淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

紫陽花

 天気予報によると今日も一日晴れの予報だ。梅雨入りしたもののここ何日は雨らしい雨が降っていない。

 雨こそ降っていないものの紫陽花の花を見かけることが多くなってきた。紫陽花はやっぱり雨に濡れたまましっとりと咲くのが美しいと思うのだが、梅雨の晴れ間に凛とした姿を見るのも悪い気はしない。

 紫陽花を見るとマスヲが高校生のころに憧れていた国語の女の先生を思い出す。
 彼女はそのころ20代の半ばで、マスヲが高校3年生の時に現代文の授業を担当してくれていた。
 彼女がある日の授業中の雑談で異性からの交際の返事などの綺麗な断り方で次のように話してくれた。
『紫陽花が散るころまでには返事をするわ』、と。

 紫陽花は散らないまま花全体の色が変わっていき、やがて朽ち果てていく。桜や梅などのようにわかりやすく散ることのない花なのだ。
 紫陽花が散るころまでに返事をする、というのは返事をしないことと同じことだということを、少し照れながら彼女が説明していたのを思い出した。

 マスヲの高校3年生のクラスは理系の進路を選択したために男子クラスだった。男子クラスというのは女生徒の目がないことをいいことにろくなことをしないものだ。

 高校や中学などでは科目毎に先生が違うために教卓に座席表が置いてあるのが普通だろう。
 その座席表にマスヲの先生への思いを知る同級生がある日イタズラをした。
 なんかその日の先生の態度がおかしいのだ。全体的によそよそしく、特にマスヲとは目も合わそうともしない。
 そして授業が終わって彼女は教室から出て行った。

 彼女が退出したあとにクラスメートが教卓にある座席表をマスヲのところに持ってきた。
 するとマスヲの座席表の欄に『○×先生が好きです』と書いてあったのだった。
 それを見てマスヲは強烈に恥ずかしくなってきたし、誰が書いたのかと激しく怒っていたと思う。
 彼女の授業が始まる前にイタズラ書きをしたらしいのだが、今思うとそれも懐かしい思い出だ。

 先日、同級生が経営しているラーメン屋を訪れたら同級生がその先生が時々食べに来てくれると話していた。
 今では50歳を少し過ぎているころだと思うが自分が憧れた女性にはいつまでも素敵でいて欲しいと思っている。

f:id:mobemobe617:20170614122103j:image