淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

続・キャバレー花園グランドスラムへの道

 5年前の2013年6月3日は、ある上場会社の入社日だ。同日に入社した仲間が2人いた。その中では自分が最年長。
 3人の中で、自分が最初に退社していたが、残りの2人も現在は会社に在籍していない。

 そのうちの1人は三重県在住で、今年30歳。入社したころは一緒に内勤作業をしていたこともあり、よく呑みにもいった間柄だった。
 久しぶりに連絡をしたら、急に彼の顔を見たくなったので、呑みに行く約束をしていたが、その日が昨日だった。

 17時37分、名古屋駅発の『快速みえ』に乗車した。友人と再会する街、桑名を目指すために。
 夕方とはいえ、JR名古屋駅のホームはまだ暑かった。

 最初に乗車した車両は閑散としていたので、シートに座っていた。だが、社内のある掲示に気がついた。『指定席』と書かれていたのだ。
 隣の車両に移動すると、社内は混雑していて、座れなかった。4人がけのシートに座っていた乗客の何人かが、ビールや酎ハイの缶を窓際に置いたり、手に持っていた。

 ディーゼルエンジンがかかり、車両が動き出した。立ちながらも車窓を楽しんでいた。新幹線や車以外で西に行くのは、自分の中では希。
 車窓から見た景色で一番印象に残っていたのは、木曽三川だった。木曽、長良、そして揖斐川も水面が異常に高かった。先日までの長雨の影響が、まだ残っていることが、わかった。

 景色が新鮮だったせいか、桑名駅までの22分間は早かった。乗車中、友人に汽車の到着予定時刻をメールしたら、改札口で待っていてくれた。改札口での久しぶりの再会。友人はびっくりするほどスマートになっていた。
 自分も友人も一件目の店は決めていなかった。歩きながら、自分が気になった店に入店した。
www.facebook.com
 自分が選んだお店は、『魚侍 ~はなれ~』。カウンターの隅に案内された。

f:id:mobemobe617:20180715224555j:plain
店内の一部。自分たちはこの写真でいう一番奥に陣取った。
 昨夜の自分の感は冴えていた。いくつかの料理を選んだが、美味しいものばかりだった。
 特に印象に残っているのは、蛤の天ぷらと寿司。桑名名産ということもあって注文してみたが、記憶に残る味だった。
f:id:mobemobe617:20180715170656j:plain
スイマセン。料理の写真はほとんど取り忘れてトンテキのみ。。。
 2時間ほどの飲食を楽しんで、2件目を目指した。昨夜はある自分の宿望に、友人にもつきあってもらった。
 そう、キャバレー花園グランドスラム達成へのリーチをかけるために、桑名店を目指したのだ。
 自分はともかく、三重県在住の友人も桑名店は未入店だったようだ。

 あるビルの2階に桑名店はあったために、階段を上がった。店内に入ると、キャバレー花園らしい内装だったが、箱はいくぶん小さめだった。
 久しぶりの花園。最後に遊びに行ったお店は東新町店で、昨年の5月25日。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 気になったので、キャバレー花園のホームページを調べると、東新町店が閉店となっていることを知った。どんなものでも、やはり時の洗練を受けないものはないのだろう。
 マスヲが掲げる目標、キャバレー花園グランドスラム達成。他人が見たら馬鹿らしく思えるようなことでさえ、綱渡りのようなポイントがひょっとしたら、今までも何回かあったのかもしれない。
hanazono-g.co.jp
 店で自分にサービスしてくれた女性は、正直自分のタイプではなかった。容姿はともかく、話が全く弾まなかったのだ。
 県外遠征だったこと、翌日仕事だったためにワンセットで帰るつもりだったのに、シスター*1の延長依頼が少しくどかった。
 それでも、下り階段を千鳥足で降りて通りの風に吹かれていると、悪い気はしなかった。生ぬるい風だったのに。

 桑名駅まで歩く途中、友人に言われた。花園で楽しんでいない様子が伝わっていたかのようなことを言われたのだ。
 友人は自分自身についた女性について話してくれた。32歳と口にしたが、そうは思えなかったことを。店外まで見送ってくれた街灯に照らされた彼女を見ると、確かにも少し年を重ねているように、自分も感じた。

 だが、決して悪い夜ではなかった。本当に楽しい夜だったと思う。久しぶりに一緒の釜の飯を食べた友人と会えたこと。自分がグラスを傾けたことがない街でお酒を呑めたこと。入店したお店の料理が美味しかったことと。
 そして、なによりキャバレー花園グランドスラム達成にリーチをかけることができたのだ。しかも、自分のこだわりの目標のために、久しぶりに再開した友人が付きあってくれたのだから。

