淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

天一を探して 【秋の二都旅行 その5】

 自分たちがおばんざいの店で会計をしようとするころ、若い女性が1人で入店してきた。彼女は自分たちの近くに座った。
 店員と親しげに話していたので、友人は興味を引かれてその会話に耳を立ててしまったらしい。
 友人が聞いたところによると、彼女はこの店を訪れたのはその夜で4日間連続らしい。

 会計を済まして外に出た。店を出ると友人がラーメンを食べることを提案した。
 一件目も二件目も友人がご馳走してくれたので、ラーメン代くらいは自分も出したいと思ったので、賛同した。
 友人が行きたい店の名を口にしたとき、自分は少し驚いた。その店名とは『天下一品』。
 京都がルーツだとは知っていたが、まさかチェーン店の名を口にするとは思ってもみなかったからだ。
www.tenkaippin.co.jp
 どうやら、友人は自分を京都にある本店に連れていきたかったようだ。歩いて行ける距離であることもあって。
 本店を目指して歩くと、営業は終わっていた。気を取り直して付近の他の『天一』も訪れたが同じく閉店していた。
 名古屋市内や名古屋近辺の『天一』はそれなりに遅くまで営業していたので、意外に思えたし残念だった。

 友人宅に戻るための終電時間も近づいてきていたので、諦めて河原町駅近くの他のラーメン屋に入ったが他に客はいなかった。週末の夜なのに。
 少し嫌な予感はしたが、ラーメンの味は及第点だった。酔っていたせいもあるかもしれないが。

 何とか友人宅に向かう終電に間に合った。以外と早いので、詳しく聞いて見ると電車はもう少し遅い時間まであるが、駅からのバスが間に合わなくなるとのことだった。
 酔っていたので、降りた駅名はまったく覚えていない。ただ、駅前のバス乗り場に人が多くいたのが今でも印象深い。
 普段、自分は終バスというのに、縁遠い生活をしているからだ。終電にはよくお世話になっているが。

 乗車したバスは京都の市バス。乗り場に居た人間が多かったので、バス車内も当然混み合った。
 そんな中でも乗車中にあることに気がついた。途中で乗車料金が変わることに。
 名古屋の市バスは乗車距離の長短によって、料金は変わらないので、少々驚いた。

 だが、考えたら当たり前のような気がしてきた。乗車距離に比例して、乗車料金が加算される公共交通機関がほとんどだからだ。
 名古屋の市バスもそのように料金システムを改めてもよいような気もした。
 収支が改善して、バスの運行本数を増やしてくれれば、利便性も上がるために乗車率も上昇する、良い循環が産まれるかもしれないからだ。

 酔っ払いながらもそんなことを考えていたら、バスの車内が少しずつ静かになっていく。乗客の大半が降りたころ、友人宅のバス停だった。
 降りたバス停のまわりにはほとんど灯りがない。暗闇の中、マンションや住宅が見えた。どうやら、新興住宅地の真ん中のようだ。
 暗い住宅地の道を友人に続いて歩いた。(つづく)

うさぎちゃんと京おばんざい 【秋の二都旅行 その4】

 暮れゆく静かな洛西の外れを、オッサン2人を乗せたオープンカーは走った。夕暮れの秋風を切りながら。
 どれくらい助手席に乗っていただろう? 正確に記録もしてないし、記憶もはっきりしていない。体感として20分くらいだと思う。
 阪急京都線のある駅近くのコインパーキングに車を再び停めた。
 友人のプランニングではここから、阪急電車河原町を目指すつもりのようだ。車は一晩ここに置きっぱなしにするつもりらしい。

 再び阪急電車に乗って、京都線終着駅の河原町を目指した。車内で互いに無駄口を叩いていたら、あっという間に河原町に着いた。友人の後に続いて、改札を抜けて駅から出る。
 表に出るとすっかり宵の帳が降りていた。ネオンを引き立てるように。
 自分は河原町を訪ねたのは初めて。どうしても好奇心がそそられるので、キョロキョロしていたと思う。

f:id:mobemobe617:20180919215522j:plain
鴨川に掛かる橋だが、土地勘がないため橋の名は不明。
 一軒目の店は友人が決めてくれていた。彼の案内に従って歩いていく。
 途中、高瀬川沿いをかなり歩いた。街路樹には柳が多く、時折風に揺られていた。柳の枝が枝垂れていても人が多いせいか、おどろおどろしくなかった。道行く人の割合は外人が多かったせいもあるだろう。

