淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのおっさんのエッセイ。昨日より、今日見たことや感じたことを毎日書きたいと思っています。

代筆

 小学校からの友人が何人かいるが、そのうちの1人は介護老人保健施設介護福祉士をしている。
 昨日、その友人が職場に提出する論文の手伝いをすることになった。友人は仕事柄、パソコンを使うことが少ないので、キーボードのブラインドタッチも覚束ない。
 そのせいか、パソコンのワープロソフトを使用して自分が代わりに文章化することを依頼されたのだ。ただ酒を飲ませてもらうことを条件で。
 それほど長い論文ではなかったが、自分にとっても良い経験になったし、勉強にもなった。

 自分はかつて医療法人でシステムエンジニアとして総合病院の電子カルテのメンテナンスなどをしていたことがある。その医療法人は介護老人保健施設特別養護老人ホームも運営していた。それらの施設内でも仕事があったために、多少は介護の現場を目にしたことがあった。

 まず、介護老人保健施設は医療法人でないと運営できないことを知らなかった。株式会社としては介護老人保健施設を営むことが現状の法制度ではできないことも。
 医療法人の一員だったのにも関わらず、自分の無知をまた確認することになった。

 友人の論文のテーマは『ユマニチュード』だった。
 自分がまったく知らなかった単語のために、即席だがインターネットで調べた。
 いくつかのサイトをサーフィンすると大まかな意味をおぼろげながら、イメージを抱くことができた。参考までにわかり易かったサイトを紹介させてもらう。
kaigo.news-postseven.com
 作業の最初に、友人と友人の同僚が今までに書いた論文を見せてもらった。その内容が上司に及第点を貰えなかったために、再度の提出を求められていることも説明してもらった。
 友人の論文はともかく、友人の同僚が書いた論文はワープロソフトもそれなりに使いこなされていて、内容はともかく見栄えがいい。友人に聞くと同僚はMOS *1の資格を持っているらしい。自分は持っていないので、ひょっとしたら、ワープロソフトの知識は同僚の方が優れているのかもしれない。

 2人の論文を読んだ第一印象は『てにをは』の使い方だった。そのことを友人に話すと『てにをは』について聞き返されたので、簡単に説明した。友人は自分よりも多読なので、『てにをは』について知らなかったことに驚いたが、これからはそのことを意識して読書をすれば少しずつ文章力が向上すると思ったので、そのことを素直に口にした。

 2人で話し合いながらひとつの論文を書き上げる。考えていた以上の早さで時間が過ぎていく。だが、自分も夢中になり始めたせいか、苦痛を感じなかった。
 それでも、途中で早くビールが飲みたくなってきたので、作業の方針を変えた。最初に全体的なデザインを描くことにしたのだ。具体的には先に、結論と考察を考えたのだ。その方法が良かったのか、作業の効率が上がりはじめ、何とか論文は出来上がった。

 作業時間は5時間以上。気がついたら21時を過ぎていた。たったA4、2枚の論文を仕上げるために。
 それでも友人が論文の出来栄えを褒めてくれたのが嬉しかった。自分が書いていなのが上司にバレそうだと、言ってくれた。

 その後に呑んだビールの味は格別だった。時々、自分にたかりと茶化す友人のおかげで、気分よく夕食を楽しむことができた。

*1:Microsoft Office Specialistマイクロソフト オフィススペシャリストの略)

貧乏暇なし

 ここ数日、お金がない。お小遣いとして使える金額がほとんどないのだ。
 固定資産税と自動車税の支払いがこの時期に集中するのは毎年のこと。
 そのために毎年この時期はただでさえ厳しくなるのだが、今年はそれ以上に追加の出費がかさんだからだ。
 そのうちのひとつは先日の自損事故による費用負担だ。数万円だが、非常に痛い。
hatehatehahaha.hatenablog.com
 働かなければお金が入ってこないのは世の道理。副業先の専門学生が今週末は休みを取ったこともあって、自分は久しぶりの連続出勤。本業と併せて来週の金曜日まで13連勤の予定になっている。その金曜日は本業の給料日だ。

 だが、次の金曜日に入ってくる給料も使い先はほとんど確定している。来月も小遣いに使える金額はかなり限られている。多少、副業先からも給料が月末に入ってくるが、ほんの数万円。一晩で飲んで遊べば使い切れるほどの金額だ。
 何しろ10年以上勤務しても、時給が10円しか上がっていないからだ。
 先日、常連のお客にラーメン代をまけてくれと言われたので、自分の時給が上がっていないからと答えたら、驚かれた。
 昨年、ラーメン代は全品50円値上げしたのにも関わらず。

