淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

初アウター

 今朝は寒かった。この冬で一番寒く感じた。
 昨夜は早くベッドに入ったので、アラームが鳴るよりも早く目は覚めていたが、なかなか布団から出ることができなかった。おかげで、最近習慣になっていた朝のストレッチが出来なかったが、体重の計測と朝食は食べた。餅菜とお餅をタッパーウェアに入れて、作り置きしてあるけんちん汁を注いで電子レンジで加熱した、即席のお雑煮を。

 この冬初めてスーツの上にアウターを羽織り、靴を履いた。アウターといっても安っぽい地味なドカジャンだ。
 玄関を出ると登校中の小学生たちを見かけた。世の人たちの大半は、昨日で冬休みは終わり。駅の駐輪場だけでなく通勤電車も混雑していた。

 現場のオフィスビルに到着すると、エレベータを待つ人が長い列をなしていた。その光景を見ただけで、昨日に似た明日が続く毎日が始まったと思う人も多いだろう。自分もそのように考えていた時期があるし、これから先もあるかもしれないが、少なくとも今朝はそのようには思えなかった。

 オフィスに入室しようとして、セキュリティカードをかざしたがオフィスの扉が開かない。かざした場所を確認すると、隣の会議室に入室するための場所へカードをかざしていたのだ。まったく仕事モードになっていないことを、その瞬間に自覚した。
 それでも、迷わずになんとか自席に辿り着くと、机上に小袋に入ったチョコレート菓子が置かれていた。自分の右に座る自チームのリーダーからのお土産だった。地名が書かれていないので何処に行ったかわからないね、と彼は呟いた。

 パソコンのスイッチはすぐに入れたが、自分の仕事モードへのスイッチは未だに入っていない気がする。スイッチの場所をわざと忘れてしまったのかもしれない。
 アウターとスーツをハンガーにかけに行ってから、鞄をしまうためにキャビネットを開けた。このキャビネットを開けない選択、年末でそのまま退職することを妄想していた自分を思い出し、苦笑いをしてしまった。

 パソコンが起動したのでメールを確認すると、50通以上が未読。比較的、メールが少ない現場なのでこれほどの件数が未読になっているのは珍しいが、どれもこれも自分にはそれほど関係のない情報だった。そう思い込もうとしていたのかもしれない。

 システムエンジニアとしての今年初めての出勤日は、意外にも静かに過ぎていった。
 毎日、退社時に上司へ勤怠を連絡するメールを送ると、その返信の最後には次のように書かれていた。『今年も、頑張りましょう!』、と。その文章を見て、もっとお前が頑張れよ、と心の中で毒づいた自分。
 今年も前のめりにならずに、最低限の仕事だけをする仮面社畜として静かに過ごせますように。