 友人は桑名駅からは自分と逆方向だったのにもかかわらず、名古屋方面のホームまで来て見送ってくれた。自分の汽車が先発だったとはいえ。
 汽車がホームに滑り込んできて停車し、扉が開いたので乗り込んだ。往時とは違い、名古屋行きの汽車は各駅停車。車内も静かだった。4人掛けのシートにゆったりと1人で座ると、まだ友人は見送ってくれていた。

 汽車がホームを離れた。車窓から車内に視点を移すと、ほとんど乗客がいなかった。
 夕方の快速は桑名まで停車することはなかったが、自分の貸し切りになっているような汽車は、こまめに駅に停車していく。自分が聞いたこともなかったような、名前の駅まで。

 木曽三川を渡り、愛知県に戻ってきた。たった、数時間の三重県の滞在が長くも短くも感じた。
 どの駅かは覚えていないが、愛知県に入ってからのある駅で1人の客が乗り込んできた。丸刈りのスポーツバッグを持った学生が。
 しかも、彼は自分が座っていた4人掛けのシートの斜向かいに座った。
「野球部?」と自分は彼に話しかけた。
「はい」と感じよく彼は答えてくれた。
 こちらが学校名などを訪ねると、学年や名古屋市内にある降車駅、明日は試合であることまでも教えてくれた。

 自分が通学していた高校には野球部がなかったこともあって、男子高校生、しかも野球部員との会話は新鮮だった。
 彼にとって、酔っ払いのオッサンとの会話はどうだったのだろう? 明日というか今日、部の仲間たちの話のネタにしてくれたのだろうか。
 気持ちの良い夏の夜が、車窓とともに過ぎていく。名古屋駅で彼と別れて、乗り換えのために他のホームへ向かった。

 気分が良いので、道草をして呑みに行くことも考えたが、翌日の仕事のメンバーのことも考えて自重した。
 しばらくは、寄り道したくて仕方がなかったが、せっかくの気分が壊れてしまう可能性もあることにも考えが至った。
 自宅近くの駅までくると、郊外のせいか気持ちのよい夜風が吹き抜けていく。昨夜吹かれた夜風の中で、一番気持ちの良い風が。

*1:シスターというのは店舗に一人ずついる、キャストの面倒や店舗の立ち回りをアシストする姉御的な女性の事です。シスターは基本席に付くことは無く、女性だらけの店舗を仕切るのが役目です。 花園のシスターはしっかりものの女性が多く、社員も店舗も頼りにしています。 尚、シスターという言い回しはキリスト教の「修道女」を意味するシスターから来ているとのこと。 ※ キャバレー花園HPのキャバレー用語辞典より

男の妄想を暴走させる女優 【『高嶺の花』1話の感想】

 自分の中では7月からのドラマで一番楽しみにしていた、『高嶺の花』。見る前は初回の感想から文章にするつもりはなかった。
 だが、最初から期待以上のクオリティだったこと。また、他のbloggerが書いた記事に触発されて自分も何か書き残しておきたいという思いが強くなった。
 ちなみにその記事を書いたbloggerは『かんそう』さん。彼が書いた文章は以下になる。
www.kansou-blog.jp
 自分がドラマに興味を持つようになったのは10代の後半。そのころから、最近までは新しく始まるドラマを見る基準は脚本家だった。
 好きな脚本家は山田太一岡田惠和中園ミホ、そして『高嶺の花』の脚本を書いた野島伸司。余談ながら、山田太一が筆を置いたのは残念でならない。

 アラフィフになったころに、ドラマの鑑賞ポイントが変わった。もちろん、脚本家やストーリーなどにも興味はある。
 だが、それ以上に出演する女優に惹かれるようになってしまった、どうしようもないオッサンに自分はなってしまったのだ。

海月姫』を見てから、きょんちゃんこと芳根京子のファンにすっかりなってしまった。
 もちろん、主演である石原さとみの魅力も充分すぎるほどに認識していたつもりだった。
 だが、自分の認識が全くもって甘かったことを、思い知らされることになる。

 今作の設定上、石原さとみ芳根京子は母親違いの姉妹で、名門華道家の家柄となっている。
 ドラマの設定上、2人の和装も初回から楽しむことができた。
 主演である石原さとみの方が年齢的にも和服が似合っていたのが悔しい。京子ちゃんファンの1人としては。

 月並みな表現をすると、石原さとみには小悪魔的な魅力がある。
 自分自身の言葉で彼女の別の魅力を表現すると、彼女は視聴者や共演者との距離感を自由自在にコントロールできる本能を身につけているように思えてならない。

