淡白マスヲのたんぱく宣言

淡白マスヲのたんぱく宣言 

40過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

完済

 大袈裟かもしれないが、今日である人生の区切りがついた。20年近く支払い続けてきた住宅ローンの最後の支払日が今日だったから。
 引き落とし先の口座がある金融機関から、今までと同じ文面のメールが届いていることを今朝、確認した。『引落:1件』、と。
 最後の引き落としは今までとは違った文章になるのかと思っていたが、金融機関からのメールは最後まで事務的だった。

 今住んでいる自宅は、今までの人生で最高額の買い物になるだろう。おそらくこれからの人生でも。
 20代の後半に自分の希望ではなく、家庭の事情によって注文住宅を建てることになった自分。その当時、今の自分をまったく想像出来ていなかった。
 仕事も体力仕事だったし、プライベートでは今以上に女っ気がなかったので、結婚なんて考えられなかった。ましてや自分が親になっていることも。
 収入についても当てが外れた。仕事の内容は違うものの、20年前と今の年間所得額はほとんど変わっていない。

 ローンを払い続けている間、ローンを借りた時よりも収入が少ない時期が結構あった。
 最初にローンを借りた住宅金融公庫の職員から、調子の良いことを言われたのが懐かしい。だんだんと収入は増えるはずだというニュアンスを。
 だが、実際は違った。日本の経済は失われた20年に突入。30代になっても20代のころに思い描いていた収入に、まったく手が届かなかった。
 さらにリーマンショックが自分の経済状況を酷いものにした。

 当時、リクルートエージェントを介してある会社に転職したばかりだったが、試用期間だったために納得できない不本意な理由で、試用期間終了後に自分はお払い箱にされた。
 しばらくはその状況を中々受け入れることができなかったし、お払い箱にした会社を恨むばかりかリクルートエージェントにも逆恨みしていた。

 その後しばらくは契約社員などで何とかしのぐ日々が続いた。
 そんな時代のあるとき、自分が嫌っている同級生に駅でばったり出くわした。その時に、一言言われたのだ。芸があって良かったな、と。彼らしい嫌みを込めた言い方だったが、何故か自分の中ではすとんと落ちた。
 嫌いな人間の方が案外、自分の良い映し鏡になってくれることに気がついた瞬間だった。だからといって、自分から彼に対して積極的に近づいていく気持ちにはなれないし、今でもそのことは変わらない。
 同業者である彼は、今ではある上場企業の部長を務めているが、少しは人を見る力があるのかもしれない。

 その後、様々な巡り合わせから有期雇用者から無期雇用者に変わることが出来たし、いくつかの法人、会社を渡り歩いた。
 ある医療法人では退職後に民事裁判をしたが、今では貴重な経験が出来たと思っている。

 ローンを完済したら、何か叫びたくなるほどの気持ちの高ぶりを感じるかもしれないと思っていたが、今のところは不思議なほど落ち着いている。
 ただ、これでいつでも会社に辞表を出すことが出来る。会社や職場であまりにも不本意なこと、自分の大切な何かを踏み潰されそうになった時に。

『スーパー銭湯&炭酸泉発祥の店 天空SPA HILLS 竜泉寺の湯』に行ってきた

 昨日の診察で脳神経外科医から3日ほどの安静は指示されたが、入浴と飲酒は許可された。昨夜は3日ぶりの入浴になるし、もしものことを考えて外で入浴することを決めた。独り暮らしのために自宅で入浴して何かあっても、誰も何もしてくれないからだ。

 炭酸泉が好きなため、近隣二湯のスーパー銭湯の回数券を持っているが、昨日はその二湯以外の銭湯に行くことにした。サラリーマンの自分にとって、比較的混雑しにくい平日の夕暮れ時に外湯に入るチャンスは、そうそうないからだ。
 行き先は、昨年末の12月27日にリニューアルオープンした旧『竜泉寺の湯』、『スーパー銭湯&炭酸泉発祥の店 天空SPA HILLS 竜泉寺の湯』。
www.ryusenjinoyu.com
 親族や知人などの間でも、オープンする前から話題になることが多かった。
 年明けに他の銭湯で叔父に出会うと、早速その話題になった。叔父はオープンから4回入湯している、と。自分の母親も年明けの先日、自分よりも早く入湯したらしい。その2人の話から一致していた部分がある。それは入湯料金のことだ。