 この週末、副業先の仕事以外のこともしている。友人の仕事を今、手伝っているのだ。その作業とは論文の代筆。
 友人はある医療法人に勤務していて、論文を上司に提出しなければいけないらしい。その友人は今、論文の下書きを隣でノートに懸命に書いている。

 自分もかつて一度だけ論文を会社に提出したことがある。正確にいうと提出させられたことがあった。
 その会社は上場していることもあって形式的なことが大好きだった。その一環として全社員参加の論文コンテストが催されたのだ。
 自分は当時、自社内での作業ではなかったので、就業時間内では論文を執筆する時間が割けなかった。仕方がないので、プライベートな時間を使ってその論文を書いた。完全なサービス残業だった。

 ちなみに、友人が書くことを迫られている論文の執筆時間もサービス残業になるらしい。医療法人なので管轄は厚生労働省になるはずなのに。
 働き方改革という言葉だけが独り歩きしている象徴のひとつだろう。

 このような論文の執筆のために、調査したり学習するのに必要な時間が時間外の労働になるのかを法廷で争ったらどうなるのだろうか。
 司法の場でサービス残業と認定されれば、世間の人々の懐も多少は暖かくなるのではないだろうか。

夏草の薫り

 今朝、玄関の扉を開けると夏草の薫りがした。自分はその匂いが好きではないが、今年はあまり嫌な気持ちはしなかったのが、不思議だった。
 八十八夜も立夏も今年は過ぎたので、暦の上ではもう夏になっている。自分は季節の中で夏が一番嫌いだ。

 夏野菜や夏に似合う食べ物は好きなものが多い。冷やし中華や冷スパは好みの料理だし、夏野菜であるトマトやナスも野菜の中では好きな方だ。
 食い意地が張っている自分。食べたいものが多い季節なのに、それでも夏は嫌いだ。

 自分の誕生日は6月。たまに、夏に産まれたからという理由だけで、夏が好きだと決めつけてくる人がいるが、そんなものなのだろうか?
 ちなみに妻は冬の誕生日だが、寒いのが苦手なことを知っている。春や秋に産まれた人は春や秋が好きなのだろうか。

 自分が夏を嫌いな理由は今まで身の回りに起きた嫌なことの大半は夏に起きているからだ。
 女性不振になった失恋も、今の妻が勝手に家を出ていったのも夏だった。
 今の仕事についてからのプロジェクトでワースト1とワースト2に着任したのも夏だった。

 逆に考えれば、夏さえしのげば他の季節にはそれほど酷いことが起きないともいえる。毎年、この数か月さえしのげば、この先の人生で大きなトラブルに遭遇する確率が低くなるかもしれない。

 自分が注意してもどうしても避けられない残念なことがある。それは自分が死ぬことだ。夏に産まれたのだから、夏に死ぬのも定めのような気もするが、どうだろう?
 自分の葬式に参列してくれるような、もの好きでかつ優しい人に夏の暑い中で喪服を着てもらうのは悪い気がする。

 今まで自分が好きではなかった夏だが、今年はなんとなく違った予感がする。理由はない。単なる直観だ。
 今朝嗅いだ夏草の匂いも、例年に比べると嫌悪感を抱かなかった。それどころか、季節の移り変わりを感じたことを肯定的に捉えていた。自分でも不思議なくらいに。

 長い夏休みを取得して普段行けないようなところに、旅する予定があるわけでもない。何か特別なアニバーサリーが待っているわけでもない今年の夏。
 だが、ただ何か良いことが起こりそうだと感じている。
 秋になってから過ぎた夏を振り返って、自分で書いたこの文章に呆れることになるのか、それとも自分の直観に驚くことになるのだろうか。
 それとも、良くも悪くも特別なこともなく、漫然とした毎日が過ぎていくだけの夏になるのだろうか。もちろん、今はまだ誰もわからない。

ゴミ捨て場の胡蝶蘭

 今朝も通勤途中に錦三で朝の散歩をした。昨日くらいから、朝でも多少汗ばむような陽気になってきた。
 歩道脇にあるゴミ捨て場が散らかっていたので、気になって観察していると、思いがけないものが捨ててあった。それは鉢植えの胡蝶蘭
 お店の開店か、店の従業員の誕生日に贈られたものだろうか。高価な花でも散乱したゴミにまみれていると、みすぼらしく見えた。もし、プレゼントをした人がその光景を見たらどのように思うのだろうか。

 かつて生花の業界で仕事をしたこともあってか、女性に花をプレゼントすることが、他の男性よりもハードルが低い気がする。街中でも花束を持って歩いても恥ずかしいとも思わない。だが、そう簡単には女性に花をプレゼントしない。やはり、女性に花を贈ることは自分にとっても特別だからだ。
 これまでに、何人かの女性に花束をプレゼントしたことがある。その経験からあることを知った。全ての女性が花を好きなわけではないことを。

