淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

隣の彼

 今、自分の心を煩わせている人間は何人もいる。本業の仕事で関わる人がほとんどなのだが。全員のことが嫌いになれないでいるのが余計に厄介。
 他人のことを完全に二元論で考えられたらどんなに楽か。善悪か、好きか嫌いかで。
 もちろん、少しも好意を持てない人間もいるが。

 今月から自分の右横の席に着任した男性エンジニアも、自分を悩ましている一人。
 個性的であると自認している自分が言うのもなんだが、彼はアクが強い。着任する前に現場リーダーが言っていたのが、今ではよくわかる。
 このblogで一部の読者に人気があった、串勝男なみに。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 勝男と同じくらいに個性的なのだが、何故か今まで適切な愛称をつけることができずにいた。
 ネーミングセンスが自分には乏しいからなのだろう。
 諦めて彼のことを今後は次のように呼称することに決めた。隣の彼、と。
 ちなみに隣の彼は、未年の40歳。年上に見えたので、干支を聞いた時に50代だと自分が言ったら、表情を変えた、隣の彼。

 隣の彼は着任してからことある毎に、自分に尋ねてくるキーワードがある。
 そのキーワードは『請負』と『準委任』。仕事中のことだし、まわりの目があるので自分の本音を彼に伝えたことはない。
 というか、たまたま仕事先で隣り合っただけの人間に自分の本音を語る人間がどれだけいるのだろう? かつての自分も含めて、そんなお人好しはかなりの少数派ではないだろうか。

 建前と本音がわかりやすすぎるほど乖離してしまった現在で、何を人に聞いているのだろうと、隣の彼の質問については思ってしまう。
 ましてや自分と違って隣の彼は、学校を出て以来この業界に身を置いているのだから。しかも、ずっと同じ会社に所属しているらしい。

f:id:mobemobe617:20200224180719j:plain
日曜日に撮った一枚。
 だが、彼とのやり取りで準委任について文章を書くことができたのは、感謝すべきなのかもしれない。
 自分のように客先常駐で働いている多くのシステムエンジニアのことを、他の人に少しは知ってもらえる機会になったかもしれないから。

 自分の考えでは、準委任≓偽装派遣二重派遣コンプライアンス上、問題があるから準委任という契約で法の目をかいくぐっている。
 かつては、客先常駐で働くシステムエンジニアも請負と派遣契約が多かったようだが、今ではほとんどが準委任契約だ。少なくとも自分が知るかぎり。
f:id:mobemobe617:20200224185939p:plain
 上の図で説明すると、自分は二次下請けのT社に所属している社員。
 契約上はM社と準委任契約を交わしているが、仕事上ではS社から指示を受けている。
 M社は自分の勤怠を管理しているだけで、実務には関与していない。

 ちなみに隣の彼は、S社からみたらM社と同等の他の会社から準委任の契約を交わしている会社に所属しているようだ。
 自分と彼が同じグループで仕事をするのは、本来ならばおかしいはずだし、そのことについて彼が尖っているのをある程度は理解できる。

 だが、あくまでもある程度。ずっと同じ会社に居る彼に、自分が所属している組織を糾弾する勇気があるとは、とても思えないからだ。
 かつて、自身が所属していた法人と法廷の場で争った自分とは気概がかなり違うだろう、きっと。

f:id:mobemobe617:20200226234152j:plain
今日の写真のモデルは真辺あゆみさん。

眠る前の物音

 昨夜、眠ろうと寝室のベッドに入ると、すぐに物音がしたのが気になった。
 自分の寝室は二階。扉が閉まったような音が下の方から聞こえてきたからだ。
 気が小さいことは自分でもわかっているつもりだったが、自身の他の内面に気がつくことができた。

 ここ最近、いつ死んでもいいと勘違いしていたことに。
 プライベートではある程度、したいこと、しかったことができているとういう手応えはある。
 一方、本業のシステムエンジニアの仕事にはやり甲斐が全く見いだせないばかりか、職場の人間関係に気を使いすぎてただただ疲れるばかり。
 その影響がプライベートにも及んで、他人に会うのがすっかり億劫になっているからだ。

 自分の人生はある程度は楽しんだ。特にここ数年は。
 今のままに生きながらえても、自分自身としても他人から見ても、価値がなくて無意味だといつの間にか考えていた。

 だからといって、自分で命を投げ出す気にはなれないでいた。最低でも母親を悲しませることになると感じていたからだ。
 いっそのこと心筋梗塞などでぽっくり逝くのも悪くないと、考えることもあった。
 だが、心底では別だったことに気がつけた。寝室まで聞こえた物音ひとつで。

