淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

彼岸も秋分の日も忘れていた

 昨日は午前中で仕事を切り上げて友人と予定通りに野球観戦をしたが、今まで観戦した中では贔屓にしているチームの負け方が一番酷かった。ドラゴンズが初回にベイスターズから8点も取られてしまったのだ。
 終盤5点を取ってくれはしたが終わって見れば13対5という惨敗だった。今年2回目、しかも前回の野球観戦は延長の12回しか見えなかったのだが、一応引き分けだった。今年の野球観戦はついていない年で終わったが、それも仕方がないと思う。
 ドラゴンズは現在5位で勝率も悪いのだから、確率的にも負け試合を見ることの方が多かったはずなので。

 試合開始から気になることが会った。昨日の試合は土曜日のデーゲーム。通常のデーゲームならば土曜日なら15時、日曜日なら14時のプレーボールが普通なのに、昨日は15時だったからだ。
 試合が終わったあとにタクシーに乗ったのだが、その運転手との雑談で昨日が祝日だと初めて気がついた。
 土曜日が祝日と重なると休みが増えるわけでもないので、よけいに気がつきにくいかもしれないのだが、秋分の日であることもしっかり忘れていた。

 野球観戦の後、友人6人たちと居酒屋で飲んでいた時に気になっていたことがある。23時過ぎに1件目の店を出たところで昨夜は解散になったがあの時間だったら2次会があったとしても昨夜だけは躊躇しただろう。

 今朝は日曜日だが普段の休みよりも早めに起床してこのblogを書く前に行ってきたところがある。祖父と祖母、そして父が眠っている墓地に行ってきたのだ。
 墓地に着くと朝早かったせいもあり、駐車場に停まっていた車は数台しかなかった。車から降りるとさわやかな秋風が吹き抜けて行き、墓地の方面の方を見るとその先には高い建物が無いせいで秋らしいきれいな青空が見えた。
 我が家の墓標まで歩いて行くと、昨日がお中日だったこともあり、墓石はきれいに磨かれていて、花もきちんと供えてあった。おそらく、全て母がしてくれたことだと思う。

 実家から墓地までは歩いて行けるほど近いのだが、それでも面倒臭いことだと思う。母にとって、父はともかく祖父と祖母はきれいごとを言ったとしても結局は他人である。生前は同居していた祖父祖母とも折合いが非常に悪かったのだから、余計に頭が下がる。
 祖父や祖母とも血の繋がりのあるしかも長男のマスヲがすっかりお彼岸を忘れていて、墓参りを忘れそうだったのとはえらい違いだ。
 普通に考えとマスヲよりは先に母が亡くなるはずだし、それが親孝行だと思っている。もしそんな日が来たときにマスヲはきちんと墓守ができるかをぼんやりと考えながら今から着替えて休日出勤の準備をしようと思う。

おごってもいい人、おごられてもいい人

 昨夜はある友人と予定通りに飲みに行った。当時同じプロジェクトに関わったメンバーも1人、当日に連絡がついて参加してくれたので3人で集まったことになる。
 昨夜の酒宴の口実は友人の再就職祝いだった。
 2人で飲むことが決まったときから彼に対してはおごるつもりだった。

 1件目は主賓が串料理を食べたいということだったので、鳥料理の店に行った。
 昨日は金曜日だったので、2時間でお店を出ることになった。入店したときから言われていたことだったので腹も立っていないが、居酒屋での在籍時間が2時間なのは名古屋地区のローカルルールなのかそれとも全国的に当たり前なのかが少し気になっている。
 出張や旅行先で居酒屋を利用した時に同じようなことを言われたことが無いからだ。

 席での支払いになったが、後で駆けつけてくれた友人に2人で支払うことを提案すると気持ち良く賛同してくれたので、再就職した彼も納得しておごられてくれた。
 マスヲが仕事先を定時で脱出したこともあってか、店を出るとまだ時間が早かったのでタクシーを捕まえて、2件目に飲みに行った。
 2件目ではマスヲの目論見が外れて少し残念だったが、それでもそれなりに盛り上がり爽やかな感じで解散となった。そのおかげもあってか、昨夜は久しぶりに良く眠れたので二人に感謝したい。

 今日の予定は現場にこの後休日出勤することになっているが、午後からは名古屋ドームで野球観戦をすることになっている。
 1年に1度ある友人と2人で観戦するのがここ毎年の恒例となっているが、その度に彼がチケットを用意してくれる。悪いとは思っているが最近はその行為に甘えさせてもらっている。
 マスヲはあまり友人の年齢は気にしない。昨夜集まった2人は年下だし、今日野球を見にいく友人は同じ歳だ。

