淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

軽い

 眠る前は多少蒸し暑かったが、肌寒さを覚えたので目が覚めた。
 梅雨らしい日、雨や曇が多い日が続いているのでこのごろの目の覚め方はそんな感じだ。
 諦めたような気持ちでスマホを見て時間を確認すると驚いた。7:30を過ぎていたから。
 ベッドに入ったのは日付が変わる前。眠りにつくことができたのはおそらく、それから20分ほど後くらいだろう。
 7時間近くも途中で目が覚めることなく眠れたのは、最近では記憶にない。

 お手洗いへ行くためにベッドから出ると身体が軽かった。
 休日らしく寝たままの格好で和定食を作り、散らかったままのリビングの机に並べて食べ始めると、いつもの朝食よりも美味しく感じた。

f:id:mobemobe617:20200712162040j:plain
さきほど撮ってきたばかりのスナップ。

 食べた食器を片付けると出かけた。スニーカーを履き、自転車の鍵を持って。
 歩いて向かった先は自宅からの最寄り駅。自転車だと5分、ゆっくり歩くと10分はかかる。

 梅雨の真っ只中とは思えなかった。時折、爽やかな風が吹き抜けていったから。
 見上げると雲は多かったが、コントラストが面白い青空が広がっていた。

 そんな中を歩くのは気持ちよかったが、すぐに後悔もした。何故カメラを持ってこなかったのかを。
 いつもよく見ているような何気ない景色でも、ほんの少しのことで、感じ方が違うのを改めて確認させられた。

 最近、ポートレートを撮る前には、前ロケに行くことが増えている。前日までに時間が調整できるときには、ポートレートを撮る予定になっている同じ時間を選んで。明るさや影などの環境が近くなるはずだから。
 地球は回っているので前ロケでイメージを掴んでいても、想定したような写真にはほとんどならない。
 それもある意味では、ポートレートの面白さのひとつだろう。

 昨晩、熟睡できた理由を考えると一つの理由に行き当たった。その理由とは昨日の日中にポートレートを撮ったこと。
 カメラ、レンズ、ストロボや三脚などの荷物を持ち歩くだけで今からの季節はすぐに汗が出る。
 それなりの重さがある荷物を持ち運びながら、撮影スポットを探し求めて1時間以上も歩いても、あまり苦痛に感じないのが不思議なのはどうしてだろう? 面倒臭がりで怠惰なはずの自分なのに。

 先週は在宅勤務を理由にして平日はほとんど出歩かなかった。スマホ歩数計がゼロを記録した日は一度や二度ではなかった。
 昨日は久しぶりによく歩いたし、楽しい時間を過ごせたのでよく眠れたのではないだろうか。

 ポートレートを本格的に撮り始めて二年目。そして二度目の夏。
 夏らしくて自分が気に行った写真が一枚でも撮りたい。そんなことを考えながら過ごしていると、得意ではない夏を楽しく過ごせるかもしれない。

f:id:mobemobe617:20200712115717j:plain
今日の写真のモデルは砂月蛍さん。さくらフォト撮影会にて撮影。

夜の帳の中の白いマスク

 昨日は第二金曜日。町内の防犯パトロールの日だった。
 服薬している薬が無くなったから、仕事後に街中まで通院しなければならなかった。パトロールの開始時間までに間に合うかは微妙だったが、なんとか間に合った。
 20時に待ち合わせ場所になっている近所の公園に行くと、自分以外のメンバーはすでに集まっていた。全員が白いマスクを着けて。

 昨夜、町内を一緒に歩いたメンバーでは自分がブッチギリで最年少。
 毎月、きちんと参加している訳ではない自分が言うのもなんだが、現役世代の他の世帯主たちはそんなに忙しいのだろうか。
 新しい感染症を恐れているために、近所のちょっとした手助けには、参加する気が起きないのだろうか。

f:id:mobemobe617:20200711161632j:plain
青空がそろそろ懐かしい。

 自分を除くと他のメンバーの平均年齢はおそらく80歳オーバー。
 自分ともう一人の参加者以外は、歩くのもしんどそうな人たちだった。
 自分ともう一人で町内の隅まで歩いている間に、ほかのメンバーにはショートカットしてもらったほどだ。

 パトロールに従事する時間は20時から40分ほど。歩数は4000歩弱くらい。しかも、たったの月に一回。
 組長は防犯パトロールに参加することが求められてはいるが、昨夜は明らかに組長の全員が参加していなかった。
 最近の流行ではないが罰則の規定はないし、もちろん対価として金銭などが支払われる訳でもない。