 川沿いにはご当地らしい雰囲気のある店もあったが、新しいテナントビルも目立った。テナントビルの中には入居しているほとんどの飲食店が全国チェーンであることも珍しくなくそのビル毎、東京、福岡や名古屋に移しても街に溶け込みそうなものもあった。
 高瀬川沿いを20分は歩いた気がする。ようやく目的の店に近づいたようで、高瀬川沿いの道を折れてしばらく進むと友人は立ち止まった。ある雑居ビルの前で。
 ビルの前には看板が出ていた。看板に書かれていた店名は『LOFT 101』。
www.loft101.jp

f:id:mobemobe617:20180919215935j:plain
店名の看板
 エレベータで4Fに上がると、いきなりうさぎちゃんたちがお出迎え。素面なせいで照れくさく、少し目のやり場に困った。
 友人と2人、カウンターの隅に通された。入店した時間が19時30分前だったので、HAPPY HOURプランが適用されるため、自分たちは1時間飲み放題。接客してくれるうさぎちゃんの飲み物も飲み放題だった。
 友人とうさぎちゃん3人で乾杯した。自分たちはビール、うさぎちゃんは綺麗な色の液体が入ったグラスを傾けた。

 実は友人もこの店は初めてとのことだった。会社の同僚から情報を仕入れてこの店を選択したらしいのだが、もうちょっと居酒屋寄りの店だと想像していたようだ。名古屋にある『居酒屋SAYURI』や『居酒屋ななこ』のように。
www.nagoya-sayuri.com
居酒屋ななこ(名古屋錦店)ホームページ|朝5時まで営業中です!
 自分たちをもてなしてくれたうさぎちゃんは、熊本出身の22歳。高校を卒業して就職するために京都に出てきたここと、以前はバスガイドをしていたが、今はアパレル関係で働いていることを話してくれた。バスガイドを辞めた理由も教えてくれたが、そのことはあえて伏せておきたい。自分なりに少しひっかかったからだ。

 外見は年齢に見合って可愛いのだが、話しぶりは落ち着いていて好感を覚えた。
 そのことを彼女に話すと、社会人になってから5年過ぎているからかもしれない、と答えてくれた。

 彼女は話も上手く、こちらのこもと上手く促して話題にしてくれる。自然な会話の成り行きで、自分たちの知り合ったきっかけや現住所などを話すと、この店の店長が以前名古屋で店長をしていたことを話してくれた。

 自分は少し目が点になっていたかもしれない。友人はどうだろう。
 こんな素敵な店が名古屋にあったなんて、少なくとも自分は知らなかったからだ。
 後ほどHPで調べてみると確かに名古屋店も確認できたし、その所在地が栄の錦だったことも、驚いた。まだまだ、遊び人としての修行が足りないことを自覚した。

 名古屋にはどんなうさぎちゃんたちが居るのだろうか。近いうちに名古屋店も訪れたいと自然に思えた。今の現場からも歩いて行ける距離でもあるし。
 だが、彼女のような素敵なスタッフが名古屋店に居るのかはわからない。

 ピザとソーセージとフランクフルトを注文して食べたが、少し食事としては物足りない。後ろ髪を引かれたが、1時間で店を出た。

 二件目以降の店を友人は決めていなかったので、京都らしいものが食べられる店をあてもなく探し歩いた。
 すると京おばんざいを売りにしている居酒屋を見つけたので、入店した。
 ドリンクのコースターにハイネケンのロゴがプリントされていたので、この店でのファーストドリンクはハイネケンを頼んだ。
 考えたら、ハイネケンを飲むのは随分と久しぶりな気がした。注文した万願寺唐辛子の天ぷらとの相性が印象に残っている。