 若い時は相手が誰であっても人におごってもらうことが嬉しかったし、最初に勤めた会社ではある年上の従業員におごらされたことが何回かあったがその度に違和感を覚えた。
 ただ、最近はおごられる方が気を使うし、人を選んでいる。おごられてもいい人の条件を一言でいうとお金にきれいな人と言えるが、マスヲが感じているその言葉の意味を正確に伝えるのは難しい。
 ただ、マスヲの古くからの友人がその魅力を高いレベルで兼ね備えている。彼に見習いたいのだが器の小さなマスヲに取ってはなかなか難しい。

下衆と言ってくれた友人

 今夜は久しぶりにある友人と飲みに行くことになっている。金曜日にお酒を呑みに出かけるのも久しぶりだ。彼とは今まで関わったプロジェクトの中でワースト2な苦労をした中で知り合った。マスヲはその当時勤めていた会社を退職して今の会社に転職したので、そのプロジェクトからは途中で抜けたのだが、彼はほぼ最後までそのプロジェクトに関わりきった胆力のある人だ。

 プロジェクトが始まった当初、マスヲは大阪から東京とプロジェクトの都合で作業場所を変えたが彼はマスヲが大阪で作業をしていたころから名古屋で仕事をしていた。
 仕事上の連絡はこの業界ではごく普通のEメールを使っていたので、電話で話すこともなく面識もほとんどなかった。彼はマスヲからのメールだけを見ていたときは印象がすこぶる良かったらしい。
 マスヲもやがて名古屋で作業をすることになり、彼と初めて顔を会わすことになったがマスヲは彼に対してそれほど違和感はなかった。毎日のようにランチも2人で出かけていた。

 今から5年ほど前のある時、彼とお酒を飲んでいた。酒の肴にマスヲに対して言い出した。淡泊さんは下衆ですね、いい意味で下衆過ぎる、と。
下衆と言ってくれたのは今までで彼ただ1人だけだ。しかも、いい意味でという枕詞までつけてくれたのだ。
その当時はまだスプリングセンテンスなどの言葉も出回ってなかったので、彼とマスヲの方が下衆という言葉を先取りしたことになる。

 マスヲは仕事で関わった人との飲み会では、仕事の話はほとんどしないし仕事の方向に話題が近づこうとするとわざと話を脱線させる。
 そういうときに話題をHな方向に振っていけば必然的に仕事関係の話から遠ざかるので、彼はそのことに感づいていて、そう言ってくれたのかもしれないと自分に都合のいいように今は考えている。

 マスヲは知人や友人などに様々な修飾語で評されてきた。
 今まで下衆と同じように一回しか無いのは、つまらないと言われたことだ。
つまらないと言ってくれた人は仕事上で知り合ったマスヲが嫌いで関わりたくなかった人物なので、ある意味彼の前では違う自分を演じ切ったと言えるかもしれない。

 面白いとか変わっているとかは言われ尽くしてきたが、最近言われなくなってきたのはうるさいという批評だ。
 前までは仕事中でもよくうるさいと注意されたのがこの頃では懐かしいが、仕事柄それくらいが本当は普通なのだろう。

大人は去っていく

 今一緒に働いている外注のエンジニアで一番大人だと思っている人がプロジェクトを離任することになるらしい。マスヲより後に着任したのに今月末までのようだ。

 マスヲが彼を大人だと感服したのは先日での会議の席だった。会議の主題はプロジェクトの進捗についてだった。
 てっとり早く言うとプロパー社員が外注にもっと残業や休日出勤をしろと激を入れるのが目論見だと感じていた。
 1人ずつ外注が今の進捗状況と今後の見通しについて順番に問われた。

 外注のほとんどは相手の工数見積もり不足が原因だとわかっているし、プロパーでさえそれは瑕疵だとうっすらとは感じていたはずだ。
 30代までだったらそう言った場でも正論を持って相手がお客であっても議論を戦わせていたが、最近はほとんど思っていることを言わない。
 本当のことを言っても相手の気分を害するだけで、向こうに問題点があったとしてもほとんどの場合は改めてくれることはないからだ。ただ徒労感を感じるだけだ。