 自分とほぼ一緒に歩いた人は二代前の町内会長。
 この文章を書いている途中まで疑問にすら思わなかったが、今の町内会長も先代の町内会長も全員が男性。
 日本で女性の総理大臣が誕生するのと、自分の町内の会長に女性が就くのと、どちらが先になるのだろう? それらを自分は見届けることはできるのだろうか。

 一緒に防犯パトロールを担ったメンバーは友人でもなく、仕事関係でもない。親せきや身内でもない彼ら。
 時には近所のつまらないゴシップなども話題になったが、昨日は彼らが口にする何もかもが新鮮だった。

 今週の長雨によって各地で発生している自然災害については、それなりには気になっている。
 今の自分にとっては正直、それなりなのだ。他人事にしか感じなくなってしまっている。
 二年間に岐阜県の関市まで出かけてボランティア活動した自分はどこに行ってしまったのだろう?
hatehatehahaha.hatenablog.com
 もちろん自分を変えた一番の原因は自分自身。
 だが、それでも他の要因もあったと思いたい。変わってしまった自分について考えるときに、逃げ道がないのは辛いから。

f:id:mobemobe617:20200711161301j:plain
今日の写真のモデルはりなさん。

春日井

 定時になると、待ち構えていたようにパソコンの電源を落とした昨日。
 靴下を履き、短パンをGパンに着替えて最寄りの駅まで自転車にまたがってペダルを漕いだ。

 自転車を停めて、ホームに向かうと来た電車に飛び乗って、ターミナル駅で降りた。
 JRに乗り換える前にATMに向かった。

 もともと、キャッシュレス決済を多く利用していたが、コロナ禍になってからはより現金の使用を控えている。
 ATMを利用する回数はこれまでよりもかなり減っている。
 昨日は五十日でも週末でもないのにATMを利用するために、それなりに待たされた。

 そういえばATM端末の付近にアルコール消毒液が置かれているのを見たことがない。
 ある病院では職員同士が共用していたタブレットが原因で院内感染が広がったというニュースは、無かったことになっているのだろうか

 現金を下ろすとJRのホームに向かった。
 ホームに滑り込んできた電車は、なんとかシートに座れるほどの乗客。
 乗り込むとその電車がホームライナーだと気がついたので、すぐにホームに戻った。
 自分が目的としていた駅、春日井には停車しなかったからだ。
 夕方、しかも都心から郊外へ向かう電車なので、ある程度の混雑は想定していたのだが、思ったより空いていたのでラッキーだと思っていたのに。

 数分待って次にホームに停まった電車は、自分が考えていたよりもはるかに乗客が多かった。正直、乗車に少し怯んだ。
 昨日、東京都内で過去最高の新型コロナの感染者が報告されたことを気にしていたからだ。

 入り口近くに立ったままで数駅乗車したが、自分がその間に感染したかは、今はまだ知る由もない。
 もっともすでに感染していて、抗体を持っている可能性だって完全には否定できない。

 春日井駅で電車を降りた。春日井は自治体の単位としては市であり、自分が住んでいる名古屋市の隣。
 祖母の妹が住んでいたので、子供のころは彼女の家まで祖母に連れられて何回か遊びに行ったことを覚えている。

f:id:mobemobe617:20200710232817j:plain
昨日、春日井駅前のロータリーにて。

 駅前近辺は車でよく通るが、春日井駅を利用したのは初めてだった。
 駅舎は建て替えたばかりなのか綺麗だったが、駅前のロータリーには古臭さを覚えた。

 ロータリーを通り抜けて歩いた。ある人と二人で呑む約束をしていたからだ。
 約束していた店は昔からあるチェーン店の居酒屋。立地は駅前から歩いて数分だった。
 雨が続いていたせいか、店の入り口に置いてあった傘立てだけが賑わっていた。

f:id:mobemobe617:20200710232439j:plain
今日の写真のモデルは夏凜さん。

部屋干し

 自宅にある洗濯機はTOSHIBAのドラム型。妻の両親が嫁入り道具として買ってくれたものだ。
 使い始めて20年近くになるが、調子がおかしくなったのは一度だけ。メーカーに訪問修理を依頼して、なんとか今も使えている。
 ドラム型なので乾燥機能もついているが、ほとんど使ったことがない。

 天候が悪い日が続いても妻は洗濯機で洗ったものを乾かさずに室内で干していた。
 妻と知り合うまでは部屋干ししても、変な匂いが着かない機能を持った洗剤があることを知らなかった自分。

 妻が実家に戻ってから、まもなく七年。
 おかげですっかり独り暮らしに慣れた。
 今さら他人の誰かと暮らすのは、自分勝手でワガママ過ぎる自分には、難しいだろう。
 もし、誰かと一緒に生活したならば、相手はもちろんのこと自分もストレスで一杯一杯になるのが目に見えている。

