淡白マスヲのたんぱく宣言

淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

現場の会社の人気がないのかエンジニアが足りないのか

 昨日、上司から今の現場から延長依頼がきているとメールで連絡があった。しかも、最低でも来年の3月まで、と。
 会社及び上司としては、そのまま自分に延長して欲しいようだ。
 自分の率直な感情は、驚きだった。先日、電力会社から仕事を受けている委託先の会社のリーダーと、強い調子で言い争ったばかりだったから。
 それだけではない。自分が原因で現場会社のプロパー社員の生産性を下げているとまで、言われたからだ。
 当然、延長は無いだろうと自分は肩の力を抜いて考えていた。

 今の現場は地元の大手電力会社。今の会社に入社した最初の現場も同じ電力会社だった。嫌な思いを散々したが入社したばかりだったので、我慢した。
 だが、やはりそれなりに過酷だったと思う。自分と同日に入社した同僚が辞めることになった遠因の現場だったからだ。

 話は変わるが、地方毎に存在する大手電力会社が上場していることを知ったときに、衝撃を受けた。
 資本主義、自由経済を標榜している国なのに、大手電力会社には長い間、競合相手が存在していないのに、株式を発行して資金を集めるばかりか、証券市場でその株が売買されるなんて、おかしなことだと思う。
 働く前から、懐疑的に見ていた会社だったのだ。

 自分はその経験から、家で契約している電力会社を変えた。大手から新電力会社に。おかげで、電気料金が少し下がった。
 また、自分が契約している会社はクリーンエネルギーでの発電を標榜しているので、環境悪化への加担も少ないはずだと自負している。

 明夕、ある人間と会うことになっている。自社と電力会社から仕事を請け負っている会社との間で、口利きしている会社の営業担当者に。
 電力会社から見れば、自分が勤めている会社は最低でも3次請け。
 ちなみに、営業担当者は女性。残念ながら自分よりも年上で、外見も好みのタイプではない。

 彼女とは契約延長のことについて、話をすることになっているが、どんな話になるのだろう? 彼女は自分に何を話したいのだろうか。やはり、自分に対して強く延長を望んでいるのだろうか。
 自分の代わりを探しても、すぐに見つかり難い状況なのだろう。

 ひとつは、システムエンジニアの不足。今の国会で外国人労働者の扱いを今後どうするかを議論するほど、国内全般で人手不足のようだ。
 自分たちの業界も中国、韓国やベトナム出身のエンジニアに頼っているほどだ。
 自分も中国人のエンジニアと何回か一緒に仕事をしたことがある。

 さらに、現場の会社の人気だ。自分と仲の良いシステムエンジニアからは、人気がない会社のひとつ。
 今の現場で働き始める時の他の候補が、世界で1位を争うような自動車メーカーの関連だった。
 そのことをあるエンジニア仲間に話すと、究極の選択ですね、と言われたほどだ。

 自分のような輩を排除しないのは人手不足なのか、現場先の会社の不人気なのか、それとも両方なのだろうか。
 ひょっとして自分が想像もつかないような、他の理由があったりして……。

父親の仕事

 実家から、歩いて数分のところに広い更地ができた。元々はある会社の社宅が4棟あったのだが、取り壊されたからだ。
 その社宅は自分が物心を着いたときには建っていた。当時は会社ではなく、旧電電公社
 壊された時のオーナーはNTTグループのある会社だった。

 社宅は独身寮ではなかったので、多くの世帯が住んでいた。当然、子供も多く自分が通っていた小学校に多くの同窓生がいた。
 家が近かったこともあり、そのうちの何人かとは友達になったが、今ではほとんど交流が途絶えている。
 公社、及び会社の方針から従業員の転勤が多かったために、引っ越しで友人と距離が出来てしまうことが原因だと思っていたが、このごろはそれだけでも無いような気がしてきた。
 もちろん、すぐに会えないことは友人、恋人同士や家族でも溝ができる理由のひとつではあるとは思うが。

