淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

自動車税と駐車場の使用料

 次の仕事の話で神戸へ出かけた連載中に、blogの執筆を放り出したくなるようなことが起こっていたし、そのことについて久し振りに怒れてきた。原因の張本人は、別居中の妻だ。

 先日、自宅に届いていた彼女の自動車税の納付書を彼女の実家まで届けたのだが、うっかり自分のものと間違えていたことに気がついた。
 妻が所有している車はコンパクトカー、自分が乗車しているのは10年以上も乗っている2リッタークラスのボロ車なので、自動車税の金額が随分違う。

 自動車税の納付期限が5月末までだったので、納付書を交換するために嫁の実家を訪れようとしたら、さりげなく断られた。ついでに、娘に自分が使っていたカメラをプレゼントするつもりだったのに。

f:id:mobemobe617:20190604204429j:plain
妻に自動車税の納付書の交換を申し入れたメール。
 すると、自分が送ったメールに妻が思わぬツッコミを入れてきた。
 恥ずかしい話だが、妻が職場近くで借りている駐車場の利用料金の支払いを忘れていたことがあり、不動産屋から自分に連絡があったので、2ヶ月分建て替えたことがあったのだ。
 その駐車場は駅にも近くて利便性が高いため、人気の場所だったが思わぬ理由でスムーズに契約することができた。
 妻が不動産屋へ訪れた時、自分も連れ添っていた。その時、店の奥から知った顔が覗いたのだ。中学校の同級生がその不動産屋で働いていたからだ。同級生が口添えしてくれたこともあって、良い場所をスムーズに駐車場を借りられたのだ。
f:id:mobemobe617:20190604204424j:plain
妻から詰問された文面。
 逆に駐車場の料金を滞納していたら、自分によくしてくれた友人の顔に泥を塗ることになると思って、遅れていた月の料金だけでなく、一月分を先払いしたのだ。
 てっきり、そのことを妻は知っていると思っていたのだが、気がついていなかったことが露呈した。
 どちらにしろ、自分がお金を建て替えたことに対して、一言も言葉を貰えていないことには変わらないのだが。
 それどころか、いつ支払ったのかを詰問されたのだ。さすがに呆れたし、久し振りに妻に頭にもきた。
 もう、彼女には何も期待していないつもりだったが、多少は信じている部分が残っていたからだろう。

 2ヶ月分の料金を支払ったことは覚えていたが、いつだったかは自分もすぐには思い出せなかった。まず、不動産屋に電話で確認したが、ここ1年以内ではないことがわかった。
 自分もネットバンクのサービスを使って調べると、2017年の10月だったことがわかった。自分の記憶は間違っていなかったのだ。

f:id:mobemobe617:20190604204416j:plainf:id:mobemobe617:20190604210353p:plain
↑いつ支払ったのかを自分が答えた文面。↓その証拠。
 支払った時期がわかったので、収まりがつくかと思ったら、今度は何故自分が支払ったのかを聞いてきた彼女。お礼の言葉も全くなく。
 妻は無敵だ。少なくとも自分に対しては……。
f:id:mobemobe617:20190604204420j:plain
何故、支払ったのかをさらに聞いてくる妻。お礼の言葉は何一つなかった……。

f:id:mobemobe617:20190604174115j:plain
生臭い話に最後までお付き合いありがとうございました。新しいカメラで撮ったワンショットで少しは和んで下さいませ。