 リニューアル前の入湯料金は365日同じ料金の500円。岩盤浴の利用料金は200円で、近隣のスーパー銭湯では安価の方だった。
 だが、今回のリニューアルで料金も一新して365日700円、9時までの朝風呂の時間は600円になった。入浴していないが話題にする知人たちはみな、その価格に見合っているかが気になっているようだったし、自分もその1人だった。

 実母とその弟である2人の意見は、700円は仕方がないという結論だった。自分の意見も同じだ。
 自分が回数券を買っている二湯の料金は、それぞれ600円と650円。後者の650円の銭湯は週末や祝日などは750円に値上がりする。
 近隣二湯と比較しても、料金はそれほど高いとは思えない。しかも、リニューアルオープンしただけあって、館内の設備は二湯に比べて差別化出来ているからだ。

 それならば足繁く通うかと言われれば、答えはノー。気になる点がいくつかあるからだ。
 ひとつ目はリニューアル前と同じ理由だが、広告宣伝費などをかけているせいか有名なために、来客が多くて混雑しがちだからだ。昨日は3連休明けだったので、もう少し空いているかと思ったら駐車場すら自分が思っていたような場所を利用できなかった。結局、立体駐車場の2Fを利用する羽目になった。母親も車を駐車するために、結構な時間待ったと聞いている。
 リニューアル前は脱衣所が狭いことが、知人友人などの間でよく口にされたが、今回の改築で多少は改善された。だが、あくまで多少だ。来客数を考えると、自分の主観ではまだまだ狭い。

 最後は利用料金と支払い方法だ。自分がよく利用している他の二湯は回数券が販売されており、その回数券が定価よりも安く購入できるキャンペーンが、時折開催される。
 自分はそのタイミングで回数券を購入することが多いので、1回の利用をほぼ500円で抑えている。貧乏サラリーマンの自分にとって、1回の入浴で700円はハードルが高すぎる。
 また、スーパー銭湯のパイオニアを意識しているなら、他の施設に先駆けてカードや電子マネーなどが利用できるようにしてもらいたい。

名古屋市東部医療センター

 先ほど、地元の市民病院から帰ってきた。日曜日、ゲレンデで怪我をした箇所の再診察を専門医へ受診して。
 怪我をした箇所は後頭部なので、診療科目は脳神経外科になる。
 3連休明けのため、病院は混雑することを想定し、本とKindle Paperwhiteを持って出かけたが、それほど待たされることがなかったのは幸いだった。

 自分が住み続けている名古屋市政令指定都市。かつては、自分が居住している行政区にも市民病院が存在したのだが、現在の市長の河村たかしになってからその病院は民間の法人に譲渡され、総合病院ではなくなった。

 おかげで、今回の症状のような場合は統合先の名古屋市東部医療センターまで、足を伸ばさなくてはならなくなった。
 統合先の東部医療センターへのアクセスは悪い。200万人都市の市民病院なのに、病人が歩いて行ける距離に市営地下鉄の駅がないのだ。
 自分はまだ高齢でもないし、歩行が困難な状況でもないのだが、高齢者や身体が不自由な患者のことを鑑みると、行政への不信感はどうしても募ってしまう。

 自分が居住する区は、名古屋市で唯一名古屋市営地下鉄が走っていない。少し前までは緑区も仲間だったのだが、桜通線の延伸によって自分が住んでいる区だけが取り残されてしまった。
 そのせいもあって、自宅から名古屋市東部医療センターへ公共交通機関を利用して向かうのは大変だ。複数回の乗換が必用で1時間近くかかる。車で向かえば20分ほどの距離なのに。

