淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

世間様は何故不倫に目くじらを立てるのか

 ある週刊誌がことさら不倫を取り上げるからなのか、それともそのようなことを記事にすると週刊誌が売れるからなのかは分からないが、このところテレビやインターネットで不倫というキーワードが多く取り上げる。

 きっかけはベッキーだった気がするし、最近大きく取り上げられているのは斉藤由貴と代議士の山尾志桜里だろう。
 多様なタイプに惹かれやすいマスヲでも、ベッキー山尾志桜里の2人は全くタイプではなない。ベッキーに至っては何で彼女みたいに見かけもたいしたこともないし、面白いことを話すわけでもないのにタレントとして芸能界でポジションを築いてきたのか不思議で仕方がない。

 副業先のラーメン屋の責任者が昔、彼女を絶賛していたが不思議で仕方がなかった。彼はマスヲより5歳ほど年長だがマスヲよりもストライクゾーンがかなり広いし、酷い。彼のようなワイドなストライクゾーンを持つ男性が多かったから彼女のようなタレントに需要があったのだろうか。あくまでこれはマスヲの仮定だが。

 不倫は民法上の不貞行為に当たる可能性があるだけで、お互いの身内なども含めた当事者しか関係ないことだというのがマスヲの見解だ。
 50歳を過ぎても魅力的な斉藤由貴はマスコミに追い回され、山尾志桜里民進党のエースだったのに離党することになり、議員辞職の噂まで流れていた。
 マスヲは1人の有権者として、彼女は離党する必要もなかったし、代議士を辞める必要もないと断定する。
 昔から男性の政治家だったら愛人を囲っているなんて話はざらで、最近見直されつつある田中角栄元首相も愛人との間に子供を作っているのは有名な話であるはずだ。

 では何故、最近の世間様はこんなにも不倫をしている人たちをパッシングするのだろうか。
 景気が悪くなると世間様は厳しくなると何かの本で読んだ。最近、安倍首相の支持率の低下とともにアベノミクス神話にも陰りが出てきている。自分たちの暮らしが厳しいと考えている庶民も多いだろう。
 そういう観点から考えると、日々の生活が厳しい人たちのわかり易いスケープゴートとして著名人の不倫をバッシングしているのではないだろうか。

 また、生涯未婚率や独身の特定のパートナーがいない人が増えていることも統計上証明されている。
 そういう人たちも不倫を僻んでいるのではないだろうか。
 収入を増やすこと簡単ではないが、他人の色恋を羨ましがっているくらいなら、ほんの少しの勇気を持って行動を起こせないのだろうかと、マスヲは思わずにはいられない。