 自分が今の職種になってから、思い知らされることがある。仕事柄、大規模な会社先で働くことがほとんどだ。
 当然客先の社員とも、最低限はコミュニケーションを取らなければならない。望むか望まざるかを別にして。

 人に人格があるように会社や各種法人にも性格があり、そこに属している従業員にも共通する何かを感じることがほとんどだ。
 大人になれば、プライベートな時間よりもオフィシャルな時間の方が多くなる。当然、人格に及ぼす後天的な影響も、私的な自由時間で起きたことよりは仕事での経験の方が受けやすいだろう。

 屁理屈かもしれないがそういった理由で、自分にとって名前を聞くだけでも不愉快になる会社がいくつかある。
 それらの会社は、自分が実際にその会社内で働いた経験が元になっている。
 そんな会社の商品を、消費者となったときにはできるだけ避けている。
 また、そんな客先のプロパー社員とは情を交わすこともあり得なかったし、これからもおそらくないだろう。

 働く組織によって内面的に多大な影響を受けるのであれば、その家族にも影響は波及するだろう。
 自分と素敵な距離感で長年付き合ってくれている友人たちは、上記のような会社に勤務していた父親を知らない。偶然かもしれないが。

 自分は娘と一緒に住んでいないために、それなりの距離感がある。それでもこのごろは、会うときにはほぼ自分の仕事のことを聞いてくる。その度に自分ははぐらかすのだが。そのうちにきちんと説明するべきだとは、思ってはいるものの。
 娘にも長く付き合ってくれる素敵な友人が出来ることを望んではいるが、それはもちろん本人が決めることだ。

街路樹

 街路樹が木の葉を落とす季節になった。今の現場オフィスに行く途中の街路樹も色づき、葉を少しずつ石畳の上に落としている。
 出社時はともかく、時間に追われていない帰宅時には石畳の上を歩くときに、今の季節しか楽しむことができない感覚を足裏で愉しんでいる。それは枯葉を踏みしめる感覚だ。

f:id:mobemobe617:20181112184512j:plain
今の現場近くの街路樹、綺麗に色づいている。
『道路に落ちた大きなプラタナスの枯葉を踏むときにだけくしゃくしゃという乾いた音がした。』
 村上春樹(1987) ノルウェイの森 講談社

 村上春樹の小説、『ノルウェイの森』は今までに何度も繰り返し読んだ長編小説のひとつ。その中でも上記の描写は最初に読んだときから気にいっている。
 今ではこんな描写をいつか書けるようになればと強く思って、日々駄文を連ねながら時間だけが過ぎていく。
 人間の情報は7割が視覚、2割が聴覚であると言われているが、視覚以外の人の感覚に訴求しているところが素晴らしい。

 今の季節の街路樹を見ると、ある曲も連想する。その曲とは尾崎豊の『街路樹』。この時期になるとカラオケどころか、鼻歌でも歌いたくなるほどだ。
 歌詞の中には直接的な表現では、秋を思わせるような言葉は出てこないのに、曲全体のイメージから自分は秋、しかも晩秋を連想してしまうのは何故だろう?
 尾崎豊自身はこの曲に特定の季節をイメージしていたのだろうか。
www.utamap.com
 今の会社に入社してからの一時期、自転車で通勤していたことがある。いくつかの季節、いくつかの現場が変わっても。
 冬の終わりから暑い夏でも汗だくになりながら、ペダルを漕いだのが懐かしい。
 近いところであれば、自宅から30分超で着くようなオフィスもあれば、1時間近くかかる仕事先もあった。

 秋が深まったある日の出来事がきっかけで、自転車通勤を辞めた。その出来事とは自転車に乗っていたときに転んだことだ。
 石畳の上に散っていた枯葉の上にタイヤが乗り、滑ったのだ。転倒時に膝を石畳で強打したために、しばらく立ち上がれないほどに痛かった。幸い打撲だけで済んだのだが。
 歩いているときに枯葉を踏むのは気持ちが良いが、自転車乗車中の時にはアクシデントの原因になった。
 それ以来、自転車では自宅からの最寄り駅までしか通勤に使っていない。