 そのため、救急外来を診察した一昨日の日曜日に続き今日も、車で病院に向かった。病院の駐車場まではひどい渋滞に巻き込まれることもなく、順調に辿り着いた。
 だが、入庫前の入口で係員に突然、呼び止められた。ウインドウを降ろすと、係員は言った。駐車場の予約はありますか、と。自分の答えは、ノー。
 市民病院をそれなりに利用してきたが、駐車場の予約なんて今まで経験がない。そればかりか、他の医療機関でも。
 自分を呼び止めた係員によると、現在病院は新病棟改築のため、駐車場の数が半減しているという。そのために、予約者と重篤な患者を優先して駐車場への入庫をさせているようだ。
 今日は余裕があることと、再診察を指示されていたことを説明したら入庫させてもらえたが、自分は府に落ちなかった。今でも落ちていない。

 病院が拡充されるのは、必要だから仕方がない。そのため、一時的に駐車場の数が減ることも百歩譲るとしよう。
 だが、そのことへの説明が足りないような気がする。
 先日、自分が救急外来で診察を受けた際にも説明がなかったし、救急外来の待合室付近へそのことへの掲示もなかった。帰宅して東部医療センターのHPを見ても、そのことがトップページなどのわかりやすい場所へ表示されていないのだ。
www.higashi.hosp.city.nagoya.jp
 自分からしたら、完全な手落ちとしか言いようがない。厚生労働省などが扱うべき、医師不足などの厚生行政の大きな問題点なども大事だが、自治体レベルで取り扱うべき厚生行政の問題もまだまだ改善点は多いのではないだろうか。
 名古屋城の本丸御殿復元なんて、それらのことが改善してからでも、遅くはない気がするのだが、どうお考えですか河村市長?

独身証明書

 特別なことがないかぎり、毎週日曜日の夕食は実家で弟と母親の手料理を食べている。父が亡くなってから、ずっと。
 きっかけは、父親が亡くなってしばらくは母が寂しいのではないかと、弟と話しあったことがきっかけだ。
 正直、自分は数ヶ月くらいしか続けるつもりしかなかったが、気がつくと数年続けている。一時期は何度か辞めようかと思ったこともあったが、最近は小さな親孝行だと思いなおしている。

 3人で一緒に食卓を囲み、どこにでもあるような話をするだけだ。どちらかというと母親はアクティブな性格であるが、やはり弟や自分に比べると新しい話題が少ない気がする。仕事をしていなければ、どうしてもしたくないことや会いたくない人との接触を避けることができるからではないだろうか。
 もちろんその分、ストレスがかかることは無いだろうが。それが証拠に、最近母親は次のようなことをよく口にする。人生で今が一番気楽だと。

 そのことに関連したこととして、以前読んだある新聞の雑記事が忘れられない。世代、性別毎に幸福度を調査した記事だ。一番幸福度を感じている世代、性別は60代の女性。次が70代の女性だというのが印象深かった。
 調査時期、調査対象や方法によって誤差はある程度あるかもしれないが、その調査結果への考察も面白かった。一番、時間が自由になる世代、性別が幸福度を感じやすいのではないかと。

 自分の母親は70歳。独身のため最低限の家事しかしなくてもよいし、好きなときに好きなことをしやすい。
 母親は旅行が趣味だが、月に1回は日帰りを、1回は宿泊を目処によくバス旅行に出かけている。相手もその時々でフランクに替えて。
 自分は旅行のお供をしたことは無いが、弟は何回か宿泊旅行に着いて行っているが、母親の旅行代金を出しているわけではない。独身貴族のくせに。