 異音ひとつで、自宅内に何者かが侵入してきたかもしれないという妄想が広がった。知らない誰かが浴室から侵入したというストーリーが始まり、最後は自分の命が奪われるところで、ジエンド。
 しばらくは布団に包まって縮こまっていたが、意を決してベッドを出た。
 物音を立てないように寝室の扉を開けて、廊下の照明を点けた。吹き抜けになっている階段をゆっくりと見下ろしたが、怪しい気配はなかった。

 どうやら自分の思い過ごしだったらしい。
 今朝になって一階に降りても、部屋が荒らされた形跡はなかったからだ。
 すぐに、いつものようにせわしく出勤するリズムに戻った。

f:id:mobemobe617:20200226210531j:plain
職場から帰宅時のワンショット。
 他人が知ったら完全に笑い話。
 だが、自分自身では真剣だった。他人から殺められるというリアリティーが、あることを気がつかせてくれたから。

 当たり前のことなのかもしれないが、他人の暴力によって命を落としたくはないと思えた。
 また、事故や病気が原因であれば、今すぐに自分の人生が終わることを受け入れることができるかまで、広げて考えていた。
 結論は改めて書くまでもないが。

f:id:mobemobe617:20200226201136j:plain
今日の写真のモデルはなつめさん。

保育園の梅の樹

 歯科と心療内科に通院してから出勤することになっていたので、少しゆっくりと起きた今朝。
 自宅のすぐ脇は、地元の小学生が集団登校するための集合場所。
 自分の通勤場所が近い時には彼らの声をよく自宅で聞いた。今の現場になってからは、彼らの声を聞いた記憶がない。

 春眠のまどろみと朝食を天秤にかけた。結果、朝食を抜いたままでいつもの駅に急ぐことになった。
 1時間以上は遅かったので、駐輪場で自転車を止めるスペースはいつもよりも奥の場所になった。
 今日、改めて気が付いたが奥の方、遅い時間に停められたと思われる自転車には電気自転車が多い。何か相関関係があるのだろうか。

 ここ最近は降りたことがない駅で降りた。自分の実家が最寄の駅に。子供のころ、どこかに出かける時に利用するのはこの駅だった。
 だが、今日は実家に向かうために降りたのではない。歯科医に向かうためだったので、実家とは逆の方向に向かって歩いた。

f:id:mobemobe617:20200225110940j:plain
今朝、先ほど撮ったばかりのワンショット。
 しばらく歩くと前方に保育園が見えてきた。この保育園では別れて住んでいる妻が働いている。園児が多くて、地元ではそれなりに名が知れた保育園。
 近づくと園児の声が聞こえてきた。道と園を遮るためのフェンスから梅の樹がはみ出して咲いていた。濃い色の八重咲で目を奪われたが、近づくのは気まずい気がした。
 仲がよかったころでも妻は、職場の人間に自分を会わせたがらなかったからだ。
 自分との状況を職場でどのように説明しているかは知らないが、保育園の様子を伺っているように自分が思われたら、嫌みの一つや二つくらいは言われる可能性は充分にある。

 歯科医で治療を受けると、駅までの道を戻った。来るときは下り坂だったが、戻るのは上り坂。
 上りでも歩くのがに苦痛を覚えるようなキツイ坂ではない。視点が気持ちよく上がっていくような、ゆるやかな坂道だ。
 行きと違って帰りは保育園のフェンス側を歩いた。何故か子供たちの声に引きつけられたから。

 家を出る前に聞いた小学生たちの声とは違っていた。園児たちが園庭で遊んでいたので、テンションが高かったこともあるかもしれない。
 罪のない子供たちの声に魅力があると思って聞いていたが、園の横を通り過ぎた後には別のことを考えていた。

 園児、皆が楽しい訳ではないだろう、と。まわりがはしゃいでいるのについていけない園児もいるかもしれない、と。
 子供だからといって、大人の目線で一括りに考えるのは違っているように思えてきた。
 ちなみに、自分の保育園時代は楽しくないことの方が多かった。年長に進級してガールフレンドができるまでは。

f:id:mobemobe617:20200224180625j:plain
今日の写真のモデルはゆる子さん。さくらフォト撮影会にて撮影。

ビンゴ

 今日はゆっくり過ごした。というか、流石に特別に何かをする気は起きなかった。
 溜めに溜めた洗濯物を片付けた。整骨院での受診。格安の理容院でのカット。ヤマダ電機で蛍光灯、スーパーで食料品の購入。買った蛍光灯を取り付けた。
 昼食を食べたあとはくつろいだ。リビングの電気カーペットの上で録画したTV番組を見ながら、ウダウダしていた。

f:id:mobemobe617:20200224175031j:plain
買い物先の屋上駐車場から。
 午前中に自分がしたことで、上記に書かなかったことがひとつだけある。それは、昨日の後片付け。
 スキーとスノーボードの道具一式を車から降ろして、車内を片付けた。
 運転席と助手席はそれほどに汚れてなかったが、後ろのシートは散らかっていた。ほとんどは娘が食べ散らかした食べカスや、食べた後のゴミだった。

