淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

春雨のお彼岸

 お彼岸の中日の今日は朝から雨。実は昨日まで、自分の退職騒ぎのことで春のお彼岸に入ったことをすっかり忘れていた。
 雨が小降りになった頃合いを見計らって、我が家の墓地に車で向かった。その墓地は実家から歩いて5分ほどの距離で、我が家が檀家になっている寺の敷地内にある。父だけでなく祖父祖母も眠っている。

 雨で足下が悪いせいか菩提寺の駐車場に車はなく、墓地にも人影はなかった。春雨に濡れそぼっている墓地。映画、ドラマやアニメなどでよく描かれそうなシチュエーションだったが、人がいなければストーリーも始まりようがない。
 雨の中だったので線香を焚かずに、ただ手を合わせた。特に父親のことを思って。

 今も人生に迷っていない訳ではないが、それ以上に悩んでいた30歳のある日、亡父が素晴らしい助言をしてくれたのが忘れられない。
 その助言とは、次のようなものだった。仕事を大きく分けると、モノを作るかモノを売るかのどちらかだと。自分がどちらに適性があるか、自分はどちらが好きかを考えろ、と。
 その言葉から自分はモノを作る仕事である、エンジニアの道を歩き始めた。適性があるかは今でもわからないが。

 墓参りから帰ってきて昼食を済ますと、左胸の疼きもあって何もする気が起きなかった。リビングで横になっていると、いつの間にか寝てしまっていた。
 インターホンが鳴ったので、眼鏡もかけずに玄関の扉を開けた。自分のことを君付けで呼びかけた男性が立っていた。会社の社長だった。私服姿の見たことがない若い男性が、社長に寄り添っていた。

 社長に尋ねられた。寝ていたのか、と。調子が悪かったので、と答えた。肋骨の痛みのことは伝えなかったが。
 現場オフィスのセキュリティーカードの返却を求められたので、通勤鞄の中に入ったままになっていたカードを手渡した。
 社長はカードを受け取ると、次の言葉を残して去って行った。月末になったら保険証を返却するように、と。
 自分の退職が受け入れられたということだろう。ホッとしたというより、脱力したというのが近いだろう。

 それにしても、社長に寄り添っていた若い男性は誰なのだろう? 何故、社長は祝日である今日にわざわざ自宅まで尋ねてきたのだろう? 今まで一度も社長が自宅を訪ねてきたことなんてなかったのに。今までいくつかの会社を渡り歩いてきたが、社長どころか上司が自宅を訪ねてきたのも人生はじめての経験だ。

 父親が亡くなったのは5年前の桜の咲いたころ。その数ヶ月後に今の会社に入社した。一度は会社の規模などから躊躇したのだが、社長がしつこく誘ってくれたからだ。
 父が亡くなって5年間、仕事以外で得たことは数多くあると自認しているが、仕事に限ってはほとんど何も得ていないし、成長できたことなんてほとんどないだろう。
 だからといって、そのことをネガティブに考えているわけでもない。