淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

夜遊びよりもリハビリ?

 スノーボードで転倒した怪我を理由にして1週間以上、屋外に出かけることを控えていた自分。その分、外でお酒を呑むことが増えていた気がする。
 まだ胸の疼きは残っているが、ほぼ10日ぶりに雪遊びに出かけてきた。ホームゲレンデである野麦峠スキー場まで。今シーズンの営業が明日までということもあって。明日は別件の用事があるからだ。

 平日の雪遊びは今月の7日以来なので、ほぼ20日ぶり。桜の開花が進むほど今週は暖かな日が続いたせいもあって、道中にまったく雪は無かった。当然、スタットレスタイヤやチェーンは必用なかった。
 道ばかりかゲレンデに到着した時には、駐車場も空いていた。8時過ぎに着いたが、自分の車をカウントしても10台はなかった。
 着替える前に30分ほど仮眠をした。仮眠後にまわりを見ると、車は倍くらいにはなっていたが、いつもより駐車場が広く見えた。

 着替えてゲレンデに立つと、ベース付近でもまだ雪は充分にあった。初心者コースのバンビゲレンデも滑走できるほど。春休みのせいか、時折子供がバンビゲレンデを滑っていた。
 自分は4人乗りクワッドリフト、スカイライナーに乗ってベースまで滑ってみた。名古屋に居ると暖かかったのにゲレンデコンディションは考えていたよりもずっと良かった。
 昨シーズンよりも営業終了間際の滑走可能コースは多いのではないか。今日現在、今シーズンはほぼ全てのコースが滑走可能だった。滑れないのは縦水の坂の迂回路くらい。営業最終日の明日もほぼ同じ状況だろう。

 朝一番にゲレンデトップまで昇ることができる高速ペアリフト、スカイラビットにトラブルがあったらしく、10時近くまでは乗ることはできなかったが、それほど気にならなかった。
 午前中はゲレンデ下部でも、ストップスノーにならなかったからだ。人によるかもしれないが、ハイシーズンのアイスバーンよりも春のゆるんだ雪の方が自分は好みだ。

f:id:mobemobe617:20190326204511j:plain
パノラマから縦水の坂
 今日は怪我が完全に癒えていないこともあり、スノーボードは自重して車にさえ積まなかった。スキーで軽く流す程度であれば、転倒することもないので怪我の症状が悪化することも無いと考えていたが、その通りとなった。

 ゲレンデに居てもまったく寒さを感じなかったので身体も固まらず動きやすかったが、さすがに午後からはゲレンデ下部には水たまりができはじめたが、縦水の坂より上は午後もストップスノーになることはなかった。
 昼からはスカイラビットを中心に乗って、ゲレンデトップからの滑走を増やした。

f:id:mobemobe617:20190326204538j:plain
ゲレンデトップからのラビットコース
f:id:mobemobe617:20190326204557j:plain
チャンピオン1からレストラン樹海が小さく見える
 無理はしたくなかったので、14時過ぎには板を脱いだ。チケット売場にシーズン券を取りに行くと、窓口の女性に尋ねられた。「今シーズンは最後ですか」、と。
「お世話になりました、また来年!」と答えると、彼女は少し寂しそうな表情を浮かべた気がした。

 野麦峠スキー場の営業は明日までだが、今シーズンはまだまだ雪遊びを続けるつもりだ。