淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

ミス筍をゲットした?

 今朝、母と弟がベトナム旅行から帰ってきた。セントレア国際空港に7:30着の予定だったので、車で迎えに行った。
 アラフォーの弟にとっての初海外は、それなりに得るものがあったようだ。ペラペラな人間的な厚みが少しは増した? と冷やかすと元々厚みはあったが、さらに厚みがました、と言い返された。
 いずれにしても、刺激を受けることは誰にとってもいくつになっても良いことだろう。

 2人を送り届けた後はミス筍、ではなくてミス各務原と中日フォトメイツのポートレートを撮影するために、岐阜県鏡原市の『第15回たけのこまつり』会場まで向かった。会場は各務原市内の『各務野自然遺産の森』。
 訪れたのは初めてだったが、森に囲まれた自然景観が十分に残る公園だった。
www.city.kakamigahara.lg.jp
 会場の駐車場が狭いために、直接車でアクセスするのではなくて、最寄りの小学校を臨時駐車場とし、シャトルバスで現地に向かうことが指示されていた。
 その通りに小学校へ向かうと駐車場が一杯のため、直接現地に向かうように警備係に言われた。
 帰りのことを考えると楽なのだが、時間が余分にかかってしまった。メリットもあれば当然デメリットもある。

 実際、現地に着くなり撮影会に参加したと思われるカメラを持った人に話かけると、午前の部が終わった後だった。
 カメラの液晶画面で浴衣姿の4人の素敵なモデルを見せてくれた。
 午後の部は13時からだったので、無料で振る舞われた筍汁をご馳走になったり、他のイベントを写真で撮ったりして時間を潰した。

f:id:mobemobe617:20190525173245j:plain
午後の部の始まる前に開かれた合奏?
 13時から、午後の撮影会が始まった。本格的なポートレートを撮影するのは、先週の日曜日に続いて2回目。
 正直、始まってすぐに先週よりも撮影の難しさを感じた。このイベントを先週の撮影会で教えてくれた人が言っていた通りだった。
 先週のイベントは全員がプロモデルだったし、プロのフォトグラファーがモデルにも、参加者にもそれなりにアドバイスをくれることもある。
 カメラも最新のハイエンドモデルを借りられたことも大きかった。

 その代わり、今回の撮影会は参加費が無料。文句を言ったらバチが当たるかもしれない。
 ただ、今日の撮影会に参加して、このごろよく思うことを感じた。無料であること、コストパフォーマンスを売りにしているものに集まる人たちは、相対的に質が悪いということを。
 先週の撮影会に参加した人たちの方が、雰囲気が良かった。

 撮影会の最中、子供が撮影者とモデルの間を何度か走り回っていた。きっと、写真に撮られるのがうらやましかったのだろう。
 子供に声をかけて、何度かシャッターを切ると喜んでくれた。それなりの写真が撮れたので、近くに居た親に話しかけて、写真の扱いを相談するとLINEで送付することになった。
 自分よりも年長者の方が圧倒的に多かったのだが、誰もそれくらいの気遣いをしないのに、自分は違和感を抱いた。

 モデルの彼女たちを写した作品でコンテストがあるのは知っているし、自分も参加はするだろう。
 それでも、自分にとっては大きな筍を持って走り回っていた女の子のスナップを撮った方に価値を見いだしている。

389枚

 日曜日に催されたトップカメラの撮影会の写真を、なんとか昨夜までで整理しきった。1,000枚以上あった写真を吟味して、48枚までにふるいにかけたのだ。
 2,000枚以上、撮影していると話してくれた参加者もいたが、それだけの数の写真を整理しきるのには、どれくらいの時間がかかるのだろう?
 男だったら、被写体が魅力的な写真ばかりだから、その時間も楽しみのひとつなのかもしれないが。

 今日は、久し振りに岐阜県可児市へ車を走らせた。花フェスタ記念公園で催されている『春のバラまつり2019』でバラの写真を撮るために。
 これまで、このイベントには何度か足を運んだことがある。うろ覚えだがおそらく、今日で3回目だ。
www.hanafes.jp
 前の2回は、いずれも咲いていたバラが少なくて、期待外れだったので、それほど気合いを入れているわけではなかった。
 可児市には年上の友人が住んでいるので、どちらかというとそちらが自分の中ではメインに考えていたほどだ。

 だが、今回はいい意味で見事に期待を裏切られた。ゲートの前にあるバラでさえも、雰囲気良く咲いていた。
 園内のバラもほぼ満開だった。世界最大級を謳っているバラ園は平日にも関わらず、来園者も多くて華やかだった。
 ただ、夏日を記録するような暑さのためか、散り始めた花びらも目立っていたが、それも花を見る喜びのひとつだろう。

 バラ園の中で、母親と娘の親子を見かけた。女の子が可愛かったので、話しかけたら自分のポートレートモデルになってくれたのだ。3回シャッターを切らせてもらったが、どれも子供らしい表情だった。
 写真のデータの扱いを母親に相談すると、Instagramへの投稿を依頼されたので、このblogを書く前に済ませたところだ。

