淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

誕生日が近いから

 昨日は同人誌の例会だった。マスヲにとっては出戻りから2回目の参加だったがここ数年の中では同人の出席率が高かったようだ。
 批評対象の作品は小説が3作だったが出席者が多かったために、最後の作品に割かれた時間が少し足りないほどだった。

 その後の懇親会で飲みながら他の同人と話しているときに、同性の年配者から誕生日を聞かれた。何故そんな床屋のようなことを聞かれるのか違和感があったが、相手が年上のこともあって正直に答えた。
 すると彼から川端康成と誕生日が近いと言われた。マスヲは特別川端康成が好きでもない。好きな作家でも正確な誕生日を知っている人はいない。
 そんなことを言われると相手が喜ぶと思ってのリップサービスなのか、自分の知識をひけらかしたいのか、それとも酔っぱらいの戯言でそんなに深い意味はなかったのだろうかと昨夜はベッドに入りながらも考えていた。

 今朝、目が覚めると真っ先にインターネットで川端康成の誕生日を調べたら6月14日だった。マスヲとは3日違いなのでそんなに近いとは思わなかった。
 それよりもむかし好きだった女性のことを思い出した。彼女はマスヲと誕生日が2日違いだったから。

 彼女と知り合ったのはマスヲが20代の半ばを過ぎたころだったと思う。ある私立大学のオープンカレッジで手話を勉強しているときに知り合った。
 受講生は年齢問わず圧倒的に女性が多かった。彼女はその中でも年上の主婦たちや年下の学生からも口々に綺麗だと言われていた。
 何とかモーションをかけてB’zのライブに一緒に行ったことがあるが、今思い返しても彼女のような綺麗な人と2人で時間を共有できたことが不思議に思える。

 手話の勉強は他のメンバーにも恵まれたせいか何期か継続することができたし出席率も悪くなかったと記憶しているが、残念ながら成果のほうは恥ずかしいくらいだったし、わずかに覚えたことも今ではほとんど忘れてしまっている。

 手話を教えてくれた講師が趣味で手話演劇を行っていた。講座が終わった数年後にどういう訳かある公演でのボランティアを彼から依頼された。
 マスヲがホールで受付をしていたら、好きだった彼女がその後に結婚することになる彼氏と二人で現れたことが忘れられない。悔しいほどお似合いで誰が見ても美男美女の2人だった。

留年してるつもりで 【「ベター・ハーフ」再演の感想】

 鴻上尚史が作・演出する舞台、「ベター・ハーフ」の名古屋千秋楽公演を昨日、鑑賞してきた。
f:id:mobemobe617:20170723113212j:plain
 チケットを手配することに夢中になっていたために、手に入れたチケットが千秋楽公演だということに当日まで気がついていなかったが、気がつくとよりテンションが上がっていた。
 ウインクあいちに到着すると今までの観劇した中では、開演前のロビーに一番の熱気を感じた。入り口で鴻上作品では名物になっている『ごあいさつ』を受け取り座席で読み始めると冒頭の2行を見ただけで鴻上さんの意気込みも伝わってきた。
f:id:mobemobe617:20170723113111j:plain
 ロビーや座席から他の観客を見ていると今まででの鑑賞舞台の中では年齢層や性別などもより様々だったと思う。
 初演のときは風間俊介さん目当てのような観客がわかり易かったが今回はそんなこともなかった。
 名古屋公演が設けられたのは松井玲奈さんの経歴による事情があるのかもしれないが、彼女のファンと思われるような人たちも事前に考えていたよりは少なかった。マスヲの1個座席を飛ばした左側2席に座った2人の20代に見えた男性が象徴的だったが、観劇慣れしていないような雰囲気だった。
 マスヲの右隣と左隣りはそれぞれマスヲより少し年上の男女で、右側の男性は女性連れだったが開演前も閉演後もほとんど会話がなかったのでおそらく夫婦だろう。
 開演前に聞き飽きた携帯電話の電源を切ることを促すアナウンスが流れたのにも関わらず、開演中にLINEのメッセージ受信の通知音が微かに聞こえたのが残念だった。
 ちなみに今まで大阪や東京で観劇したときはそのようなことは一度もなかったことも併せて追記しておく。

 幕が開いたころには硬さを感じているように見えた観客も、最後は全員のスタンディングオペレーションとなり、キャストそれぞれから挨拶まで聞くことが出来て素晴らしい形で幕が閉じたと思っている。

