淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

暴走するGoogle先生

 スマホが故障したために、買い換えて一週間が過ぎた。データの引き継ぎなどがまだ完全には終わっていない。主なところではお財布ケータイ類のアプリなどの情報だ。
 朝食前にあるアプリデータの引き継ぎのための書類に必要事項を明記して、自宅から最寄りのポストまで投函してきた。昨夜からの雨がまだ残っていたので、傘をさしながら。

 帰り道に公園を横切ると、それほど気になっていなかった花壇が柔らかい春雨に洗われたせいか、色の彩度が増していた。
 目を奪われたので躊躇することなく、シャッターを切った。

f:id:mobemobe617:20190425110420j:plain
公園の花壇のスナップが鮮やか過ぎた。
 故障したスマホは、サムスンの『GALAXY S5』。買い換えた機種はシャープの『AQUOS sense』。実質無料機種だったので性能面で心配していたが、購入時に店員が説明してくれた通り、5年ほど前の機種と比べれば遜色はないと話してくれた通りだと、今のところは感じている。
 あえて言うならば、文字の入力がしづらいこと。同じOS、Androidなので文字の入力にそれほど差は無いだろうと考えていただけに、結構気になる。

 逆に良かったと感じている点もある。ガラ携時代から、初めてバッテリーが交換できないタイプの機種を選択したので、フル充電時にどれくらいスマホを使うことができるかを心配したが、今のところは困っていない。

 一番驚いているのは、Androidの標準アプリの『Google フォト』。仕事柄、困ったときには数え切れないほどGoogle先生に助けられてきたが、この先生はひと味違う。
 質問されたことを応えてくれるだけの先生とは違って、受け身ではないのだ。
play.google.com
 今まで携帯電話で撮りためた写真をバックアップ先から、新しいスマホの『AQUOS sense』へ無事戻し終わると、新しい先生、『Google フォト』は勝手に作業を始めたのだ。
 自分が過去にスマホで撮影した写真の中から見かねたものを、先生が勝手に修正を始めたのだ。
 色合いを変えるのは序の口、モノクロにして味わいを深めたり、普通のサイズの写真をパノラマ写真へ加工もしてくれた。
 また、写真の向きがおかしいと思われるものをリストアップして注意もされた。

f:id:mobemobe617:20190425105146p:plainf:id:mobemobe617:20190425105136p:plainf:id:mobemobe617:20190425105312p:plainf:id:mobemobe617:20190425105318p:plain
グーグルフォトのアシスタント機能が勝手に作業をしてくれた数々。
f:id:mobemobe617:20190425105446j:plainf:id:mobemobe617:20190425105518j:plainf:id:mobemobe617:20190425105543j:plain
色合いを変えるのは、序の口。
f:id:mobemobe617:20190425105354j:plain
パノラマ写真に変えてくれた。
f:id:mobemobe617:20190425105332j:plain
モノクロにして味わいを演出してくれた。
 極めつけは関連した写真を集めて、BGM付きのムービーまで作成してくれたのだ。先生が作成してくれたムービーは昨年の今頃、娘とハイキングに行った時のものだったので、感慨深かったし自分の心も揺さぶられた。

 調子に乗って自分も先生の真似をして、昨夏に参加した災害ボランティアの写真を集めてムービーを作成したら、処女作としてはなかなかの作品に仕上がった。
 新しいグーグル先生への畏敬の念がより深まった。スマホだけでなく、パソコンでも一度利用してみることを考えている。