 もう少し、写真を撮影したかったがバッテリーの充電がひとつ切れてしまったし、暑かったのでお昼過ぎには退散した。
 今日の様子だと、明日と明後日も園内のバラが来園者の目を楽しませてくれそうだ。ただ、両日とも、今日同様に暑くなりそうだが。
『春のバラまつり2019』の期間中の土日は、8時開園のようだ。家族連れならば、早い時間の来園がお勧めだと思う。
 平日は9時なので自分は開園前に到着していたが、時間が経てば経つほど、来園者が増えてきた。

 友人宅に寄ってから夕方に帰宅したが、早速写真の整理を進めている。
 今日、公園に滞在した数時間でシャッターを切った回数は389枚。見れば見るほど駄作が多いので、意外と早く整理が終わるかもしれない。

f:id:mobemobe617:20190524220909j:plain
バラ園のバラ。撮り方はあんまり、ぱっとしないけれど。。。

誰が可愛いかを聞いているのではなくて………

 久し振りの会社の面接を受けた昨日、結果的にむしゃくしゃしたので1人で呑みに行った。こういう時には、しがらみのない人間と他愛もない話をするのに限る。
 といっても、自分なりに要件はいくつかあった。
 そのうちのひとつは、こないだの日曜日に撮った写真の感想を何人かに聞きたかったからだ。

 先月から、今まで行ったことがなかったガールズバーに時々呑みに行きだした。
 新しく知り合った呑み仲間と居酒屋でグラスを傾けているときに、自分が口にしたキーワードから二件目にその店まで連れていってくれたことがきっかけだ。
 その店で働いている女性スタッフの1人が、プロの作家であること。新海誠監督、特に『言の葉の庭』と『秒速5センチメートル』がお気に入りであることから、話が盛り上がるのではと、考えてくれたのだ。

 初めて来店したときは、結構酔っていたので何を話していたのかも曖昧だった。ただ、彼女から名刺を二枚もらったことは覚えていた。一枚はお店での名刺。もう一枚は作家としての名刺だ。
 早速、彼女の名刺にプリントしてあるインターネットのサイトへアクセスし、無料で公開されている彼女の作品をいくつか読んだら、いい意味で裏切られた。見た目の第一印象と全く違ったからだ。

 文章、特に言葉使いが非常に柔らかい。ベタっとしている訳でもなく、かといって乾きすぎているのでもない。いい意味で女性らしいのだ。
 プロとアマチュアを比べるのは失礼な話だが、決して自分には書けない文章と作品だった。
 それからは、彼女の感性に時々触れるのが楽しみだし、自分への刺激にもなっている。

 そんな彼女に撮影会で撮った写真の感想を聞きたかった。真剣に見てくれたが恥ずかしい話、自分で気がついていなかった小さなピンボケなども指摘してくれた。
 彼女は好きなフォトグラファーの写真集を持っているほどの、写真好きだったのだ。ただ、自身で撮ることはないようだが。

 自分はカウンターの角に座ったが、少し離れて3人組の男性客が陣取っていた。皆、いい感じでお酒に呑まれていたので、彼らに自分の写真を差し出した。気に入った写真があったら教えて欲しいとお願いして。
 20枚入りのアルバム3冊で60枚を。1人一冊になるところもちょうど良かった。

 すぐに食い入るように見てくれた。彼女がいいと、それぞれが口にしながら。プロのモデルだからと、ツッコミを入れたかったが。
 皆、自分が撮ったことを驚いていた。相手が酔っていることもあっただろう。
 個別にどの写真がよかったかも教えてくれた。

 彼らに自分の仕事を聞かれたので、正直に無職だと答えた。いつまで働いていたのかと、何をしていたのかも聞かれたので、3月までシステムエンジニアだったと答えると、彼らは響めいた。同じ業種だったからだ。

 先に席を立った彼ら3人。その中の1人が帰り際に、次のようなことを口にした。熱くなったり、夢中になったりすることがあって、羨ましいと。

 自分は何も言わなかったが、お互いに先のことは本当にわからない。
 明日、自分が写真への興味を無くすかもしれないし、彼が明日、絵を描くことに取り憑かれるかもしれない。

f:id:mobemobe617:20190523224212j:plain
酔った帰り道に撮った夜景。左上は小さいけれど月。

どちらも失礼

 今日は診療内科の通院日。診察室に入って座るなり、主治医から陽に焼けていると言われた。
 ほぼ毎日写真を撮るために、屋外を歩き回っていること。一昨昨日の森林公園での撮影会についても話をした。
 先生が気分良く話を聞いてくれたので、自分は調子にのって、一昨日撮影した写真の一部を見せると褒めてくれたので、悪い気はしなかった。

f:id:mobemobe617:20190522203750j:plain
診察の帰りに立ち寄った、街中の噴水。
 日曜日の撮影会で撮った写真のコンテストも主催したカメラ販売店で催される。実はそのコンテストに参加するつもりでいる。
 コンテストへの応募作品はサイズが指定されている。A3、四つ切りか四つ切りワイドに。
 自分は四つ切りを知らなかったほどの素人なので、一昨日の朝に自宅近くのカメラチェーン店で、四つ切りワイドのサイズでプリントをお願いした。四つ切りワイドでのお試しプリントだ。サイズがサイズなだけに、プリント料金は800円。