 ハイネケンを飲んでいると、二十歳のころを思い出す。自分が最初に働いたアルバイト先で社員やアルバイトのメンバーで連れ立って食事に行くと、ある社員は必ずハイネケンを飲んでいたからだ。ほうれん草のサラダをつまみにして。
 その姿が大人びて見えて、若かった自分はそんな姿に少し憧れていた。
 少しは自分もハイネケンが似合うような大人に、少しくらいは近づけているだろうか。まさかそんなことを京都で考えさせられるとは思わなかった。(つづく)

仁左衛門の湯 【秋の二都旅行 その3】

『ローリング・ソング』を観劇後に鑑賞のアンケートをロビーで書くと、サンケイホールフリーゼを後にした。16時を少し過ぎていたと思う。
 歩いて阪急の梅田駅に向かった。友人が阪急京都線のある駅に車を駐車していたからだ。

 友人は自分へのおもてなしプランを考えてくれていた。そのプランはまず、旅の疲れをお湯で癒すこと。
 久しぶりに梅田大丸の前をかすめ、阪急の駅へ歩いた。阪急三番街に近付くと、生粋の名古屋子としては引け目を感じずには、いられなかった。
 様々なディスプレイが洗練されていて、その前を歩く人たちも溶け込んでいたからだ。
 ただそれだけで、大阪と名古屋では大きな意味での文化の厚味が違うことを思い知らされた。
 駅の改札をくぐり、広い構内を歩いて京都線の特急に乗車した。

 降りた駅は憶えていない。友人に従って降りただけだからだ。ただ、駅から駐車場までのことは多少覚えている。
 途中、長岡京跡を横切るように友人がコース取りしてくれたからだ。
 平城京平安京の間に長岡に都が置かれたことは、よほどの物好きではないかぎり、どうでもいいことだろう。
 夕方とはいえ、史跡を訪れている人を自分たち以外には見なかった。広くはないが、史跡はそれなりに整備されていたのに。

 長岡京跡を見たことで、少しだけ京都に来た実感が沸いてきた。大阪の滞在は数時間で、入京したことになる。
 長岡京跡から、体感で10分ほど歩くと友人が車を停めたコインパーキングに着いた。実際はもっと歩いたかもしれない。
 友人の車は軽自動車ではあるが、青いオープンカーだった。友人は家族で行動できる車を保有していたが、昨年通勤のために使う車を買った。その車がおしゃれなオープンカーだった。

 自分がうどの大木のせいで、多少窮屈に感じたが気分は悪くなかった。自分は40年以上生きてきて、初めてオープンカーに乗ることができたからだ。しかも、秋の夕暮れの京の街で。
 駐車場を出て走り出すと、どの道も割と混雑していた。道が狭いせいもあるだろうが、助手席に乗ってまわりのドライバーの運転を見ていると、あきらかに名古屋近辺より運転のマナーが悪い。友人も同じようなことを思っているらしい。

 オープンカーが目的地の駐車場に停まった。目的地とは、『仁左衛門の湯』。入湯料は850円と少し高め。
京都桂温泉 仁左衛門の湯
 だが、入浴して納得した。源泉が2種類もあり、しかもどちらも掛け流しが味わえたからだ。一方の源泉は温泉、もう一方の源泉は冷泉だ。
 サウナもあるので、サウナ好きには水風呂代わりの冷泉はたまらないだろう。自分は好きではないのでサウナには入らなかった。
 それでも、冷泉にも少し入浴したが、秋の夕暮れには冷たすぎた。
 2種類の源泉を掛け流しで味わうことが出来た。まさか今回の旅で掛け流しの温泉に入浴できるとは思ってもいなかったので、友人のプランニングに喜んだ。自分は温泉好きで、しかも掛け流しこそが温泉の醍醐味だと思っているからだ。

 汗を流して、友人の車に戻ってくるとまわりは薄暗くなりはじめていた。中年男性2人を乗せたおしゃれな車が、洛西の夕闇の町並みを走っていく。まだ、宵ははじまったばかりだ。(つづく)

