淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

専門職ってそんなもの?

 昨日、自宅に業者が訪れて浴室のスイッチ交換の工事を試みたが、失敗に終わった。新しいスイッチに取り替えるどころか、工事中に配線をショートさせてしまい、浴室を換気する機械を壊してしまったのだ。

 電気についてはほとんど知識がない自分だが、業者が作業を始める時に、ある言葉をかけた。ブレーカーを落としますか、と。ショートの危険性以上に、作業者の安全性に気をつかったのだ。
 30代前半くらいに見えた作業者は、簡単な工事だから大丈夫だとはっきり答えた。全く電気知識のない自分が彼の作業を横で見ていたら気が散るだろうと、あえて別室で他のことをしていた。

 しばらくすると大きな音が室内に響き渡った。家を新築してから、数度しか聞いたことがない音が。
 業者が作業中に配線をショートさせたので、ブレーカーが上がったのだ。結果的に、自分が考えていた良くない想像が当たった。

 自分が浴室に向かうと、自分より歳下の彼が焦っているのがわかった。現場の様子と彼の確認を取ってからブレーカーを上げようとすると、自分の代わりに彼自身がブレーカーを触った。
 大丈夫ですか、と声をかけると彼は大丈夫だと答えた。心配になっていたが、一応は彼が専門職なことを信じて別室で待っていると彼に呼ばれたので、再度浴室に向かった。

 すると彼はとんでもないことを言い出した。浴室の換気扇は元々動いていたか、と。自分は呆れながらも動いていたことと、そのために入浴中も寒い思いをしているので、換気を停めるスイッチ工事を依頼したことを説明した。苛立っていたが、自分なりに感情は抑えていたと思う。
 自分の言葉に対して彼は引き下がり、作業を続けた。浴室付近の天井にある配線の確認の許可を自分に求めて。もちろん、彼に対して嫌とは言わなかった。

 その後1時間くらい彼は作業をしていたと思う。だが、結局このまま作業しても元には戻らないこと、今の状況をより詳しい人間と相談して日を改めたいことを、彼は自分に告げた。換気をする機械が壊れてしまったことが主な理由らしい。
 怒っても壊れたものは仕方がない。形あるものはいつか壊れる、と幼少時代から母親によく聞かされて育ったせいかもしれない。
 ただ、ひとつのことだけは確認した。今回のトラブルで壊れたと思う部分については、こちらの瑕疵ではないことを。彼は暗い表情をしながらも、自分の主張については逆らわなかった。

 夕方、現場のオフィスでシステムエンジニアとしての作業をしていると、スマホに着信があった。折り返すと、浴室の配線をショートさせた彼だった。
 壊してしまった機械の製造メーカーの人間と一緒に彼は、自宅を再度訪れたいと話した。もちろん、こちらとしては断る必要性はない。

 昨日、自宅の浴室配線の工事で起きたことを振り返ると、どうしても業者に対しての不信感が拭えない。電気の素人である自分からみても。
 自分の本業はシステムエンジニアなので、一応専門職。見る人が見たら、自分の仕事ぶりも人に多々な不安を与えているのかもしれない。