 マスヲ以外のエンジニアも1人だけがさりげなく時間が足りないことを言ったのだが真剣に取り合ってもらえなかった。
 大人の彼の番が回ってくると彼は話し出した。話しているのを聞いたことがなかったので声質も改めて認識したほどだ。
 彼は自分が担当になっている作業をすべて洗い出してその作業にかかると思われる時間を根拠に基づいて計算し、相手側が工程表上で引いてあるスケジュールと照らしあわせて説明した。あきらかに工数不足のスケジュールであると。プロパー側はそれについて反論できなくなってしまった。
 むかしのマスヲと違うのは感情に流されることなく、淡々と事実と事実に基づいた考えのみを理論的に話していたことだ。
 彼はマスヲよりは年長だとは思うが、それでもおそらくは4、5歳ほどだろう。だが、それ以上に大人に見えた。

 彼の発言のあとは会議に空白の時が訪れた。しばらくの間が空いた後、あるプロパーが次のように言葉を継いだ。
 そうは言っても………、と。
 その先の展開は相手の思っているような方向になっていき、マスヲも先週の3連休中2日出勤したし今週末もおそらく土日の両日ともに何時間かは出勤することになりそうだ。

 正論を言った大人の彼は今月末で去ることになり、天の邪鬼でしかも横柄なマスヲは来月からも残ることになっている。プロパーからみれば子供っぽいマスヲの方が御しやすいということなのだろう。

おしゃれの秋だから?

 巡る季節の中で女性たちの装いを見て一番楽しめるのは秋だと思う。街中への通勤なので、乗換時や地下鉄のホームなので女性たちの服装を見るのが最近は楽しみだ。おしゃれの秋だから。

 今朝、職場で驚くことがあった。マスヲが今の現場で働きはじめてから2か月近く毎日同じスカートを履いていた女性がいるが、彼女のスカートが今日は違っていたのだ。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 前と少し基調は似ていたが色合いや柄の大きさが明らかに違う。彼女がスカートを履き替えたことに対して気になることがいくつかある。

 ひとつは何故今日、履き替えたのかということだ。いつものスカートが履けないほどに汚れたのが、それとも破れたようなイレギュラーなことが起きたのだろうか。
 もうひとつは履き替えてきたスカートのデザインだ。そのスカートも前と同様に夏らしいデザインだったからだ。秋を意識しての履き替えだったら、明らかにおかしいのでセンスを疑う。
 最後は明日からのスカートはどうなるのだろうかという疑問だ。前のものにもどるのか、それとも今日から履いてきたスカートをまた何カ月も履き続けるのだろうか。明日からもしばらくは彼女のスカートからは目が離せない。

 それにしても現場で働いている女性プロパーたちの女子力の低さには辟易し始めている。
 一緒にいる人間は影響しあうと良く言われるが、彼女たちの他人から見られることへの意識の低さは共通していると言わざるを得ない。
 先日の敬老の日に出勤していた唯一の女性は、休日出勤ということもあってかかなりのナチュラルメイクだった。マスヲの席からだと少し距離があるためにすっぴんに見えた。
 たまたま直接質問する内容があったので顔を見て話したらかろうじて化粧しているのがわかる程度だ。
 彼女の年齢はおそらく30代の中盤を越しているのではないかと思っているが、最近芸能人がSNSなどで発信している素顔のレベルとはあまりにも違い過ぎる。多少はそれを見せつけられる男の身にもなって欲しい。

 だが、彼女たちの女子力は彼女たち自身の問題だけではないかもしれない。プロパーの男性社員もドレスコードがゆるいせいか、日ごろからだらしない格好をしているのもあって男子力が低い。カッターを着ているのは外注エンジニアばかりだ。
 もちろんマスヲもカッターシャツにスラックスだが、プロパー社員の彼らと同様に彼女たちの意識を変えるにはフェロモンが足りなさ過ぎるのだろう。

ダブルヘッダーの後にダブルヘッダーを妄想してみる

 3連休は仕事ばかりをしていたせいか曜日の感覚が鈍くなってきた。一昨日を土曜日だと勘違いしていたくらいだ。
 土曜日は正業の現場で午後から21時まで働き、一昨日は副業先で働いたあと、同人誌の批評会に遅れて出席した。
 昨日の日中は副業先で働き、その後は現場でシステムエンジニアとして働いた。昨日はダブルヘッダーだった。

