淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

生き続けていられる理由

昨夜は疲労困憊していた。 娘を妻の元へ送った後は何度か寝落ちしそうだったが、入浴とblogを書き上げることだけは出来た。 目が覚めても疲れが残っているかと思ったら、意外と身体は軽くベッドからすんなりと出ることができた。 味噌汁を作って朝食を食べた…

So long!

今日は久しぶりに娘と一緒に過ごした。コロナ禍になる前に一緒にスキーに行って以来だったが、娘に自分の顔は忘れられてはいなかった。 娘と会っていの一番に向かった先は墓地。父とその両親が眠っている墓に二人で手を合わせた。 自分は彼岸だった先週、お…

東下り

昨日は今日と違って朝からよい天気。 秋晴れの下、車で午前の遅い時間に家を出た。猿投グリーンロードを東、三河方面に下った。 猿投グリーンロードは愛知県が管理する全長13.1㎞の有料道路。走行料金は普通車だと300円でETCにも対応している。というか対応…

道を尋ねてきた老婦人

昨日の夕食にナメコ汁を作ろうとしたら冷蔵庫には豆腐がなかったので、近くのコンビニまで買いに行くことにした。 自分の中ではナメコ汁にはナメコと同じくらい、豆腐がかかせないからだ。ちなみに味噌は白。この点も譲れない。 ナメコ汁に豆腐の代わりに揚…

フライパン

愛用していた鉄製のフライパンに穴があいて二週間ほど。直径が20㎝ほどだったので、一人分の料理を作るのには丁度よい大きさだった。 他に使えるフライパンは直径が二回りほど大きくて電磁調理器にも対応したテフロン加工のごついもの。大きすぎるだけでなく…

覚王山日泰寺の参道

午前中、覚王山日泰寺の近辺でポートレートを撮影していた。七月にも別のモデルさんを撮影したのでその地でのポートレートの撮影は二度目。 マスクをして重いカメラバッグを背負って歩いても、汗が止まらないような季節ではなくなった。 ちなみに覚王山と書…

スガキヤへのノスタルジー

足裏マッサージを受けたが少なくとも半年以上は施術を受けていなかったので、全体的に施術者の指が入らないほどに、今日の足の裏はカチカチだったようだ。 施術者が素敵な女性だったこともあり、自然と自分の口は軽くなった。 会話をしていると施術してくれ…

出会いの手段

土曜日は自分にとってはラジオ曜日。楽しみにしているラジオ番組がふたつあるからだ。 ひとつは『福山雅治 福のラジオ』、もうひとつは『リリー・フランキー「スナック ラジオ」』。 自分は器の小さく僻みっぽい人間なので、福山雅治のようにモテそうな男性…

シルバーウィーク

今年は久しぶりのシルバーウィークとなったが、連休を満喫しようとしている人はどれくらいいるのだろう? 初日の今日、都市部の空港や駅などでは出かける多くの人で賑わっていた様子をニュースで知った。 自分としては正直、微妙な気はしたが。八月に沖縄で…

妙齢の女性たちの視線を集めていた彼

夕方、歯科医に通院した。ここ数週は午前中に診療を受けていたが、予約の空きの都合で今日は夕方だった。 駐車場に車を停めると隣の車の運転席には婦人。家族の送迎のために車内で待っていたのだろうか。 車から降りてクリニックの扉を開けると子供の大きな…

働かなければならない理由

二週間ぶりに会社の人間に会った。 自分と同じようなオッサンに会って、面白くないことを言われただけだ。心の中で何度か相手に毒づきながら。 今日、撮ったスナップ。テレビ塔の周辺がキレイになってました。 先日、昨シーズン灯油の巡回販売をさせてもらっ…

インターホン

自分の感覚では一戸建ての家にはインターホンが二つ付いているのが普通だと思っているが、一般的にはどうなのだろう? 門と玄関の二カ所に備わっているのが。 宅配便のドライバーとして働いていた時に、他のドライバーが次のようなクレームを本社に入れられ…

JUST A MAN IN LOVE

昨夜、昔からの友人に焼き肉をご馳走になった。 二人で訪れた焼き肉屋は、その友人がかつて住んでいたところから数百メートルほどの距離。 それにも関わらず、友人は一度も来店したことがなかったので、ずっと気になっていたらしい。 自分は一度だけ訪れたこ…

映えるようなスポットでなくても

朝から爽やかに晴れていたせいなのだろうか、寝起きから心身ともに軽かった。 久しぶりにどこかを散歩したくなったので、朝食を食べるとすぐに車で家を出た。 向かった先は有松。古い町並みを写真に撮ろうと思ったからだ。 www.aichi-now.jp 先日、又吉直樹…

OFF

のび太君顔負けの生活がすっかり板についてきた。 起床時間は自由、お腹が空いたらベッドから起き、眠くなったらすぐ横になる。 遅刻しながらでも小学校に通い、ジャイアンやしずかちゃんと遊んでいるだけ、今の自分よりはのび太君の方が勤勉だろう。 仕事を…