 昨日の帰り道、娘は捨て台詞のように次のように口にした。ゴミを置きっぱなしにして散らかしていくから、後で掃除するように、と。
 そんな女王様のようなことを言っても許されるのは、かなりの外見が備わった女性だけ。
 他の女性であれば、そんなことを言っても従うのは父親くらいだろう。

 大きなゴミを拾ってからシートを手で払うと、目が足置き場に止まった。茶封筒が落ちていたからだ。
 封筒の表にマジックで書かれていた文字には記憶があった。書かれていた言葉は、『食事券』。

 その封筒は昨日のビンゴゲームの景品だった。Ontake2240では一昨日からの三連休、16時からゲレンデのベースでビンゴ大会が催された。
 参加条件は一日券を持っていること。一枚につき、一枚のビンゴカードを受け取ることができたので、娘と二人で参加した。

 一等と二等は東京ディズニーリゾート富士急ハイランドのパスポート付きチケット。
 残念ながらそんな上位には入賞することはできなかったが、かろうじて自分が持っていたビンゴカードがビンゴを決めた。
 自分に代わって娘が賞品を受け取りに行ったのが、茶色の封筒だった。
 娘が気を使って自分に置いていったのかもしれない。
 娘と自分にまた、ビンゴにまつわるエピソードがひとつ加わった。

 娘が未就園児だったころ、ディズニーランドに行ったことがある。
 結婚式の二次会でのビンゴゲームで、パスポートチケットが当たったことがきっかけで。
 自分がこれまでにディズニーランドに赴いた回数は二回。一回目は中学校の修学旅行だった。
 義母が用意してくれたアリスの衣装を着ていたのが、懐かしい。
 娘は自分と一緒に園内を歩いたことを覚えているだろうか。

f:id:mobemobe617:20200224175000j:plain
今日の写真のモデルはみくみきさん。

余裕のある人?

 今日は久しぶりに丸一日を娘と二人きりで過ごした。娘と一緒にスキーをして。
 早朝6時に妻の実家に娘を迎えに行って、Ontake2240に向かった。
 ある程度の情報を話して、ゲレンデの選択は娘に任せると、彼女自身が行ったことがなかったゲレンデを選択した。
ontake2240.jp
 中津川インターで高速を降りて国道19号を北上するとすぐに、ちょっとした渋滞に捕まったのが、いかにも3連休の中日らしい。
 道路工事などで車線でも規制されていることなどが原因かと咄嗟に考えたが、単なる自然渋滞だった。
『Ontake2240』へのルートは木曽の他のスキー場と違って、いち早く国道19号線から外れる。
 しばらくは気持ち良く走れたが、道路脇に積雪が目立つようになるころには、前方に車が多くなっていた。

 走行車線にもはっきりと雪が積もっている状態になったころ、前の数台が停車した。
 たいした積雪でもないのに、先に進めない車が原因だったようだ。
 暖冬とはいえ、流石に標高の高いゲレンデに向かう道。しかも、木曽近辺のスキー場へのアクセス路では、現状では一番の険しい道が続いているので、ある意味では仕方がない気はする。

 苦労してゲレンデに向かっても、娘と自分への受難は続く。駐車場で駐車スペースを探すのに苦労したのはまだまだ序の口。
 リフト券を買うために、チケット売場に向かうと列が幾重にも曲がって続いている。
 その時にはじめて知った。翌日が二月二四日、『Ontake2240』の日であることを。それにちなんでこの三連休はリフトの大人一日券が2,240円で購入でき、ランチサービスとして特定の丼メニューが無料で提供されることを。

f:id:mobemobe617:20200223213558j:plain
今日のOntake2240。
 ゲレンデに訪れた人たちの多さによるデメリットは一日中、自分たちに影響を与えた。
 リフト待ちの時間の長さ、昼食を食べる際にレストランでの席の確保などなど。
 スキーバブルのころを彷彿とさせるようなシーンに、今日一日で何度も遭遇した。

 ここ最近の疲れもあって、娘と一緒でも自分はイラつくことを隠せないでいた気がした今日の自分。ため息と『疲』を含んだ言葉を何回、口にしただろう? 娘に対して申し訳ない気持ちはある。
 だが、娘はそれらのことを気にしていない可能性も、あるかもしれない。
 ゲレンデからの帰り道、娘が自分の印象を語ったのを聞いて驚いたからだ。彼女からは、余裕がある人に見えているらしい。
 忖度してくれた発言だったのかもしれないが、どうだろう?

f:id:mobemobe617:20200223213618j:plain
今日の写真のモデルはきーちゃんこと、山下沙季さん。