 再演を鑑賞するか悩んでいたのが馬鹿馬鹿しいくらい、素敵な時間を楽しむことができた。
hatehatehahaha.hatenablog.com

 ちなみに舞台の千秋楽公演はマスヲ自身では2回目。1回目は同じく鴻上尚史が作・演出する舞台、「イントレランスの祭」だった。

 以前の大阪公演とマスヲの違いは、初演も見ていること*1、事前に長距離の移動をしなかったために疲れていなかったこと、箱が違うこと、初演の大阪では座席がほぼセンターだったが今回の公演ではステージから見たら右側4列目だったことだ。
 座席の位置の違いによる影響は今朝になって気が着いたが、文字通り違う角度から見ることができたことのメリットの方が高かった気がしている。
 箱の違いは開演した出だしに片桐さんが演じる沖村の声の通りが若干悪かった気がしたが次第に補正されたと感じた。
 長距離移動しないことで体調が良かったために初演の時と集中力に差があった。
 そのせいか、初演を見たはずなのに部分的な場面はともかくラストシーンを全く覚えていなかったことに気がついた時には我ながら愕然としたが、そんなことからも舞台も映画のように同じ演目を複数回見る価値があることを痛感した。

 キャストに関しては、唯一、遥香役が真野恵里菜さんから松井玲奈さんに代わった。そのことで気になったのは彼女の地元なのでひょっとしたらマスヲが見た公演には両親や身内、昔からの友人が観劇していたためなのかもしれないが、遥香が性的で卑猥なセリフを連呼するシーンで、彼女が照れながら言っているように聞こえた。それが演出なのかもしれないが、真野さんのときはあまりそのように感じなかった。
 良かった点は風間さんや片桐さんとの二人きりの掛け合いのシーンが彼女に代わった影響でより掘り下げられた気がしたし、全員でキャンプに行く場面がダンスによって表現されているのだが、ダンス中の表現で遥香の感情が風間さん演じる諏訪に向かっていることが真野さんの時よりも伝わってきた。
 再演のメンバーそれぞれが初演のときよりもそれぞれの配役でのメッセージ性は強まっていたが、中村中さんのピアノ、歌、演技はもちろんのこと彼女自身の存在感が初演よりもより艶っぽく魅力にあふれていたのが印象深かった。

 最近は映画を見てもパンフレットを買わないことの方が多いが、今回の観劇後には初演では買わなかったパンフレットと中村中さんが歌う劇中歌のCDを買った。
 観劇後にパンフレットを見ていたら、キャスト座談会の中で唯一再演メンバーでない松井玲奈さんがプレッシャーを訴えていた。すると中村さんが次のように言ったようだ。
 ”留年してる”つもりでもう一回やろうと思ってる。
 ちなみに観客であるマスヲも初演を見ていたのにも関わらず、ラストシーンを覚えていないほどだったので観客も最低1人は留年していたことになる。
 鴻上さん、キャストやスタッフの方々、素晴らしいステージをありがとうございました。観客としてもまた留年しても構わないので、名古屋での再演をお願いいたします。
f:id:mobemobe617:20170723113133j:plain

*1:演出は初演と変えないと演出家は公言していた

人を見る目が無いのは皆同じ

 昨夜、友人からの話を電話で聞いていた。友人といっても元々は友人の妻なのだが、今では旦那よりも彼女の方が友人らしいと思っている。
 マスヲが友人に求めるものはふたつのものしかない。敬意と情だ。彼女には両方とも備わっているし、旦那の方にはだんだん情が持てなくなってきたし、敬意も払えなくなってきた。
 旦那とは中学からの友人だが少なくとも友人になったときは、凄いと思わせるところがあったが最近はそういうところを見出すこともほとんどなくなってきた。

 電話で話していたときに彼女は23歳の私には男を見る目が無かったと話していたが、そんなことを言ったら結婚を決めた30歳のマスヲにも女を見る目がなかったということだろう。

 大雑把の統計だと日本人の離婚確率は結婚した夫婦の1/3らしい。離婚するということは夫婦それぞれ相手を見る目がなかったいうことになるので、少なくとも結婚する人間の1/3はそれぞれ結婚相手を見る目が無いということになるし、マスヲみたいに離婚こそしていないが別居や家庭が事実上崩壊している家庭も考慮するともっと多数の人間が異性を見る目がないということになる。