 自転車で通勤していた理由のひとつは、運動不足を気にかけてのこと。システムエンジニアという仕事柄、デスクワークのために仕事中はほとんど身体を動かさないためだ。
 週末のアルバイト先で忙しいときには、1時間で1,000歩ほど歩くこともあるが、それだけでは運動不足は解消されていない。
 結婚したころから毎朝計測している体重が、そのことを物語っている。ちなみに、今朝の計測結果は、77.7㎏……。

79位

 自分が持っているスマホの性能は時代遅れになりつつある。買った当時は最新機種のAndroidだったが、それも4年前の話。
 使い出すと便利なスマホ。比較的好奇心が旺盛なために、フリーソフトであれば結構な数のアプリをインストールしている。
 アプリの数が増えてくると、使わないアプリをアンインストールしているが、気がつくとまたいくつかのアプリを試している。

 直近でインストールしたアプリは、ウイングヒルズ白鳥リゾートの公式アプリだ。このアプリをインストールすると、ゲレンデでいくつかの割引やサービスが受けられる。

 昨日、スキー帰りにゲレンデ内の駐車場内にある温泉に立ち寄った。日帰り温泉施設の名は、『満点の湯』。
 公式アプリの提示で100円の割引が受けられて、600円で入浴できた。
winghills.net
 昨日のゲレンデはスノーウエアで滑るには暑かった。おかげで半日ちょっと滑っただけで、下着が汗だくになっていた。
 汗を流せるだけでも気持ち良かったが、とろみのある泉質が肌に優しくて心地よかった。その泉質のせいで、浴室内が滑り易いので足下に気をつけなければならなかったが。
 露天風呂から見る眺望も素晴らしかった。浴槽から眺める紅葉のピークは過ぎているように思われたが、それでも晴れ渡っている中での晩秋の山々は見ていて飽きなかった。

 露天風呂の浴槽では、30代前後と思われる3人の先客が居た。混浴ではないので、残念ながら先客は全員男性。
 会話の内容からボーダーのようだった。そのうちの年長者がリーダーで、滑りのレベルもメンバー内では抜きん出ていることが窺えた。

 リーダーは以前、神奈川に数年間転勤していたようだった。転勤先では新たに友人が出来なかったこともあり、この時期にはすでにボードに勤しんでいたらしい。毎年、日本で一、二を争うほど早くオープンするゲレンデ、『フジヤマ スノーリゾート イエティ』で。
www.yeti-resort.com
「この時期にボードを始めるとハイシーズンのころには身体がよく動くんだよね」とリーダーが言うと他の2人はしきりに相槌を打っていた。調子に乗ったリーダーは続けた。「近いうちにまた行こうか」と。今度は2人の口も首も動かなかった。
「何でだよ!」とリーダーは何かを察したように自虐的な笑いを浮かべていた。
 会話の流れから、リーダー以外の2人はテクニカルなコースコンディションに苦戦していたようだったので、自分はそのやりとりを納得して見ていた。

 昨日の18時を過ぎるとアプリのトップ画面に滑走距離が表示された。利用履歴の画面を表示すると、乗車したリフトと乗車時間の詳細も確認できた。
 だが、ランキングが表示されない。何かアプリ上の操作が足りないか調べたが、わからないままだった。

f:id:mobemobe617:20181111181739j:plainf:id:mobemobe617:20181111181734j:plain
乗車リフトと時間が確認できたが、乗車した時間の順番に何故表示されないのだろう?
 今朝、アプリを起動するとトップページに順位が表示されている。当日の滑走距離は18時過ぎに、前日までのランキングの集計は翌朝に反映されることがわかった。
f:id:mobemobe617:20181111181743j:plain
公式アプリのトップページ
 ちなみに現在のマスヲの順位は79位。毎年、ウインターシーズンはあまり訪れないゲレンデだが、順位をつけられると遊び心がくすぐられてしまう。
 今シーズンを振り返ったとき、ウイングヒルズ白鳥リゾートに何回も遊びに行っていたりして。