 1話の中で自分が一番好きなシーンは、峯田和伸が演じる冴えない自転車屋の主人と朝食を一緒に食べるシーン。『かんそう』さんも記事の中でそのことに触れている。
 彼と感想がかぶってしまうが、食事中に石原さとみ峯田和伸の足に触れる演技が可愛くて色っぽすぎる。この演技は彼女のアドリブだったのだろうか。自分は違うのではないかと考えている。
 理由はこのシーンのカメラの視点である。定点で取られていて、足の動きも意識した高さになっているからだ。
 最近の邦画やドラマを見ていると、カメラワークに意識させられることが多い。というか、自分がやっとそういった点にまで興味を持って映像作品を楽しめるレベルに到達したのかもしれない。

 だが、ひょっとしてリハーサルや最初のtakeで石原さとみ自身が思いついた演技であることも否定できないが。
 教えて下さい、野島伸司大先生。教えてくださいませ、石原さとみ様。
 来週の水曜日まで、自分の中で男の妄想の爆走が止まりそうもない。

久しぶりのATOK

 IMEよ、さようなら。ATOKさん、こんにちは。やっと念願だったATOKを今日、購入した。
 昨年末に初めてノートパソコンを購入した。そのパソコンを買ったタイミングでATOKも一緒に購入するつもりだったが、自分が欲しかったVerの在庫がパソコンを買ったショップになかったので断念したのだ。
 それから、ATOKを買うことを先延ばしにしていた。

 文章を書くことを趣味のひとつにしているとはいえ、1年以上も毎日blogを書き綴った自分へのご褒美として、ついにATOKを購入した。
 たかだか4桁金額の買い物なので、一晩外に呑みに行くのを我慢すれば調達できる。だが、なかなか踏ん切りがつかなかった。

 ATOKを使用するのは、最初のウインドウズパソコンを使わなくなって以来。そのマシンのOSはWindows98SE。
 プレインストールされていたワープロソフトはWordだったが、別途一太郎もインストールしたからだ。
 今の仕事をするようになってからは、職場ではどうしてもWordを使うことがほとんどなので、次第に家でも一太郎を使用することは少なくなっていった。
 だが、日本語変換ソフトだけはIMEではなく、ATOKを使用していた。当時のIMEのレベルが酷すぎたせいもある。

 IMEは言わずと知れたマイクロソフト製。ATOKは、株式会社ジャストシステムが開発している。日本企業なので、当然日本語に精通しているエンジニアもマイクロソフトよりは多いはず。
 どちらかというと自分はそれほど、メイドインジャパンにこだわっているわけではない。システムエンジニアとして、海外のエンジニアを多数見てきたが、彼らは自分よりもスキルが高かった。
 そのために、ソフトウエアなどは日本製よりも海外製の方が一般的には優れているものが多いと、自分は考えている。

 日本のIT技術者の中には自分のような高校卒、しかも普通科出身のような技術者は結構多い。ひょっとしたら、高校中退や中卒の技術者もいるかもしれない。
 また、日本のエンジニアは大学まで出ていてもコンピュータの専門教育を受けているとは限らない。在学中に理工系の学部に籍を置いていたとは限らないからだ。
 文学部出身で卒論に太平記のことを扱ったと、話してくれたエンジニアに出会ったこともあったからだ。
 別に彼がエンジニアとしてレベルが低いと指摘しているわけではないが、来日している海外のエンジニアでそのような経歴は聞いたことがないからだ。
 高等教育の場でコンピュータの専門教育を受けているエンジニアばかりだった。

 さて、日本語変換ソフトをATOKに変えた効果が、自分の文章に表れるのだろうか。まずは、多少でも誤字が減ってくれればとは思っているが、どうだろう?
 できれば、嚠喨な文章が書けるようになるまで、ATOKが手助けしてくれればとも考えるが、そうなれば書き手自身の個性が表れなくもなってしまうデメリットもあるだろう。
 だが、AIなどの進歩は目まぐるしいので、自分が考えているよりもそんな日が近いのかもしれない。

縁側

 昨夜は小学校からの友人4人と、ビアガーデンマイアミでビールを楽しんだ。今シーズンマイアミに来店したのは4回目。
 日曜日には母と弟と一緒に浩養園に行ったので、ビアガーデンでビールを飲んだのは、今週2回目となる。

 梅雨が明けて急に暑くなったこと、水曜日で定時退社日の会社が多いことも理由だったのだろう。受付が混雑していたために、すぐに座れなかった。
 そんな中、偶然にも前の現場でお世話になった人たちに再会した。彼らは予約していたようだったが、自分たちと同じように待たされていた。
 おかげで? 彼らと久しぶりにちょっとした会話もできたのだが。

 30分ほど待たされて店内に通されると、中には充分の席があり、店側はビジネスチャンスを逃していたことに気がついた。
 受付での待ち時間が長かったので、店側のまずい対応が今までにないほど気になった。
 まず、受付だ。若い女性が1人で行っていた。しかも、どんなに大人数のグループが訪れても、いちいち人数を確認していたのだ。受付にもう少し人数をかければ、もっとスムーズに客が入場できたのに。
 受付の係に人員をあと2人も割けば、混雑は軽減されて、お客がスムーズに入場できたはずだ。予約の有無に関わらず、受付であれだけ待たされれば、気が短い人がいるグループの中には帰っていく人たちもいるだろう。