 異性を見る目だけではない。マスヲは転職回数が多いために普通の履歴書では収まらなくなってきた。
 転職回数が多いのは会社を見る目がないということも一因だと考える。働く会社を選ぶことは経営している人間を間接的に選ぶことにも通じると思うので、そう考えるとマスヲは労働者からの視点では経営者を見る目が無いということになる。
 マスヲの友人で社会に出てから一回も転職していない人間はたったの2人だ。それ以外の友人もみな経営者を見る目がないのだろう。ちなみに昨夜電話をしてきた友人の旦那も転職組だ。

 昨夜、彼女との電話が終わった後に『LOVE LOVE あいしてる16年ぶりの復活SP』をテレビで楽しんでいた。電話の話が深刻な内容だったので、ずいぶんリラックスできた。
 吉田拓郎KinKi Kidsの2人に、君たち大人になったね、と言っていたのが印象的だったが、その一方で篠原ともえも含めた3人が1979年生まれなので40歳近いのに結婚どころかスキャンダルもないことを冷やかされていた。
 そんな上から目線の冗談を言っていた吉田拓郎も今の妻は3人目なので、彼の人を見る目もそれほどではないだろう。

定時退社なのに事前にメールを送付すること

 昨夜はある友人と飲みに出かけた。彼とは別会社ではあるが同じプロジェクトで働いたことがきっかけで仲良くなったのだが、より親密になったきっかけの言葉があるのだが、その言葉が印象に残っている。淡白さんは『沢木耕太郎』の『深夜特急』読んだことありますよね、と断定で聞かれたのだ。読んだことありますか、と仮定で聞かれるのならわかるが何故断定できたのだろうかと不思議で仕方がない。
 マスヲは『深夜特急』は読んだことがあったしお気に入りの作品なのだが、マスヲは『深夜特急』は読んだことがあったしお気に入りの作品なのだが、まだ彼とはそれほど会話もしていないころだったので、外観だけで読んだことがあると判断されたのだったら、人間観察能力が鋭すぎる。

 そんな彼と昨夜は河岸を3回変えながら飲み歩いたのだが、河岸を変える途中で歩いていた時に彼の今の常駐先が近いので少しだけ遠回りすることにしたのだ。自社用という理由にしてあるので、ということを彼から聞いて察した。
 おそらく次のようなメールを同じ職場のメンバーに送付したのだろう。
『各位 タンパク(仮名)は本日自社用のため、定時退社します。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。』
 マスヲにとっては現場でよく見るメールだ。今でこそ慣れたが初めて見たときは違和感を覚えた。定時退社するのに事前報告をしていることに。
 当日中のやるべき仕事さえやっていればこんな文面のメールは本来必要ないはずだし、定時退社することが悪いことであるような感じが行間から伝わるかもしれないことを今でも危惧している。

 だから、マスヲが仕事後の夕方に所要があって遅れたくない場合は、その所要が自社用でもその他の用事の場合でも次のようにしている。定時退社で間に合う時間でもわざと定時退社ではなく30分ほど早く退社する。自社に対しては自社用の時はそのほうが現場を抜けやすいからという理由で了承を取るし、プライベートが理由の場合は早退届を提出している。
 マスヲが勤める会社には半休という制度がないために、早退すればその時間に関わらず一律減給になるのだが、定時退社することが悪であるかのように世間で扱われるよりはマシだと思っているからだ。
 そして、以下のようなバカバカしいメールを職場で垂れ流すことになる。受信者にはほぼ既読スルーされるのにもかかわらず…。
『各位 タンパク(仮名)は本日自社用のため、17時30分に退社します。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。』

婚活パーティーに出てみれば?

 昨夜、母親と弟との3人で焼肉を食べに行ったことは昨日の記事で書いたが、母親がお手洗いのために席を離れているときのことだった。
「兄貴も婚活パーティーに出てみれば?」弟はさらに続けた。「小説のネタにもなるし」
 母がいないタイミングを選んだのは、まだ形式上は結婚している兄貴に気を使ったのだろうが、心の中では弟に舌打ちしていたが態度には出さなかった。
 今でこそ婚活パーティーという言い方が一般的だが、むかしはねるとんパーティーと呼ばれていたころに、20代のころ何回か参加したことがあるが、苦い思い出しかないからだ。