チキン南蛮

節約しながら美味しいものを食べようとしたら、自分で作るのが手っ取り早い。 最近味わっていないこともあってか、チキン南蛮が食べたくなったので、材料を準備していた昨夕。 昨日は第二金曜日、町内の夜回り当番の日。雨が降っていれば夜回りは中止になる…

フレンチクルーラー

夕方、スーパーに向かった。冷蔵庫の中にある食材が減ってきたので買い出しのために。 お金も減るし、出かけるのを億劫に感じたが仕方がない。仙人のように霞だけ食べて暮らせる訳ではないから。 久しぶりにスナップを一枚。 スーパーの店内ではなるべく余分…

変わり目

昨日に続き今日も雨が降った。日差しも少しのぞいたが夕方には雷が鳴った。 今、この文章を風呂上がりに書いているが、少し肌寒い。 ここ数日、天気が落ち着かないのは季節の変わり目だからなのだろうか。 夏が少しだけ遠くに感じるようになったせいか、唐突…

シャトレーゼとファミリーマート

すっきりしない天気のせいか、朝から身体の調子が優れなかった。頭が鈍く痛むし、胃は持たれたまま。身体にはドカンと重しが乗ったような感覚がする。 アラフィフにもなれば、それくらいの不調はどうしようもないのかもしれないが。たった数百年前だったら隠…

欲求

すっかりだらけた生活が板についてきたが悪いことだとは思っていない。 といっても、今朝は少し起きる時間を気にした。可燃ゴミを捨てる日だったから。 ここ二三日、日中の大半は横になっている。寝室から出てからも、重力に逆らわずに臥せっていることが多…

採血室での自己主張

ここのところ、すっかり出不精になっている。 薬が少なくなってきたので耳鼻科に行かなければならなかったが、朝からウダウダしたまま夕方になってしまった。 テレビを見ることもなく、ネットもほとんど見なかった。疲れないていどに時折、本を開いた他はず…

辞めどき

思いつきでも何かを始めるのは意外と面倒だし、続けることも難しい。 といって、自分の意思で何かを辞めることも簡単ではない気がする。 かつて社員が30人ほどの会社に勤めていたことがあったが、離婚経験者は男女半々の2人ずつの4人だった。4/30なので約7…

夏らしいことはできなかったけれど

朝から過ごしやすい。窓を閉め切って寝ていたが、明け方には肌寒さを感じたほどだ。 惰眠をむさぼっていたが洗濯物が気になったので、ベランダへ干すためにベッドから起きた。 午後に一時的な雨の予報が出ているとは思えないほど空は青かった。柔らかな陽射…

まな板の上

午前中の早い時間に歯科医へ行ってきた。診察の予約時間は8:15。朝の通勤ラッシュと重なる時間だった。 雨が降り出しそうな空だったので車で向かったが、遅刻するかとヒヤヒヤしたが間に合った。思ったよりも道が空いていたから。 自宅待機になっているため…

クリニックからの帰り道に

観念的、抽象的なことについてこのごろはよく考え続けてしまう。 小説を書くためには避けて通れないので、多少は仕方がないのだろうが、一線を越えてしまった気がする。はまってはいけない沼にはまってしまったのだろうか。 そんなことをよく考えていた20代…

街の風景

一ヶ月ぶりに自分が所属している会社の人間に会った。次の仕事の候補の話と客先への面接のために。 待ち合わせ場所は名古屋駅、日時は昨日の16時過ぎであることが、前もって営業からメールで知らされていた。 自宅から名古屋駅へ公共交通機関で向かうにはい…

何を食べるかではなく

持つべきものは友だと思う。付合いが長い昔からの友ならば尚更だ。 このblogに書いているここ最近の内容から自分の気持ちの状態を心配してくれた友人が食事に誘ってくれた。 流行病のせいもあって、気持ちが落ち着かないまま今年は時間だけが急ぎ足で過ぎて…

しくじり世代の負け組二人

高校時代に同じ部活だった友人と昨日の白昼に電話で話していた。お互いに今の状況が似ていることもあって話が盛り上がって、夕方には一緒に呑むことになった。 自分たちが所属していたのは放送部。文化部だったが、活動事態は活発で、大会などで遺した成績は…

身近な占い師の見立てによると

かつては死後のことについてよく考えていた。死後の世界はあるのか、死んだあとに自分がどうなるのか、死んだ自分のことをその後の世界ではどう扱われるかなどなど。 この世で自分が消えたとしても、爪痕として何かを遺したいと思いはじめたことが自分の中で…

眠れなかった理由

昨日の午後に、我らの首相がまた仕事を投げ出すことが報じられた。その後には友人の幾人かから、SNSでのメッセージやメールなどが届いた。 シンゾウくんを自分が快く思っていないことが知られているからだろう。友人の何人かはこのblogも読んでくれているの…