 プレゼントしたときに一番リアクションが悪かったのが、何を隠そう自分の妻だ。
 独身時代にプレゼントしたことがあるが、そのときの反応の悪さから彼女には二度と花を贈っていない。

 朝見た、捨てられていた胡蝶蘭。おそらく贈答品だと思うが贈った人はどのような気持ちを込めていたのだろうか。仕事や致し方ない人間関係に、否応なしにプレゼントすることになったものだろうか。形式的なお中元やお歳暮のように。
 無残に捨てられていた鉢植えを見ると、どうしても負のイメージを抱いてしまう。

 ただ値段が高いからという理由だけで、やり取りされる贈答品も多いだろう。送り主の心を込める場合もあるだろうが、そうでない社交辞令的なプレゼントにも用いられることも少なくないはずだ。

 高価な贈答品は生産や流通に手間がかかることが、価値が高まるひとつの理由だろう。
 生産者や流通に関わる人たちは手間と気持ちをかけて、消費者に届いているはずだ。
 だが、消費者が彼らの気持ちを踏みにじるようなことをしていることも少なくないのかもしれない。
 そんな状況を彼らが知ったらどう思うのだろうか。自分が彼らの立場だったら、いい気はしないだろう。

 今日の仕事中、打ち捨てられた胡蝶蘭のことを時々思い返していた。帰宅時に気になって、朝見かけた場所を通り過ぎた。しかし、鉢植えを目にすることはできなかった。
 あの胡蝶蘭はどうなったのだろう? 誰かの心象に残っているのだろうか。少なくとも自分の心には、まだ引っかかっている。

学業との両立?

 昨夜、予定通りビアガーデンマイアミでビールを楽しんだ。マイアミは今シーズン2回目。昨日のライブはマイアミのアイドルである、マイちゃんアミちゃんのライブだった。
 当初、今シーズンのマイちゃんアミちゃんは星組花組分かれての4人体制だったが先日、星組のマイちゃんが脱退するという情報がSNSで告知されたばかりだった。
 昨日は花組の2人がステージを務めていた。
 自分を誘ってくれた友人は写真撮影が趣味。彼が強く興味を持った被写体とは思えなかったが、自慢のカメラで2人のパフォーマンスを追いかけていた。バズーカのようなレンズを装着したカメラで。

 昨日は5月15日。末尾に5がつく日は入場券の番号によっての抽選会があるらしい。自分たちは3人で来店していたが、誰も何も当たらなかった。
 昨日は平日とはいえ、マイアミの看板娘であるマイちゃんアミちゃんのステージがある日。気温も初夏を感じる陽気なのに、来店客は自分が考えていたよりも少なかった。ステージ前に集まってきたオーディエンスはさらに寂しかった。

f:id:mobemobe617:20180516225408j:plain
一回目のステージ。オーディエンスはまばらだった。
 そのせいか、2回のステージともアンコールがなかったのが残念だった。
 ステージが終わった後には、看板娘の2人がお客の席をまわって、その時々のグッズを売り歩く。
 自分は今までに何度もそれらを買ったことがある。今までで一番印象的だったのは『マイアミカレー』だ。そのカレーはどこにでもあるようなレトルトカレーで特筆すべきものはない。ただ、目の前で超ローカルアイドルが目の前でサインをしてくれただけで、数個で1000円した。
 食べる時は、サインが書かれている箱からレトルトパックを取り出した。申し訳ないが彼女たちに特別な思いもないので、サインが書かれていた箱はゴミ箱に捨てた。

 昨日、2人が売り歩いていたのはオリジナルCDだった。CDも以前、購入したことがあったが、ほとんど聴くことなく終わったので、昨日は購入しなかった。
 マイちゃんかアミちゃんかは酔っていたのでおぼろげだが、突然脱退した星組マイちゃんについて聞いてみた。
 すると彼女が脱退した理由らしき情報を教えてくれた。学業との両立が難しいため、と酔った自分は記憶している。
 理由としてはそれなりに恰好がつくように聞こえるが、自分が穿った見方をしている。

 そもそもその仕事を始めるときに、自分の時間がどれほど割かれるか雇用主から説明がなかったのだろうか。
 ブラッグバイトというキーワードも耳にするような世の中で、スポットライトを浴びながらする仕事なのに、様々な労働条件をぼやかしてお互いに契約したとは、自分には到底思えない。
 自分には他の理由があるような気がしている。何故なら去ってしまった星組マイちゃんは一番自分のタイプだったからだ。