 依頼したプリント写真を受け取りに行くと、店員に褒められた。こんなにキレイな四つ切りワイド写真を初めて見たと。かなり、お世辞が入っているとは思うが、おだてに弱いので、気分良く勘違いを続けたままでいる。

 今日の夕方は、会社を辞めてから初めての入社面接に行った。結果は×。しかも、その結果は面接を受ける前から決まっていたのだ。
 理由は自分が面説時間に10分遅れたからだと推察しているが、時間に遅れたタイミングで面接前に相手が断ってくれれば、お互いに効率的だったと思うのだが。時間前に迷ったので遅れることは電話でこちらから連絡したので、そのタイミングでもよかった。
 この連絡を面接前に自分が見ていたら、どうしていただろう? おそらく、そのまま帰宅したはずだ。

f:id:mobemobe617:20190522203501p:plain
右下に連絡を受けた時間が、『19:02』となっている。

 面接場所は名古屋JPタワー内にあるオフィス。付近に40分過ぎには着いていたのだが、すっかり迷ってしまった。気がついたときには指定された階にはいたのだが、JPタワーと違っているJRゲートタワーに居たのだ。
 ここ数年、名古屋駅は高層ビルがいくつも出来たせいで、名古屋で一番の田舎の行政区に住むような自分には、わかりにくい街になってきた。

 面接中にも相手が自分に興味がないことはわかっていた。
 自分も会社員として働く気持ちはほとんどないのだが、相手が転職サイトで積極的に誘ってきたので少し前のめりになっていた。
 会社員としてなら、させてもらいたいソリューションを説明するために、環境を構築した自前のパソコンをわざわざ持っていったのに。
 面接中の最中も相手が自分に気がないことが伝わってきた。今振り返っても、お互いにただ時間を無駄にしただけだったと思う。
 クールビズの時期なのに、わざわざ久し振りにスーツにネクタイまで締めて出かけたのに、なんかスッキリしない。

無職ハラスメント

 最近の結婚披露宴ではブーケトスを行うことが減っていることを、TVのバラエティー番組で知った。
 ここ数年、身内も友人でも自分の身近では離婚の話は聞くが、結婚の話は聞いたことがない。よって、結婚披露宴にも、数年出席していない。

 ひょっとしたら、自分も独身の人間に上から目線を感じさせたことがあるかもしれないが、どうだろう? そんなことがあったとしたら、今の妻との関係を考えると、ギャグとしか言いようがないが。
 亡くなった父親が、死ぬ間際まで弟の結婚を願ったように、世間では結婚をまだまだ肯定的に捉えているのが、不思議で仕方がない。

 自分が好感を持っているテレビ朝日の弘中アナも独身でいることが、まわりから好意的に思われていないことを不愉快に感じているらしい。オードリーのオールナイトニッポンに出演した時に、本人はそう話していた。
 その後に、春日が週刊誌を騒がすようなことをしでかしたので、ひょっとしたらその伏線と捉えるのは、考え過ぎだろうか。

 今朝、前の町内副会長に家の前の道で会ったので挨拶をした。すると次のように話しかけてきた。仕事は今日休みか、と。
 一瞬躊躇したが、仕事を辞めて無職であることを正直に話すと、それ以上は何も言わなかった。

 昨日、母と弟を中部国際空港まで車で送った。2人が海外旅行に出かけるためだ。
 弟にとっては42歳になって初めての海外旅行。このことについては、2人が帰国してから何かと話を聞くことになるので、その後にでも改めて何かと書き綴ることになるだろう。

 2人を送った後、自分は写真を撮るためにスカイデッキに向かった。その途中、マイルが付与されるクレジットカードへの勧誘を受けたが、断った。
 勧誘してきたのが男性だったので、雑に対応してもよかったかもしれないが、時間もあったので丁寧に説明した。
 以前は仕事でよく飛行機に乗っていたので、マイルが付与されるクレジットカードを持っていたこと。仕事で飛行機に乗ることがなくなったので、そのカードを解約したことを。
 今の仕事のことを聞かれたので、ぼかしておいた。

f:id:mobemobe617:20190521202350j:plain
昨朝のセントレアのスカイデッキ。曇っていて風が強かったこともあって、あまり人を見かけなかった。
 普通に生活しているだけで、何かと仕事のことを問われることは多い。様々な書類にも明記する欄があることが多いことが、最近は気になる。

 法律を守り、人の金品を奪わないで生活していれば、仕事をしていなくても、他人には関係ないはずなのに。
 何故、仕事をしていないだけで世間から気分良く接してもらえないのだろうか。このこともちょっとしたハラスメントのような気がしてきた。
 独身ハラスメントに続く言葉として、無職ハラスメントが今年の流行語にノミネートされることはないだろうなぁ、やっぱり……。