淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

2018年も1/3が過ぎて

 ゴールデンウイークも残りあと2日。今日は特に予定もなく、のんびりと過ごしている。
 起床したのは6時過ぎ。洗濯をして、朝食を食べてから書きはじめている新しい小説の続きを書いた。
 9時を過ぎるとクリーニングに出してあった冬用のスーツとコートを受け取りに行き、そのままスーパー銭湯へ。大きな浴槽での朝風呂なんて、久しぶりの贅沢だ。

 帰宅すると、溜め撮りしてあったテレビのバラエティ番組をお昼過ぎまで楽しんだ。
 区切りがつくと、昼食を作るためにキッチンに立った。そばを茹でて水で締める。天ぷらを揚げて、大根おろしをおろした。
 冷たいそばに揚げたての天ぷらと大根おろしと刻み海苔を乗せてから、そばつゆをかけた。昼食は天ぷらおろしそばを食べた。
 食後に安いシュークリームを食べてコーヒーを飲みながら、のんびりと14時を待った。甲子園での阪神戦をテレビ観戦するためだ。

 14時を過ぎるとテレビの前で、ドラゴンズを応援した。残念ながら試合は阪神ワンサイドゲーム。ドラゴンズは負けたが、それ以上に気分が悪かったことがある。中継したアナウンサーと解説者による実況があまりにも偏っていたからだ。いくらCS放送で関西よりの系列局でも、聴いていて気分が悪かった。解説者は阪神のOBだったので、彼の言葉が偏るのはわかる。だが、アナウンサーによる実況はもう少し、配慮が欲しかった。
 マスコミに公平さを求めることにある程度諦めてはいるが、ものには限度というものがあるはずだ。例え、それがプロ野球中継であっても、自分は気になるのだ。

 連休中の先日に、久しぶりに再会した友人はグラスを傾けながら、あることを打ち明けてくれた。今の仕事を辞めて関西に移り住むことを。
 彼にそのことを聞いてから、そのことが時々思い返されて気になっている。
 彼とは、年に1回は名古屋ドームで野球観戦をしていた。勝ち試合が多かったわけではないけれど、観戦した試合の中には、ポストシーズンの試合もあった。いくつかあった。
 彼との友情が終わってしまうわけではないが、名古屋ドームで一緒に野球を見る機会は減ってしまうだろう。彼は来週には名古屋を去ってしまうからだ。

 今年はまだ1/3しか過ぎていないが、自分の友人の退職の話を聞いたのは彼で3人目。
 来週転居する友人以外の2人は県内にそのまま居住を続ける。だが、彼ら2人は初めての退職なのだ。
 複数回の転職を繰り返して、履歴書の経歴欄に書ききれないほどの自分とは重みが全く違うはずだ。
 転居してまで転職する友人は、次の会社で3社目になるが、子供2人と妻を伴っての転居となる。よって、彼だけでなく家族それぞれの転機になる可能性もあるだろう。

 2018年の残りはほぼ2/3残っている。他の自分のまわりの人間にもターニングポイントは訪れるのだろうか。今の会社の在籍が5年目になろうとする自分が、ひょっとして年内に退職したりして。当たり前だが、誰も未来ことはわからない。