 副業を始めたころ、ダブルヘッダーでダブルワークをしてもそんなに疲れを感じなかったが最近は非常に疲れを感じる。加齢のせいもあるだろうが、それ以上にシステムエンジニアの仕事に昔よりも徒労感を感じてしまうのが原因だと思う。

 ちなみに今の現場の契約が12月まで伸びたらしい。相手先のプロパー社員に横柄だと言われたのだから、見方によっては評価されているのかもしれないが、こちらから見れば有難迷惑だ。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 マスヲの向かいに座っている外注エンジニアがマスヲに横柄だと言ったプロパー社員に来月以降の仕事の予定について聞いていたのを小耳に挟んだ。
 向かいの彼も労働超過気味になっているので、自社から気にかけてもらっているらしい。

 マスヲは自社からは特に何も言われていない。いつものことと言えばいつものことだがそろそろ嫌気がさしてきた。
 今の会社に在籍して3年を過ぎた。そろそろマスヲの悪い病気が顔を出してきた。
 それは会社に対して一言、辞めますということだ。
 だが、いい加減マスヲもいい歳なのでその自分の気持ちをはぐらかす方法を考えている。
 今年もあと1/4近くになったが一度も釣りに行っていないなんて、本当に珍しい。また、今月もウイングヒルズのサマーゲレンデでの滑走も厳しそうだ。

 こんなに週末の日中に時間が取れないのであれば、もう夜遊びしかない。遊び人の矜持にかけて遊び倒すしかないだろう。夜遊びのレパートリーを列挙して、そのいくつかの組み合わせのレパートリーを考えてみる。

 ダブルヘッダーだけでもいくつもの妄想が広がる。今の現場は大須なのでコスプレバーとメイドバーのはしごとか、大須ではメイドバーだけにして東新町のフィリンピンパブで異文化交流を楽しむか、それとも同じ栄方面でも錦に行って久しぶりにキャバクラで遊ぶのも悪くない。
 けち臭いことを言わずにもっと欲張ってトリプルヘッダーでも悪くないが、仕事で疲れているのでその場合は飲み潰れないかが心配だ。

優しい人

 実弟は婚活に励んでいる。毎週のようにお見合いパーティーに通い、その度にパーティーの塩梅について報告してくる。何人かと連絡先が交換できたとか、今回は収穫がなかったとか。
 そんな同じ様な話を1年以上は聞いている気がする。たまには誰かと交際に発展するが長続きしない。何回かデートを重ねては別れている。

 ちなみに弟のスペックは身長175センチで太っているわけではないし、外見はイケメンほどではないがマスヲと違って悪くはない。年齢は40歳で東京の有名私大を卒業していて現在は食品関係の営業をしている。貯蓄は最低でも2本あり*1、小型車ではあるが外車に乗っている。

 ある作家の言葉ではないがある程度のスペックなのに売れ残っているのにはそれなりの訳があるはずだ。
マスヲも母親もそれを感じているが本人は分からないようだ。
 人は他人のことには気づきやすいが自分のことには気づき難いので仕方がないとは思うのだが、身内の2人は何故わからないのかが気になっている。

先日、弟に会ったときに酔って愚痴っていた言葉が忘れられない。
「好きなタイプを聞くとほとんどの女性は優しい人って言うけど、優しい人ってなんなんだよ」と。
マスヲは弟と違ってスペックが悪いために、早くから努力してきたので、その分早くその壁にはぶち当たったが明確な答えには辿りつかなかった。

 だが、今ならこの答えに明確に答えてくれる名著?がある。水野愛也が書いた『LOVE理論』だ。ドラマにもなったほどなので知っている読者もいるとは思うが、彼はこの著作の中で、『うわっつらKINDNESS理論』を唱えている。
 要は人の本質的な優しさなんて簡単にわかるものではないのだから、割り切ってわかり易い優しさを男性に装うことを提案しているのだ。
その具体的な例として55項目を挙げているが一部を以下に列挙する。

  • 車道側を歩く
  • メールは男が出して終わる
  • エレベーターから降りるとき扉を押さえる
  • メニューが一つしかない場合、女向きにする
  • 髪型(アクセサリーなど)を変えた場合すぐ気づく

 55項目全部を読むと本当に上っ面だと思うし、読んでいるときに痒くなってくるほどだったが、彼が本当に女性の求める優しさを纏いたいのであれば、この本を読んだ方がいいかとも思うが本を貸すかを迷っている。
 彼は素直でないのだが、そこは兄弟らしくそっくりなので…。

*1:マスヲと一桁違う