 その中でも1番の思い出はパーティーで知り合った女性から連絡があったので、その女性から呼び出された場所に出かけていくと高価な毛皮を買わせることが目的だとわかったからだ。相手が買わせたい毛皮の価格は200万円。現場ではもうひとり年配の女性も加わって必死にマスヲを説得してきた。
 その日、体調不良で生涯で初めて会社を休んだ日なので鮮明に覚えている。まるでMLMで勧誘にあっているかのようだった。
 その時に思ったことは、ブサイク村出身に産まれるということはこんなデメリットもあるのだということだ。相手の女性2人が必死に言葉を並べ立てて説得してきたが、心身ともに弱り切っていたためにかえって、そのことがショックでまったくマスヲの耳には入ってこなかった。

 だが何故か、産まれ持って変えられないことを嘆いても仕方がないと開き直ることができた。嘆いたところでそのころには自分が相当な女性好きということに自覚が出てきていたので、そのハンデをどのように埋めていくかに自分の考えの焦点は移ったし、実際に様々な行動をした。

 そのころの弟は東京の有名私大に在学中だった。しかもマスヲ違って外見も悪くない。帰名したときに弟が口にした言葉が忘れられない。
「今の大学に合格したらもてることは想定していたけれどこんなにもてるとは思わなかった。だから、自分より偏差値が低い大学の女性から言い寄られても興味が持てない。」

 そんな調子なので弟の男子力の成長はそこで止まってしまったと見ているし、今のマスヲなら弟よりは女性にアピールできるはずと自惚れている。
 昨日の記事を書いた後から一晩考えたがマスヲにとって、恋愛に関しての後悔はない。その時々で自分らしい選択をしたという自負があるからだ。

忘れ物を取りに行けること

 24日の出勤日まで残すところ僅かになってきた。出勤日までに予定していたことで出来そうもないことが、少し出てきたが仕方がない。来月からの予定だった出勤日が早まったのだから。

 

 今朝は6時過ぎに家を出て、ウイングヒルズ白鳥リゾートに向かった。先日滑走しに行ったときにストックを忘れてきてしまったので、取りに行くことにしたのだ。当然、滑走はしてくるつもりだった。

 

 郡上市に入るころから見える景色も前回とは変わってきている。山々の緑がほぼ深緑になっているし、まだらにあった薄緑を探すのが難しくなってきた。長良川に入っている友釣り師の数も増えているのがはっきりとわかる。

 今日みたいに暑い日だと清流に浸かりながら釣りを楽しむのも悪くないだろう。マスヲもストックの忘れ物が無ければアユではないが他の釣行を考えていたくらいだから。

 

 先日よりは早く家を出たので10時過ぎには現地に着くことができたが、今日は朝から晴れていたので駐車場から合羽を着てセンターハウスに歩くだけでも暑かった。当然、ゲレンデも先日よりも暑かったが、先日よりも全体的に人が多かったのは何故だろう。 

f:id:mobemobe617:20170719221148j:plain

 今日は暑かったせいもあって、ゲレンデでの散水量が多かったので1本滑る毎に全身に相当な水を浴びた。先日までは小雨が時折降ったり、気温がまだ低かったので「PIS*LAB」自体の温度が低かったからだろう。ある意味こういうコンディションでこそ高価な合羽を買った意味があると言えるかもしれない。今日は暑かったが以前使用していた安い合羽よりははるかに通気性が良いからだ。

 

 上級のスキー板をレンタルするとエッジを1回だけ研磨してくれるので昼食を摂るタイミングでレンタルショップに持って行った。板を預けるときに係りの男性との雑談の中で、今日はスピード感を前回来た時よりも感じないのだが、と言うと気温のせいだと教えてくれた。「PIS*LAB」の温度が上がるとスピードがやはり出にくいらしい。彼は今日も10時までは滑走したがその後は仕事に専念しているそうだ。

 前回の記事で「PIS*LAB」は時間によって滑走感に差が無いようなことを書いたがそれは間違いだったようだ。

 

 ウイングヒルズ白鳥リゾートのグリーンシーズンは他にもアクティビティが楽しめるのだが食事後にマウンテンバイクを楽しんでいる客に、スキーヤーやボーダーは何故同じような合羽を着ているかを質問された。ゲレンデに多量の水がスプリンクラーで散水されているのでその対策のためだと答えた。バイカーは散水対策か傷対策だと思っていたようだ。自分もそうだが、皆それなりに高価な合羽を着用している人が多そうだということも付け加えた。

 

 今シーズンの「PIS*LAB」滑走は3回目だが、前2回は恥ずかしながら1回ずつ転倒して肘に軽い擦り傷をしていた。

 リアルスノーのゲレンデでは1シーズンを通してもそれほど転倒することは無いので油断していたのかもしれない。今回はその点も考慮していつもは膝しかプロテクターをしないが今日は肘にもプロテクターをして滑走したら、結局1回も転倒しなかった。