『ローリング・ソング』観劇 【秋の二都旅行 その2】

『ローリング・ソング』を一緒に鑑賞する友人と大阪駅のサウスゲートで合流したのは、12時20分過ぎ。
 合流して公演会場であるサンケイホールブリーゼに徒歩で向かった。何度か歩いたことがある街なのに、何故か景色が違って見えた。マルビルを眺めていて、ビルの姿が円柱だということに初めて気がついた。
 どうやら今まで大阪を歩いていた時よりも、自分の視線が高かったのだろう。視野も広かったのかもしれない。大阪で仕事をしていたときは、何度もマルビル周辺を歩いたことがあったのにも関わらず、ビル全体の姿を見たことがなかったような気がした。

 多少、迷いながらも会場に着いた。当日の開場は12時30分、開演は13時だったので、開場への入口は混雑していた。
 入口で列をなしている人は、女性が多かった。年齢は様々だったが。最近の『KOKAMI@network』公演の中でも、圧倒的に女性客の比率が高かったように思う。
 主人公3人の男性のせいだろう。中山優馬松岡充中村雅俊は女性に人気があるのだろう。
 大阪で観劇する場合でも日帰りのことが多いので、いつもなら荷物は少ないが、今回は泊まりで来ているのでそれなりに荷物が多いので、コインロッカーに荷物を預けたが、使用料金は返金されたので実質無料。こういった開場でのこのような配慮は嬉しい。

f:id:mobemobe617:20180917193339j:plain
ロビーの一コマ、ピンボケしているのは気のせい?
 自分たちの席は2階席の端だった。それでも充分、ステージを楽しめたが友人には少し申し訳なく思った。彼は、人生初の観劇だったから。
 幕が開くまでの間に、友人からこういったものをよく見に来るのかを聞かれたので、それなりに見に来ているというようなニュアンスを答えた。
www.thirdstage.com
 幕が開いた。『ローリング・ソング』は音楽劇。ミュージカルほどではないが、それなりに音楽が多い。メインキャストは全員、歌うシーンがあった。
『KOKAMI@network』公演では初めてだと思うが、途中で休憩があったのには少し驚いた。どういう理由だったのかはわからないが。
 自分は正直、休憩がない方が良かった。物語の世界に入り込んでいるのに途中で覚めてしまうし、休憩後に再度物語に入り込まなくてはならないからだ。

『ローリング・ソング』は観劇して損はなかった。だが、鴻上尚史が書いた最近の戯曲の中では、自分はあまりメッセージ性を感じなかったことは残念だった。理由を考えたが、世代毎の葛藤などについては、自分の方がこのごろは深く考えている気がしたからだ。自惚れかもしれないが。
 曲がりなりにも自分が父親になったことで、自分よりも下の世代が何を考えて思うかを、洞察したり慮ろうとすることが多くなっていることが影響している気がする。
 また、小説に取り組み始めたことも大きいのかもしれない。同人誌の同人には年長者が多いからだ。

 だが、観劇後の後味は良かった。最後は主要キャストでアップテンポの曲を合奏して終わるのは、見応えがあった。
 個人的には森田涼花さんに、好感を持った。最後の合奏時に彼女はドラムを担当していたことにも、驚かされた。
 自分はそれなりに満足できたが、友人の本音はどうだったのだろう? 今でもそのことが気になっている。(つづく)

セーラー服おじいちゃん 【秋の二都旅行 その1】

 久しぶりに旅行をした。昨日から今日までの2日間。旅行先は大阪と京都。旅行の目的はふたつ。
 鴻上尚史が作、演出を手がけた演劇、『ローリング・ソング』を観劇することと、転職したために愛知から京都に引っ越した友人と再会することだ。

 鴻上尚史が手がけるプロデュースユニット公演、『KOKAMI@network』は地元の名古屋で公演されることが少ない。前々回の『ベター・ハーフ』の際は松井玲奈が出演することもあってか、名古屋公演があったのだが、前回の公演も名古屋公演がなかった。
 前回の公演、『サバイバーズ・ギルト&シェイム』は時間とお金の都合がつかなかったので観劇を諦めたが、今回は諦めたくなかったので大阪での観劇を計画した。
 京都に引っ越した友人にも会いたかったので、声をかけて。阪急の京都線を利用すれば、大阪公演が行われた梅田までの利便性はそれほど悪くないからだ。