 そんな独身貴族は、年末年始も身分を貴族から落ちぶれるための努力に奮闘していたことを、今日話してくれた。昨日は二県隣の米原市まで出かけたようだ。
 最近も女性に断られ続けているようだが、以前利用していた婚活サービス『楽天オーネット』より、今利用している結婚相手紹介サービス『ツヴァイ』の方が手応えはあるそうだ。
 自分にとってはまったく未知の世界だが。
onet.rakuten.co.jp
www.zwei.com
 今夜、婚活の話を聞いている時に、ある証明書の存在を初めて知った。それは、独身証明書。独身を公的に証明する書類で各市町村の役所で発行できるようだ。ちなみに、名古屋市の発行手数料金は300円。
 3人での会話中、今証明書が発行してもらえないのは自分だけだという冗談に?なった。
faq.city.nagoya.jp
 それにしても、人生とは不思議なもの。別居中とはいえ、結婚なんて縁遠いと思っていた自分が一度は結婚し、大学在学中にモテ男だった弟が結婚したくても相手がみつからないなんて。自分は20年前に想像できなかったが、独身貴族の弟はどうだろう?

 それにしてもその当時、独身証明書は既に存在していたのだろうか。そうでなければ、いつのころから証明書が発行されるようになったのだろう?

老いたら子に従え?

 先週の日曜日に引き続き、娘とゲレンデに雪遊びに出かけた。しかも、今日は2人きりで。

 朝6時に妻の実家まで娘を迎えに行き、ホームゲレンデである野麦峠スキー場の駐車場についたのは9時。娘を乗せていたので、慎重な運転に終始しても3時間で到着した。

 ゲレンデに来ているときは、娘の意見をわりと聞き入れる自分。彼女の今日の希望は、一日中、自分と2人で滑ることだった。スクールに入校することも希望しないで。

 リフトも二種類しか乗らなかったし、コースも初心者コースであるバンビゲレンデを選ぶことが多かった。 

f:id:mobemobe617:20190113233631j:plain

今日の野麦峠スキー場も晴れ渡って暖かだった。

 昼食後に娘と一緒にリフトに乗っていると、自分にスノーボードを滑って欲しいと言い出した。今日は自分もほぼ10日ぶりにスノーボードを滑るつもりだったので、車に積んでいた。

 その後何本か一緒に滑った後に、自分はブーツと板を履き替え、ニットの帽子からヘルメットにかぶりなおして、ゲレンデに戻った。

 そんな自分の姿を見ると、娘のテンションは少し上がっていた。

 

 一本目、それほど派手な転倒もなく娘と一緒に同じコースをスノーボードで降りることが出来た。思ったよりも下手ではない、と娘は言ってくれたが自分が派手にコースアウトをして転んだときには声を上げて笑われたが、悪い気はしなかった。自分のことをあんなに声を上げて笑ったのを初めて見た。

 

 二本目のリフトから降りるときにハプニングが起きた。リフトから降りるときに転び、しかも自分が乗っていたリフトの座角で後頭部を派手に打ったのだ。目から星が出たとはまさにこのこと。あまりの痛みに一瞬気を失いかけた。

 

 それでもそばで見ている娘に対しての威厳がある。自分のようないい加減な父親でも。痛みをこらえながらも、なんとか立ち上がると、リフト係が心配そうに声をかけてきたが、大丈夫だと格好をつけた。つけざるを得なかった。娘の前だから。もし、恋人の前だったら、どうだっただろう?

 

 ころんだ直後から、口の中で血の味がする。どうやら、鼻から口に血が流れているのを感じた。こっそりと雪の上に唾を吐いてみると、雪が少し朱に染まった。

 娘は心配そうに自分を見つめていた。症状としてはあまり良くないと感じたので、娘に謝ってこの一本を滑って帰ることにした。

 

 駐車場に戻るころには、鼻から流れてくるものはあったが、血の味はしなくなったので少しほっとした。

 いつもより少し早めの時間に駐車場を出て車を走らせると、後ろの席で娘はいつの間にか眠っていた。自分のせいで気苦労したのかもしれない。

 

 帰り道、娘の目が覚めてお互いに冗談を叩いた後だった。自分に申し渡すように娘は言った。上手くなるまでは私と一緒の時はスノーボードをしないで、と。心配だから、とも言ってくれた。

 自分が鼻血を出していたのもばれていたし、帰ったら病院へ行くようにとも口にしたので、自分は従った。

 少しくらいは子に従う年齢に、なりつつあるのかもしれない。