淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

金融と鉄道

 インフルエンザB型が治癒したことになったので、今朝は出勤した。1週間ぶりの堀田の街には何も変化を感じなかった。
 今日は1日マスクを装着していたが、インフルエンザが他人に感染することを慮ってではない。ただ、自分が花粉症の症状で苦しんでいるためだ。

 内科医で処方してもらった服薬、アレロックを使用すると花粉症の症状はかなり緩和されるが、強い副作用とも付き合わなくてはならない。その副作用とは睡魔だ。
 処方箋薬局の薬剤師に、仕事で機械の操作や車の運転をしないかを質問されたほどだ。パソコンも厳密にいえば、機械になるかもしれないのだが、そのときは気がつかなかったが。
 副作用と戦っていたせいか、午前中が長く感じた。結局、何度も戦いに負けて、何度か気を失っていたが。
 まだ、現場に入って2日目のこともあって、具体的な指示が出ていないせいもあるのだが。

 今の現場では正午にチャイムが鳴る。学校で鳴っていたような懐かしいチャイムが。その音が鳴り出すと、一目散にオフィスを飛び出した。
 堀田は工場の街なので、工場内の社員食堂でランチを食べる従業員が圧倒的に多いこともあって、お昼が食べられる店が極端に少ないからだ。特に地下鉄の駅周辺では。私鉄の駅まで足を伸ばせば、それなりにお店があるようだが。

 今日の昼食は印僑がもてなしてくれる、インドカレーの店で食べた。店の扉を開けると店内は、テーブルがふたつと4、5人が座れるカウンターがあり、女性の3人組が先客として奥のテーブルに陣取っていた。自分はカウンター隅のスツールに座った。
 しばらくすると、スーツをぎこちなく着こなした若い男性が入ってきた。彼はランチの注文をした後、何度も電話をかけたり、受けたりしていた。慣れていないせいか、かしこまった言葉で。就活、真最中なのだろう。

 自分が大学に進学していないので、就活を経験したことが無い。興味本位で彼にいくつか質問をしてみた。まずは、就活時期の解禁について。
 彼は時期が早まることについては、否定的だった。大学の勉強だけでなく、部活動に真剣に取り組んでいる学生にとっては、部活動に打ち込める時間が制約されてしまうことを気にしているようだった。

 次に彼の学部と、志望先の会社について尋ねた。経済学部に在籍していて、金融と鉄道の会社を目指しているようだった。
 唐突なオッサンの質問にも快く答えてくれた青年に、自分は素直な気持ちをぶつけた。金融と鉄道には、あまり関連性を感じないけれど、と。そうですね、と彼も素直に答えてくれた。頭こそかいていなかったが。
 自分の好奇心と暇つぶしに巻き込まれた彼の就職活動が、上手くいことを細やかながら願っている。