 準備をしなかったらそのことに関してのトラブルが起こり、準備をしたら何も問題は起こらない。何でもそんなものかもしれない。

 

 今日で今月のウイングヒルズ白鳥リゾートを滑走は最後になるだろう。そのことも踏まえて帰りに少し寄り道をした。国道に出る前に少し横道にそれるだけで正ヶ洞の棚田を見ることができるからだ。車1台が何とか走れるような細い道をしばらく行くとマスヲでさえもほのぼのする田舎の原風景のような眺望を楽しむことができた。 

f:id:mobemobe617:20170719183332j:plain

f:id:mobemobe617:20170719183427j:plain

f:id:mobemobe617:20170719183444j:plain

 帰り道も国道沿いからところどころに見える長良川では往路よりも釣り人が増えていたような気がした。国道沿いの温度計も見るたびにほぼ30度を越している。

 釣り人たちは陽にあたるようなポイントでも水に浸りながら、アユを追っかけていれば日差しや気温はあまり感じないのかもしれない。

 

 マスヲが名古屋近くまで帰ってくると母親からスマフォにメールの連絡が入った。今夜焼肉を食べに行きたいとのことだった。前振りもなく突然だったのだが、たまには母親の無茶ブリに従うのも仕方がないだろう。

 焼肉屋で弟も含めて3人でビールを片手に食事をした。マスヲが日中体を動かしたので焼肉よりもビールのほうが美味しく感じた。マスヲだけでなく母親も弟もそれなりにペースでビールを何杯も飲んだ。

 

 食事中の会話で婚活に勤しんでいる弟に対して、母親がいきなり切り込んだ。弟が思った以上に成果が上がっていない婚活について、大学時代に付き合った彼女が忘れられないのではないかと。40歳の弟はそうかもしれない、と答えた。

 2人の会話を聞きながら自分にも過去の恋愛で取りに行けない忘れ物が無いかに思いを巡らせたし、今もそのことを考えながらこの文章を書いている。

【祝・たんぱく宣言100日継続企画】 エッセイを書く難しさと楽しさ

 今日の記事でたんぱく宣言は100日の継続となり、そして100個目の記事となる。
 これもひとえに読者のお陰だと思って感謝しているし、キリのいい100日継続できたことにも我ながら驚いている。

 先日、ある友人と食事をした際に同人誌に復帰して小説を書いていることを話題にしていた時のことだ。
 blogの執筆ペースを落として小説を書くことに注力したらどうかという意見をもらった。
 小説を書くことも今のマスヲにとっては大事なことだ。だが、blogを毎日書くこともやはり大事なことなのだ。
 blogを書くと文章量や内容にもよるが、たんぱく宣言の記事の中では数時間かかっているものも珍しくない。その時間を小説の執筆にさけば、小説の執筆がその分だけ進むのは確かなのだが、今のところはblogの更新ペースを変えるつもりはない。だが、友人の意見を参考にして最近はblogの文章量をある程度抑えている日が多い。

 たんぱく宣言はマスヲのエッセイなのでノンフィクションだ。毎日書き続けている中で気がついた。
 小説は絵画を描くことにエッセイは写真を撮ることに似ているということに、だ。
 小説はフィクションなので事実をもとにしたことであってもどんなことでも書ける。絵画の基本もリアリズムなのかもしれないが、ある程度は虚飾なことでも絵画にすることは可能だろう。
 だが、エッセイはノンフィクションなので事実しか書けない。写真も目の前にあるものを撮影するしかない。
 この点がblogを書きはじめたときからの自分の中では大きな壁だったのだが、書き続けることによって最近はその壁を越えたような気がする。
 写真はアングル、構図、絞り、シャッタースピード、感度などをコントロールすることによって同じ景色を撮ったとしてもまったく別の作品にすることは可能だろう。
 エッセイも見たこと聞いたこと体験したことなどしか書けないのだが、体験したことは特に視点や構図などを強く意識して考えて書くと、自分でも驚くほどの読後感を与えることが出来るのではないかと思えるようになってきた。

 マスヲの中でそれを今までで強く感じた記事がある。それは以下の記事だ。
hatehatehahaha.hatenablog.com

 正直に言うと事前から当日の自分の感情を予想していたので、多少下書きのような原稿があったのだが、当日に体験したことを自分なりに考え直したらまったく別物の記事となったことが感慨深い。