 子供が産まれてからは、自分が着たものは自分で洗濯するように妻から命令された。
 それから今までずっと一人分の洗濯を続けているし、死ぬまで続けることになるだろう。
 それまでに何回かは、洗濯機を買い換えることにはなるのだろうが。

 今週は雨が続いたので晴れる日まで我慢しようと思ったが、それも昨日まで。
 部屋干し覚悟で洗濯機を回したら、干している最中に雨が上がったので、洗濯物をベランダに移した。

 仕事中に洗濯機を操作したり、洗濯物を干したりできるのは在宅勤務のメリットのひとつ。
 在宅勤務を始めたころ、気が小さくて変に真面目なところがある自分には、思いつかなかったことだった。
 だんだんと怠惰な方へ自分が流されていくのを感じているが、そんな自分を人間臭いとも思う。

 新型コロナの影響を受けて明らかに洗濯機の稼働率は上がった。洗剤が減っていくペースも速くなっている。
 往復の通勤で3時間もかけていた三月までだったら、かなりの負担だった。在宅勤務の今だからこそ、できている気がする。

 マスク、ハンドクリーナー、アルコール消毒液、小麦粉やホットケーキミックスなどが新型コロナの影響で売り上げが上がったようだ。洗濯用洗剤もそうではないだろうか。
 今、自分が何かの株に投資をするならば、それらの製造や販売をしているメーカーに着目するかもしれない。

 洗剤の消費が落ちる日がくるのを、望んでいる自分がいる。七夕を過ぎても天の川が見えない梅雨の夜更けに。

f:id:mobemobe617:20200709001236j:plain
今日の写真のモデルはれおなさん。

そろそろ

 今の現場で働くのは残り二十日。
 一昨日の火曜日に現場のリーダーとZOOMで打ち合わせをしている時に、正式に告知された。
 力になれなくて申し訳ない、とリーダーは口にしたが自分は微妙な心持ちで聞いていた。
 逆に馬鹿にされているような気がしたからだ。

f:id:mobemobe617:20200708200648j:plain
先週末に撮ったスナップ。
 契約については前から言われていたこと。
 自分が所属する会社は、次の仕事を探しているはずだ。
 仮に自分がお手伝いさせてもらう仕事が見つからないとしても、自社の営業と自分の能力に問題があるだけだ。
 もちろん、どちらも絶対的なものではなくて、その時その時で相対化されてしまうものなのだろうが。

 コロナ禍で先の見通しがつかないと考えているのは、個人も組織も同じこと。
 当然、企業は先行投資を減らしているので次の自分の仕事がすぐに見つからない可能性は、それほどに低くはないだろう。

 今の自分が所属している会社の場合、現場で作業していないと給料が大幅に減額されてしまうので、そろそろ準備が必要だと考え始めた。
 考えている準備とは副業を探すこと。
 探している条件は二つ。一つは自分が興味を覚える仕事。もう一つは深夜に働けること

 見つかれば明日からでも働く気は満々だ。在宅勤務なので、昼間は自宅でパソコンに向かいながらうたた寝していたって構わない。
 作業の生産性が悪いことをお客から咎められたとしても、お世話になるのは、どうせあとわずか。
 多少の小言を言われたとしても、この先の自分のお金について面倒を見てくれる訳ではないので、気にしている場合ではないだろう。

 実際にネットで仕事を探してみた。
 自宅から通える範囲ですぐに見つかったのは、カラオケボックスとコンビニのスタッフ。
 確かにどちらも深夜に働けそうだが、面白そうには思えなかったので、応募する気は起きなかった。少なくとも今は。
 それでも、仕事を選べないほどに困る日が来るとも限らない。情報は少しでも集めておかなければならないだろう。

 昨年、知人から何回か誘われた深夜の作業があった。
 その時は乗り気ではなかったが、つくづく今だったらと思う。
 簡単な資格を取得する必要はあるらしいが、給料の割に作業自体は楽だと聞いていたから。

 ちなみにその仕事に誘ってくれた人は自分と同じ歳。昼間は自分で会社を営んでいるし、昨年に新居を建てたほどにバイタリティにあふれている。
 今の奥さんとは互いに再婚。少々訳ありの結婚のようだが、自分から見たら羨ましいほどの容姿の女性だ。

 素敵な異性と巡り会ったとしたら、残りの人生を自分はエネルギッシュに生きられるのだろうか。
 ありない仮定を通り越して妄想になってしまったので筆を置こうと思う。

f:id:mobemobe617:20200708200219j:plain
今日の写真のモデルは真辺あゆみさん。