 昨日は朝10時過ぎに家を出た。3連休初日の午前中に、いつも通勤で使っている電車に乗車した。
 普段の週末なら混雑していないことが多いのに、電車は座れないほどだった。平日の通勤時ほどではないけれど。
 途中でJRのローカル線に乗り換えても、混雑していた。電車内はカップルや家族連れの割合が高かった。荷物が多い乗客も多く、キャリーバッグを引きずっている人も目立った。

 3連休の初日だったことを想定して、先週の水曜日には大阪までの新幹線の指定席を取っていた。混雑している車内は好きではないので、のぞみをさけてひかりを選択して。
 名古屋駅でローカル線を降りて、新幹線の改札に向かうと自分が考えているよりも混雑していた。
 自分が想定していなかったのは、考えていた以上に外国人が多かったことだ。

 自分が取った指定席は3人掛けの一番窓側。通路側は誰かが座るだろうが、真ん中の席はひかりなので空席かもしれないと高をくくっていたら、カッターシャツを来た若いサラリーマンが座った。通路側は20代に見えた若い女性だ。逆だったら、少し嬉しかったのだが。

 先週の後半は残業続きであったこともあって、座るとすぐに眠気が訪れたので、逆らわずに目を閉じた。
 京都駅に到着する案内で目が覚めた。新幹線だと、京都から大阪は早いので、眠らずに車窓を見ていた。

 新大阪に着いた。父親が亡くなる前年である数年前は、大阪へは毎週出張で訪れていたので、慣れていると思っていたが、いきなり大阪駅へ向かうためのローカル線への乗り換えのための改札の方向を間違えた。
 新大阪の構内は自分が考えていたよりも変化していたためだ。昨年も来ているはずなのに、と己の記憶力を疑いたくなったが、そもそもそのこと自体が思い込みだった。
 このblogで調べたら、昨年は大阪に来ていないことがわかったからだ。

 迷いながらも、大阪方面へ向かうホームにたどり着いた。さすがにローカル線のホーム自体はそれほど変わっていなかった。
 だが、ホームに変わった人を見つけた。その人は白髪をはげ散らかしながらも、長髪にしていた。真っ白な髭も伸ばしていた。
 見るからにシニアの男性なのだが、似つかわしくない服装をしていた。セーラー服を着ていたのだ。スカートは当然、スクールバックまでもコーディネートしていた。完全にガチなやつだった。

 地元の名古屋だったらいざ知らず、大阪だったらそれくらい変わったやつが居ても、皆気にしないだろうと思っていた。
 だが、ホームで近くにいた若いカップルが声をひそめていた。彼らも少しはセーラー服じいちゃんのことが気になったみたいだ。

 ホームに電車が停まったので、乗り込んだ。隣のホームにも少し遅れて電車は停まった。
 セーラー服じいちゃんは自分が乗らなかった方の電車に乗っていた。
 2両の電車は新大阪から大阪まで併走し、ほとんど同時に大阪駅に到着した。
 どちらの車両もほとんどの乗車客は大阪で降りた。ホームを見るとセーラー服とスクールバッグも見えていたが、次第に人混みに消えた。

 友人は阪急電車で来ることがわかっていたので、グランフロントの逆側に向かったが、友人と詳しい待ち合わせ場所を決めていなかったので、お互い多少合流するまでに時間がかかった。
 携帯電話の普及で、待ち合わせ時のすれ違いは少なくなっている。その分、待ち合わせを約束する際の取り決めがルーズになっていることに気がついた。

 数か月ぶりにあった友人に、真っ先にセーラー服じいちゃんの話をした。関西では珍しくないのかと思って。
 友人は名古屋にも昔、セーラー服おじさんがいたことを引き合いに出した。
 確かに、お互いが知り合った20歳のころにはいたが、最近は噂にも聞かない。彼は今、どうしているのだろうか。
 大阪についてすぐ、セーラー服じいちゃんを見たことによって、地元でむかし噂になっていた変人のことを思い出すことになるとは、思ってもいなかった。
 旅行はまだ、始まったばかりだというのに。(つづく)