 また、料金は前払いなのだが支払いは現金のみ。しかも、人数分一括で払わなければならない。
 以前から、カードや電子マネーなどが使えないことが気になってはいたが、昨夜のような混雑した状況を見せつけられると、余計に気になった。
 受付に人を増やすこと、カードや電子マネーなどの決済に対応するためには、当然費用がかかる。
 だが、それらの費用は巡り巡って、売り上げに還元されることが、昨日のような状況の中では目に見えていた。

 自分が主業としているシステム会社や、副業先のラーメン屋も同じように、どうして目先のお金にばかり目がくらむのだろう。
 現場で働くワーカーに余計な世話を焼く前に、経営者自身がもっと自己研鑽に努めることが先であるはずだと、思えてならなかった。

 花見以来の再会のメンバーも居たが、彼らとの次の再会はおそらく忘年会。
 自分が今回彼らに声をかけたのは、もちろん自分が今時間に余裕があることもあるが、このタイミングで会わないと忘年会まで会えなかった可能性もあることに気がついたからだ。
 22時過ぎに二次会無しで、解散した。

 帰りに自宅が近い友人と、駅から会話しながら歩いた。友人宅まで来てもなかなか話が尽きない。彼とは先週あったばかりなのに。
 彼に促されて縁側にお邪魔させてもらった。男2人、酔い覚ましの水を飲みながら、なんでもないことをただ話す。夜が深まった暗い庭を眺めながら。
 子供のころの実家には、縁側があったことが思い出された。縁側に座って涼をとる。
 子供のころにしていた当たり前のことが、粋で素敵なことだったと思い直すことができたし、自宅にも縁側が欲しくなった、夜が更けていった。

中学生になったら娘にも読んでもらいたい【鴻上尚史の『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』を読んで】

 鴻上尚史著、『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』を読了した。正確には読了していた。
 読んだ感想を文章に書き残すつもりではいたが、先延ばしにしていた。この本で取り上げられた佐々木友次氏が話したこと、著者である鴻上尚史氏が文章で伝えたかったことに対して誤解を招くようなことがあってはいけないと、考えていたからだ。

 梅雨が明けて、平成最後の夏がはじまった。来年の夏には新しい元号になっているので、昭和という時代がより霞んでしまっているだろう。
 自分は物心をついたときから、祖父母と同居していた。祖父はあまり戦争のことを語らなかったが、祖母はよく戦争中のことを話してくれた。亡くなった父親も。
 戦争中、淡白家は街中の下町に住んでいたのだが、家が空襲で焼かれたために、今実家がある郊外に転居して来たことを2人の話から知った。
 転居してきた時にはまだ屋根がなかったために、寝る時に星が見えたと、父はよく話していた。そんな話をするときの父は、酔っているのが普通だったので、どこまで本当かは怪しいが。

 戦争体験者と一緒に生活し、話を聞かされていた自分でも、やはり昭和の戦争が少しずつ風化してしまっている。
 何回か読み直してから筆を取ることも考えたが、少しでも多くの人に、早くこの本を読んでもらいたい、できれば自分よりも歳下の人たちにと思って、感想を書くことにした。

 この本は戦争もののノンフィクション。時代背景は太平洋戦争のころだ。
 前半は陸軍の特攻隊であった佐々木友次氏が戦争中の体験を著者の鴻上尚史に語ったことを文章化している。
 著者のファンである自分。彼の戯曲や小説などのフィクションやノンフィクションでも雑誌に連載されているライトなエッセイは良く手に取っていたが、戦争のような重いテーマを扱ったものを読むのは初めて。
 それでも、彼の文章力によって佐々木友次氏の戦争体験が鮮やかに表現されている。著者が優れた作家であることを再確認させられた。

 後半は2015年に著者が佐々木友次氏インタビューしたことに1章が割かれている。
 その後の1章には著者から見た特攻隊や、日本の大衆が陥ってしまった思考などについても、日露戦争のころまでさかのぼって書いている。
 日露戦争の記事の書き方によって、新聞の販売部数が大きく影響した事実については、怖さも覚えた。

 もし、夏休みに読書感想文などのために、何か本を読まなくてはいけない中学生や高校生がいたならば、この本を勧めたい。同じ戦争を知らないオッサンとして、情報を共有したいから。

 あと数年で自分の娘も中学生になる。きっと自分が考えているよりも、あっという間だろう。
 思春期の彼女がまだ自分と会話してくれるならば、夏の一冊として彼女にもこの本のことを話したいと考えている。たとえ、鬱陶しがられても。