スキー・イン2018-2019

 やっぱり目覚まし時計よりも先に目が覚めた、今朝。まるで、子供が遠足に行くみたいに。
 昨夜のうちにスキー道具を積んでいた車に飛び乗り、6時に出庫して、自宅最寄りのICから東海北陸自動車道の白鳥ICを目指した。
 何かと混雑することが多い一宮JCTもすんなりと通過することができた。

 道中は酷い渋滞もなく、8時前には目的地に着いた。目的地とはウイングヒルズ白鳥リゾート。今シーズン初のスキーをするために訪れたのだ。
 サマーシーズンは近年、わりと訪れているがウインターシーズンはここ数年訪れていない。最期は、娘のゲレンデデビューだったと思う。
 確か娘はまだ年少だった。年齢がスキースクール受講条件に満たなかったために、雪遊びと自分が背中に背負って少し斜面を滑ったことを覚えている。

 ここ数年、ICS*1で作られた人工雪のゲレンデを滑っているが、鷲ヶ岳スキー場ばかりだった。
 今年はまだ鷲ヶ岳スキー場はゲレンデオープンしていない。ウイングヒルズ白鳥リゾートの方がコース長も短く幅が狭いことを噂に聞いていたが、実際に自分で見たかったし、滑走もしたかった。
 自分のスキー板は現在チューンナップ中のためにショップに預けているので、ゲレンデでレンタルをしてまでも楽しみたかったのだ。

 遠くから見たゲレンデ幅は考えていたよりも狭かったが、スキー板を履いてゲレンデに出てみると、もっと狭く感じた。
 代わりに人は、自分が考えていたよりも少なかった。リフト待ちで疲れることはなかった。

f:id:mobemobe617:20181110181957j:plain
ゲレンデベースより、コース上部を望む。
 リフトでコース上部まで登り、一本目を滑った。滑るとより、コースの狭さを実感した。狭いところだと10メートルを切っていただろう。この幅だと中まわりで滑ることは無理。小回りか横滑りで降りるしかない。
 一本目はまだゲレンデが荒れていなかったために、小回りでも比較的気持ち良く滑ることが出来た。
 ただ、小回りはまだレベルが低いために、無駄なところに力が入ってしまう自分。大回りや中まわりに比べると極端に疲れる。
f:id:mobemobe617:20181110181446j:plain
ゲレンデトップ。
 3本滑ったころには、たった1,000メートルの距離を休みながらでないと降りることができないくらい、疲れを感じた。
 しかも、暑い。暦の上では立冬を過ぎたのに、ゲレンデに居て暑いのだ。汗だくになりながら滑った。
f:id:mobemobe617:20181110181436j:plain
リフトからコースを見ても、幅の狭さがわかる。
 気温の上昇もあって、次第にゲレンデは荒れ始めた。朝は気持ちの良い整地斜面だったが、11時を過ぎるころにはフラットな箇所はほとんどなくなっていた。
 不整地斜面を小回りで滑るか、コースの縁を横滑りするしかないような、テクニカルなコース状況に変わっていた。

 自分のスキーレベルではハードルが多少高く感じたが、そんなコースを滑ったことによってあることに気がついた。股関節の可動域が前シーズンよりも広くなっていること。
 左足が谷側になるときには、思ったように横滑りが出来るが、逆側になるとぎこちないことに気がついた。
 初滑走でもう、今シーズンの課題をひとつ見つけることができた。
 初滑りで怪我をしたらつまらないので、12時過ぎにはスキーを脱いだ。

 足は張っているし、疲れを感じながらこの文章を書いているが、自分の一番好きな趣味を愉しめる季節になったことが、何よりも嬉しい。

*1:イスクラッシャーシステムの略。氷点下でない比較的高温でも人工雪が出来るようだが、コストが高いことがデメリットのようだ。