淡白マスヲのたんぱく宣言 

40歳過ぎのオッサンの雑記。夜遊び、芸能ネタ、日常的なことから社会的なことまでを、広く浅く、そして薄い視点で毎日書くので気楽に読んでください。

コーポの女ではなく市営住宅の女

 昨夜はオンライン飲み会をした後に、ダラダラとTVを点けたままリビングで横になっていた。見ていた番組は『朝まで生テレビ』。
 だが、すぐに嫌になってきた。

 久しぶりに見た司会の田原総一朗の劣化ぶりは相当だった。自分も50歳になろうとしているので、彼が歳を取ったのは当たり前。
 それでも、そのことをどこかで受け入れたくはない自分がいたように思う。
 最後にこの番組を見たのはいつだろう? 10年以上は見ていなかった気がする。

 夜更かしをしたあとだったのにも関わらず、午前中には起きて朝食を食べた。
 朝は風も弱かったので1時間ほど散歩した。自宅からある川の堤防を川上に向かって。
 先週末は川を下って歩くと人は多かった。逆方向に足を向けると今日は、人が少なかった。

f:id:mobemobe617:20200425182732j:plain
今日は久しぶりにE-PL7を片手に散歩。
 二つ目の橋の手前で引き返すことにした。来た道だと退屈なので、堤防を離れて裏路地に足を向けた。
 路地を歩いているといくつかのコーポの前を通り過ぎた。
 コーポの女、というキーワードが心に浮かんできたが、未だかつて独りでコーポに住んでいる女性の部屋に入れてもらったことはない。ウエットな妄想をただ持っているだけだ。

 白昼に似合わない妄想を抱きながら歩いていると、市営住宅の前に差しかかった。
 その市営住宅にはむかし、知り合いの女性が住んでいた。今から20年以上も昔のことだが。
 彼女とは小説教室で知り合った。互いの歳も近かったし、教室に入った時期もほぼ一緒だった。
 何度かグループで呑んだり、バーベキューに行ったこともあった。
 自分のまわりの男性からは人気があった彼女。
 自分は彼女を異性として意識することはあまりなかった。

f:id:mobemobe617:20200425182647j:plain
市営住宅のイメージです。
 彼女の足が気になったからだ。女性の足が気になるのはどうやら血筋らしい。
 父方の祖父が死ぬ前の最後に自分に語った言葉は、『あの看護師は足が太い』。
 聞いた時も、祖父が死んでから20年以上たった今もそのことを思い出すとげんなりしてくる。
 祖父だけでなく、父も入院していた看護師のことをよく話題にしていたように思う。
 自分もそうなるのだろうか。生者に残す言葉が看護師についてだったら、娘にはどう思われるのだろう?

 彼女はその後、生まれ故郷に帰って教師をしていると風の噂に聞いたが、それ以上のことは知らない。
 ちなみに市営住宅に住んでいた独身女性をもう一人だけ、自分は知っている。
 もう一人の女性とは自分の妻だ。そのことももう、20年近く前の話……。

f:id:mobemobe617:20200425182600j:plain
今日の写真のモデルは初登場、高村みどりさん。