊枝。
 爪楊枝は空いたラーメンドンブリに乱雑にいれてあったからだ。方向どころか向きも不揃いになっている細くて短い爪楊枝を不器用で大きな手で摘まみながら、同じ方向に揃えて器に詰めていく。久しぶりに行った作業は思っていた以上に時間がかかった。それでも、なんとか賄いができあがる時間までには終えることができた。

 賄いのラーメンを食べていて、あることに気がついた。ラーメンに入っていた具の中であるものの味が気になったのだ。その具とはチャーシュー。いつものものよりも、パサついた食感で少し臭いも気になった。
 継ぎ足して作り続けているスープや返しにはそれほど違和感を覚えなかったので、余計に気になった。

 今日は久しぶりの営業のため、営業時間の開始から自分のアルバイトの終わりの時間まで、お客が途絶えることどころか、常に長い列を作り続けるのは例年のこと。
 ただ、今年は自分が気になったことを多くのお客の中でどれだけ感じたかが気になった。身体はヘトヘトになりながらも。